タグ:TRPG ( 56 ) タグの人気記事
レポートしないJGCレポ~二日目~
くたびれ果てた身体を引きずるように部屋へと戻る。

しんと静まり返った真夜中のホテル。足音さえ響かせない廊下のカーペットに、扉の鍵を開ける音さえ吸い込まれていく。
かすかに灯る明かり。窓から覗く夜景。響く寝息。

暗がりに目が慣れるとベッドで眠る彼の姿が薄闇の中に浮かび上がる。
もう何度彼のそんな姿を目にしたろう。
いつもと変わらない、いつもと変われない、いつも通りの距離のまま。そして今夜もまた彼との距離を埋める自信はないままだった。

ベッドに腰を下ろし、入れたばかりの紅茶を口にする。冷房ばかりを浴びて疲労した身体が内側からほぐれるような温かさに目を細めながら『彼』に視線を向けた。
無防備な姿で微笑みながらシーツを抱きしめ眠るその姿。まるで大切な人にそうするような彼の姿。夢の中で彼のその腕は一体誰を抱きしめているのだろうか。

かすかに胸に疼くような痛みを感じながら昼間、他の男が口にした言葉を頭の中で繰り返す。

「僕は安達さんの代わりにここにいるんですか?」

彼のその台詞に思わず言葉を失った。

今目の前で眠る彼───安達洋介の口からは聞いた時のない種類の台詞だった。
林啓太のその台詞は、その真っ直ぐな台詞は僕の越えられないでいる距離を容易く踏み越える、そんな台詞だった。

人前であることも憚らない彼の真っ直ぐな視線を受け、数瞬の間が開く。何か答えなければと頭が真っ白になる中、自分の唇がかすかに震えた事を覚えている。さらに数秒、そのわななく唇が紡ぎ出した台詞がこれだった。

「代わりとかそんなんじゃない。キミが目を覚まさせてくれたんじゃないか」

白み始めた空に視線を向ける。変わらず聞こえる寝息が腹立たしく切なかった。
二人を天秤にかけて比べようというつもりではない。
ただこの切なさは本物で、あの時感じた嬉しさも本物で。それを比べようとすることこそその時の僕には不実な事に思え───



はい、こんにちは、こんばんわ、ツジヤスノリでございます。
本日はJGCも二日目という事で毎年恒例安達くん弄りです。なんでこの芸風なのかというとですね、上記のような会話を林くんとしてたら藤井さんが是非このノリでレポしろというもんですから。俺のせいじゃないっすよ!俺のせいじゃないっすよ!
そんなわけで安達くんも林くんも恨むなら藤井さんを(逃げた

えー、そんなわけでこの日も基本参加者の皆さんに喜んでいただくべく色々してた感じです。イベント会場と物販スペースを行ったりきたりという感じでしょうか。主にトークショー周りですかね。会場中が笑いや喝采に包まれててこちらも楽しかったです。

そうそう、今年もうろ覚えはやったのですが写真の方は撮り損ねてしまいました。なのでそれはございませんが今年、ついにうろ覚え王からしのさんが転落しました。畜生、そつなく纏められちまったぜ!
そんで今年一番あやふやなうろ覚え絵を描いたのは…多分俺じゃないかなあ。噛み付きそうなガンバといった風情のスティッチとか描きました。正直「見せられないよ!」って感じです。

それではまた明日~
[PR]
by tsujihatago | 2010-09-08 20:00 | TRPG
レポートしないJGCレポ~一日目~
JGC参加者の皆さんお疲れ様でしたー。

今年もFEARさんのお手伝いに行ってまいりました。例によってJGCレポと銘打ちながらも手伝いをしに行くことこそが目的だったためゲームなんかは一切やっておりませんから、そういったレポは期待しないでくださいませ。


当然のことながらJGCは健全なイベントでして、不健全な暮らしをしている私はそれに合わせてだいたい一週間位前から活動時間帯の調節を行います。
そういう下準備もありましたから今回は健康的なコンディションで挑めたのではないでしょうか。


あ。

この日記を見てる人は概ねJGCに関しては知ってると思いますが、一応説明しておきましょう。
JGCというのはホテル等の一部を借り切り、全国から集まった企業、ゲーマー達がTRPGやボードゲームにカードゲーム等アナログゲームに二泊三日の泊り込みで遊びまくるというイベントでございます。


