鋼鉄神ジーグ見ました(ネタバレあり)
そこには溢れんばかりのアクションがありました。
そこには過剰なお色気がありました。
どっかで見たキャラがいっぱいでした。
そこには画面に収まりきらない程のケレンがありました。

鋼鉄ジーグのパラレル続編として描かれたというこの作品。
前回の戦いから50年の月日が流れ、可憐だったミッチーも白髪になりその顔には皺を刻み、司馬宙は九州に閉じ込められたまま帰ってこなくなっています。

そして主人公も代替わり。
馬鹿でスケベで正義感に溢れて目的を見失わない、くじけない。そんな猪突猛進野郎、まさにダイナミックロボの主人公、草薙剣児。1クールのストーリーを纏めるためには凹んだり悩んだりしている時間は無いのである。

いやあ…タケルが変身する下りとかジーグとバルバの合体とかめっさかっこよかったですね。宙がサイボーグになる必要も無く素手でハニワ原人を倒すところとかもな。
まあ何よりかっこいいのは司馬宙とのダブルジーグでしょう!
そしてわくわくするような典型的な熱血系かっこいい展開の中でほろりと泣かせる名シーン。
若い姿のまま変わらない司馬宙と老いたミッチーの50年ぶりの再会。視力を失った宙がミッチーの手を取ると、自分が知っていたミッチーの掌の感触とは違う老いた肌。はっとする宙の手を思わず振り払うミッチー。ちょと目頭が熱くなりました。

昨今幾つも作られてきたロボット物のリメイクの中でもガイキングに並んでイイ感じでした。ダイナミック好きは見とけ。
あ。あと柳生隊長がエロ可愛くてイイです。
[PR]
by tsujihatago | 2007-09-25 23:45 | アニメ
<< ショタキャラ難し。 ディエンビエンフー買いました >>