さて千葉という名の未開の土地から森を掻き分け山を拓き、海を埋め立て街を築き、艱難辛苦を乗り越えて、花も嵐も踏み越えて。
京浜東北線に乗るため上野に辿り着きまして。そこで昼飯を食べることにもいたしました。

今回は一人で上野に行くとちょこちょこ利用するアメ横内の回転寿司。
お安く味もなかなか美味いという事で結構お気に入りだったりします。
流石に回転寿司で写真をパシャパシャ撮ってるのもどうかと思うのでそういうのはありませんが、エンガワの炙り西京味噌乗せと鮭の炙り西京味噌乗せが凄く美味かったっス。ツボはまった。炙り寿司のとろりとした濃厚な味と舌触りに加えて、香ばしさをぐっと増してくれる感じです。

さて食事を終えて出発…と思ったらここでトラブル発生。
事故で京浜東北線に遅れが発生です。
ただこの手のイベントごとに出る際には結構時間に余裕を持って行動するようにしてるので、一時間程度なら遅れても問題ないよう前倒ししてありますんで。そのままのんびり待機させて頂きました。

と、背後で「ちょっと、大丈夫?」という声と、どさりと何かが崩れ落ちるような音。
見ると若い女性が倒れているではありませんか。
声をかけても反応はなく、苦しそうである事しかわかりません。
駅のホームは結構な高温だったため体調を崩したのでしょう。

先日電車内で倒れる経験をした身としてはこんな時どれ程周囲の助けが必要なのかというのを痛感しているので、彼女の事は傍にいた他の人に任せて駅員さんを呼びに走る事になりました。
が、事故で電車が遅れていたため振り替え乗車等の問い合わせで改札は激混み。
なんとか通してもらって駅員さんに連絡するもどうにも対応に遅れが出るので今度は反対の改札へダッシュ。
別の駅員さんを捕まえて戻ってくるとたまたまお医者さんがいたらしく応急処置をしていただけたようです。
お陰で駅員さんに呼んで貰った救急隊が来る頃には意識を取り戻されていたようで一安心です。

と、そこで一連の事態を見ていたお婆さんに声をかけられまして。色々細かいところを聞かれたりしていたのですが、更に続いた話を聞いてみるとどうやら横浜に向かいたいのだけれど、振り替えでの移動はよくわからないとの事。

JGCは横浜プリンスホテルが会場ですし、時間に余裕もあるので乗り換え先である東神奈川までついていってあげる事に。
その間約50分。
色々会話をするうちに、駅までお子さんが迎えに来ているハズなのだけれど電車が遅れた事を伝えられないとの事だったので、てっきり連絡手段が無いのだと思っていたら話を聞いていくうちにお子さんは携帯を持っているし、自分も電話番号を覚えているとの事。
自分が携帯からかけないとかけられない、みたいに考えてたそうで。世代間ギャップというかその手の機器に不慣れという事なのですかね。
なので公衆電話からかけられることを教えてあげた後私は降車。ちょっとでもお役に立ててたらよいのですけれど。


んでもって会場到着。流石俺ちゃん、会場でも「ツジくん早いね」と言われてしまいました。どれだけ早く家出てたんだよ。
ところでエロ描きならここで「誰が早漏だコノヤロー」的なことでも言うべきですか。どうでもいいですか。そうですね。

今回は初日さえ乗り切ってしまえば深夜の活動が多い分、余裕を持ったスケジュールを組んでいただけたようで。じゃあそこはしっかり仕事しないと、とリポD片手に深夜のトークショーのスタッフまで頑張らせていただきました。

短かっ!イベントの話短かっ!
ところでエロ描きならここで「誰が短小だコノヤロー」的なことでも言うべきですか。どうでもいいですか。そうですね。

いや、裏方話っていったって別段特別何かがあるわけじゃなし、買出しに行った話しとか新作のパネル用意したなんてしてもさ(笑

って事で今年も相部屋相手は我らがエラ様こと安達くんなのでその辺の戯言は明日に回したいと思います。
[PR]
by tsujihatago | 2010-09-07 23:33 | TRPG
JGCに行く前に。GF出ましたよ!モンコレ出るよ!
てなわけでGF出てます。

http://www.fear.co.jp/

例によってTRPG生徒会とトーキョーN◎VA描いてます。
私がゆとりキャラに萌えたのはやにお先生のキャラが初めてでした…


そしてモンコレ出てます。
今回はしのさん、エラ様、すがのさん、林君に俺ちゃんとGF関係の絵師さんがずらりしてますよー。

http://moncolle.jp/

皆さんそれぞれ手にとっていただけると激しく嬉しく思いますー。
[PR]
by tsujihatago | 2010-09-02 22:09 | 仕事
アリアンロッドやりました。
そんなわけで先日タイトル通りにセッションやって参りました。
今回はアリアン初体験の人もいたので1レベルでスタート、データに凝りたい人もいるので一日で前後編の2セッションにして、前半終わった段階でのレベルアップを二回分、という形式です。

ギルドメンバーはこんな感じ。

リン・フォール(ウォーリア/ダンサー、ヒューリン15才♀)
ドゥアンとのハーフブラッドで背中に孔雀の羽が生えている。なんとなく派手な尾羽のベリーダンサーみたいなイメージで見てました、すみません。パーティで最年少でありながら最前線に立ってくれる頼れるファイターです。

エイト・ウープス(シーフ/ガンスリンガー、フィルボル16才♂)
男解除を得意とする性別ショタだったり猿だったり。そのためつけられた渾名がエイプ。恐らくパーティの中で最も人情からは遠い生き物。前線で劣りに足止めに体を張って活躍します。

ブリンガー(メイジ/アルケミスト、エルダナーン33才♀)
ギルドのリーダーを務めるエルダナーンとしてはまだ若輩の33歳。幾つもの修羅場を潜ったのでしょう、眼帯姿がチャームポイント。アースブレットによるステータス異常で敵の移動を妨げたりマイナースキルを封じたりしてくれます。

エリンデル(アコライト/サモナー、ヒューリン16才♀)
妖魔の血を引いて生まれた拾われ子。彼女を育てた父は妄執に取り付かれ、幼い彼女が大陸を制しその王になるのだと信じ教育を続け、少女に大陸の名をつけました。初めてのアリアンでその設定ですか。プロテクにヒールにヘイストに、多岐に渡ってパーティの戦力を底上げしてくれています。

ソルフレア(メイジ/セージ、エルダナーン見た目14才♀)
myキャラ。始祖の紋章を取ったので「この世の始まりより存在する最初のエルダナーン」とかヒドイ設定をくっつけました。なのにレベル1なのかよ、って事に関しては本来の魔力を全て使って死という運命を自ら遠ざけているという事に。マジブラとコンセントレイション、残りはただひたすらファイアボルトの威力を上げる事にのみ費やしたバ火力キャラです。

そんな5人の冒険者達の駆け出しギルド。その名もストーム・ブリンガー!

…誰だ、こういうノリのネーミングを流行らせたのは(笑

シナリオはGMさんの自作で、パリス同盟内にある機械の街カナンが舞台。仮初の同盟評議会議長であるミューズを落とし入れ、それを機に台頭しようと人知れず張り巡らされる策謀をPC達が暴く、というような感じ。
少女と触れ合ったり裏切りに会ったり、それぞれが手分けをして街中を駆け回りながら起きるイベントを楽しませて頂きました。


開始前に「人数的に余裕ありますからあんまり強くないキャラでも大丈夫ですよ」というGMの発言を耳にするも私の脳は「ピーキーに特化したキャラでも生き残れますよ」という内容で認識。
特に後半のシナリオ終了後、GMが搾り出すように漏らした「なんでこんな火力あるんですか…」という言葉が忘れられません。


久しぶりのセッションでしたがいやー、楽しい時間でございました。やっぱりもっとゲームしたいなあ。
[PR]
by tsujihatago | 2010-03-04 23:38 | TRPG
最近買った本(TRPG以外一部ネタバレ有り)
そもそもウルヴァリンを見に行ったのはですね、編集さんから「○○先生の単行本が参考になりますよ」と言われまして。

「本当ならこちらからお送りしたいんですがシルバーウィークをはさんでしまう事でそちらへの発送が遅れてしまいますからよろしければご自分で…」という提案を了承。

ところがどっこい、買いにでるけど見当たらない。

ところがどっこい、欲しい本だけはわんさと出てくる。

そりゃあね、するさ買い物。ええ、私もオタの端くれですものね。

そんなわけでそのとき購入した本のご紹介~。


・アリアンロッド・サガ リプレイ3巻 殺意のエトワール
無印サガのリプレイ第三段。今回はいよいよフェリタニアご一行様とファントムレイダーズという二大リプレイ主人公パーティーの激突です!読み物としての面白さは勿論、プレイヤーvsプレイヤーという人数的にも大規模な戦闘をどう捌くかの参考にもなるのではないでしょうか?
複数のリプレイがリンクしまくる一大戦記物ですからTRPGプレイヤーの皆さんは必見ですよ!


・ジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日 6巻
残月編というかカナーリの牢獄編というか、その辺りもいよいよ決着。例によって○○と○○が脱落○○が加入、○○がパワーアップし、○○が知ったふうな口をきき、○○が意味ありげな事を言い、○○が思わせぶりな事を言う、というようないつも通りネタ満載のジャイアント・ロボでございます。
とりあえず今回一番吹いたのは綺麗になった中条長官の繰り出す新必殺技ビッグバン・キック。


・極悪ノ華 北斗の拳ジャギ外伝 下巻
今回で完結するジャギ様の若かりし頃の物語。当然これを読む人は皆さんジャギ様がどれだけファッキンなクソ野郎になってしまうかはご存知なので、果たしてどんな悲劇が襲ったのかとガクブルしてしまいます。
北斗神拳伝承者への道を歩まなければ。
ケンシロウ、トキ、ラオウの三人さえいなければ。
なにより義父リュウケンに愛されたいと願わなければ。
この外伝シリーズでは屈指のお気に入り。


・ダブルクロス3rd 上級ルールブック
いよいよDロイスにSロイス、さらにEロイスにユニークアイテムetcともうデータ組むのが下手ッぴな割にデータ厨なオレサマ厨垂涎の内容に加えて、ワールド設定やオーガニゼーション、パーソナリティーズと目白押し。
経験点の使い道にもぐっと幅が出ましたし、2ndでのキャラのコンバートモ完璧です。ダブクロファンは必携ですよ!

・バットマン:ダークナイト
まだウオッチメンを読み終わってないのに買ってまった。
アメコミ最大の欠点はどこかに持ち歩けるわけでもないのでなかなか読むタイミングが無い。そしてタイミングが無いまま積ン読に。うーん、困った脳。

そんなわけで買い物終了。

え?資料の本?

勿論買えなかったので通販ですよ!(爽笑
[PR]
by tsujihatago | 2009-09-25 21:52 | 漫画
JGC行って来たよ(三日目)
まだ日も昇らない真夜中。

火照る体を持て余すように溜息をつき、そして隣で寝息を立てる彼に視線を落とす。
彼が仕事やサイン会で疲れきっているのは判っていた。彼に迷惑をかけるわけにはいけない。そう思い硬く目を瞑って再び眠りにつこうと努力する。

10分。

20分。

30分。

焦燥にも似た手足の末端まで熱を帯びる感覚に閉じていた目を開く。耐えられなかった。これ以上火照る体を抑える事なんて。

僕は再び彼に視線を落とすと申し訳なさを感じながらも起こさないように部屋を出て一人夜の街へ───





はい、寝苦しかったからジュース買いに出ただけです(笑

そんなわけで本日はJGC三日目…とはいえ物販スペースは前二日の繰り返しですからこれといって何が起きるというわけでも無いんですけどね。

ただ変化はございますですよ。

三日目にしてツンデレクッキーの携帯クリーナー完売でございます!
後日アニメイトの秋葉店なんかでも販売されますんで、その旨を伝える完売御礼看板書き。
丁度物販に石田さんと林君がいたので三人で落書きとかも添えつつ完成ー。
d0071862_227317.jpg

とにかくこの三日間で普段話さない人と色々ご挨拶をしたりさせて頂いたので私的にも楽しい三日間でした。
参加者の皆さんもなかなかできないゲーム漬けの時間を堪能できたのではないかと思います。
来年もまたみなさんと同じ時間を過ごせますように、という事で本日はここまで。お疲れさまー。
[PR]
by tsujihatago | 2009-09-12 22:07 | TRPG
JGC行ってきたよ(一日目)
さてさて予告どおりWの感想も終わりまして、今日はJGCのお話です。参加した皆さんは目いっぱい楽しんでくださいましたでしょうか?

まあ私がいたのは基本物販スペースで、FEARさんのセッションが始まる頃にそちらの受付を中心にお手伝い、という感じなのでゲームそのもののお話はござーませんが。

そんなわけで本日は一日目~。

千葉から横浜までの移動という事で結構距離はあるんですが上手く乗り継げれば1時間40分とかでうちからつくのでそんな遠いイメージは無いですよね。
間を潰すために文庫サイズなのでお手軽に読めるダブルクロスを片手に小旅行。ちょと早めに家を出てお昼は現地で頂くことに決めました。

移動中はノイマンとブラックドッグでヴァリアブルウエポン使ってダメージの固定値をガンガン上げたキャラいいよなー、でもどうせ固定値高いんだったら復讐の刃使いたいよなー、トライブリードにすれば…ああ、でもそれじゃあエフェクトレベル上がらないからそこまで固定値伸びないよなー、とか悩んでるうちに新横浜に到着。早ッ!

んでもって飯どころにチョイスしたのはここでJGCがあるたびに時間が無くて素通りしていたピッツェリア・マルデナポリ新横浜店へ。

http://r.tabelog.com/kanagawa/A1402/A140206/14008638/

オープンテラスだしいつも目に入ってきて気になるじゃあないですか。でもJGC中は混雑が激しいのでなかなか入れなかったんですが、今日は時間も早いのでコースにチャレンジさせていただきました。ちゃんと食べておかないで途中で倒れましたなんていうのもなんなんので。

まず前菜三点盛り。スモークサーモンとオムレツとサラダ。こんな化ではサラダが印象的だったかな。焦がした葱か何かの香りがついたドレッシングで、それがカリフラワーのスキマにしっかり染み込んでて、でもカリフラワーはしゃっきり歯ごたえを残してます。
d0071862_20114927.jpg

ピザはアンチョビ、オリーブ、バジルにトマトのマローナです。
香ばしくさっくり焼き上げた薄い生地のピザでして、具財が具財なだけにお酒とセットだとぐっと食が進みそう。
d0071862_2012590.jpg

デザートの紅茶のシフォンケーキはしっとりした感じでクリームがどっしり。お腹の満足感は十分な感じでした。
d0071862_20122441.jpg

食事を終えてもまだ時間が合ったので薬局へ移動。眠気がきた時に備えて刺激の強い目薬を。よく眠れるように耳栓を。口内炎ができていた事と風邪予防にビタミンCを購入。

健康対策を行ってからようやく会場入りでございます。
続々と扱ってくるFEAR関係者その人数たるやなんと約60名。今年は深夜のセッションこそ無いものの、通常のセッションと同時にライブRPGもあるので皆さん気合が入っておられます。

とりあえずミーティングを終えまして部屋のカードキーを受け取ります。
今年の同室相手はエラ様。そう聞いた途端になんかネタを仕込めないかと考え出してしまうのは彼に対して非常に申し訳無いですが。


私は即お仕事なのでそそくさと物販へ移動です。
初日の物販はサプリとかもうずらりと盛大に並んでるのでいつもながら一番混み合うんではないでしょうか。私の場合セッションの受付と行ったりきたりしてるから、物販スペースの混む時間を100%把握してるわけではないんで当てずっぽうですけどね(笑

今回ダブルクロスグッズがいっぱい作られてまして、侵食率Tシャツやトートバッグ、ダイスケース等いっぱいです。そしていっぱいなのにあっという間になくなりました。すげぇやダブルクロス。


んでもってそれからしばらくしたらセッションの受付です。
コミックス購入報告してくださった、ありがとうございました!
でも後ろに人が並んでる時はぐっと我慢して物販スペースにいるときに声かけてくれると尚嬉しいんだぜ!その方がちゃんとお話できますしね。

そして受付を終えて物販に戻ると石田先生のサイン会でございます。人が絵を描いてるのを堂々と覗ける機会はなかなかないので毎年貴重な体験させてもらっております。


さて毎年恒例のうろ覚え落書きですが初日は皆忙しかったのでそれは二日目以降という事でまた明日ー。
[PR]
by tsujihatago | 2009-09-09 20:12 | TRPG
明日からJGCでございます。そして告知でございます。
皆さん準備の方はお済みでしようか?

いよいよ明日からJGCの始まりです。
名刺作ってもらったんで一生懸命刷って折って切って、刷って折って切ってとやってる真っ最中。
ってなわけで明日から三日間日記の方がお休みになるわけなんですけれど───あ、早速仮面ライダーWの一日目の感想がピンチな事に(笑

もう毎年恒例ですし、ツジヤスノリの名前でこのブログに辿り着いた人には今更説明する必要も無いJGCですが、辻風名義でコミックスを出した際にお客様が結構増えたんで一応説明をば。

先日モノトーンミュージアム公開のお知らせをした際にざっとTRPGの事を説明しましたが、JGCというのはそういったTRPGや、ボードゲームなんかを中心にしたいわゆる「電源不要」なゲームのイベントです。

これはコミケみたいな同人誌の即売会とかとは違いまして、ホテルを何フロアかまとめて借り切った上で、皆で泊り込みで三日間アナログゲームを昼夜問わず遊びまくろうぜ、というイベントでございます。今年も会場は横浜プリンスホテルですね。

私はゲスト参加なんで例年通りにFEARさんの物販スペースやイベントを中心にうろちょろしながら皆さんが楽しんでる様を横目にギギギしてるので参加者の皆さんは私の分までたっぷり楽しんできてください。


そしてそろそろゲーマーズフィールドが発売中なんでこちらもよろしくお願いしまーす。
いつもの通りトーキョーN◎VAの「Neuro Beat! Remix」のイラストと、「進め!TRPG生徒会」描いてます。今回は水着回だー。
[PR]
by tsujihatago | 2009-09-03 21:36 | 仕事
モノトーンミュージアム公開!
さあさあ皆さん、ついに公開されましたよすがのさんモノトーンミュージアムβ版!

http://www.fear.co.jp/monotone/

辻風経由で日記に来るようになったGFを読んでない方に説明しますと、モノトーンミュージアムとは私の似顔絵に触手を生やした張本人、イラストレーターのすがのたすく先生が作っているSRSシステムを使ったTRPGです。
私もテストプレイなんかでちょっぴり関わらせていただきましたv

TRPGってなんぞや?という話に関しましてごく簡単に説明しますとまずGMと呼ばれる人がお話を一つ用意します。他の参加者達はそのゲームのルールに基づいて自分達の動かすオリジナルキャラを作り、そのシナリオの中で遊ぶわけです。

いわゆるコンシューマーのRPGでコンピューター任せにしてるとこまで人間が担当し、会話やドラマも含めてより柔軟に自由に遊ぶ感じ?
詳しくは文庫小説のコーナーにある「リプレイ」と書かれてる物を読んでくれるとTRPGを遊んでる風景が伝わるのではないかと思います。


さて話をモノトーンに戻しましょう!

まずは皆さん公式ページからDLしましょう、DL。無料です無料。
イラストや世界観、それを表現するべくもうはちきれんばんりに詰め込まれたすがの美学!
折角β版とあるので皆さん是非遊んですがのさんに感想やプレイレポを伝えて、より一層楽しいゲームにしようじゃないですか!

とりあえず私はチギレのキュートさに萌えっぱなしです(笑
[PR]
by tsujihatago | 2009-08-31 22:53 | TRPG
ダブルクロス3rdを初プレイ
そんなわけでダブルクロス3rdの初プレイをいたしましたのでその報告を。

面子とかは既に天さんとこで紹介されてるのでそっちを見ていただければ。

折角ルールブック2が出たのでそちらも使用しつつ、経験点+30のフルスクラッチでキャラメイクしました。個人的な印象としては3rd初めてでも2nd遊んでた人なら問題なくフルスクラッチで作れるんじゃないかなー。


今回は珍しくというか初の支援キャラを作成。既に天さんがカバーリング特化キャラを用意している事が判明していたので、私はピュアのソラリスで支援特化キャラにして、当日他の人のデータと見比べて微調整、という方向に相成りました。

この段階まででできてたキャラのイメージはこちら↓

『38才男。極度に小心者で慎重な事と、部下に恵まれた事、そしてその支援能力の高さで任務の成功率と生存率が高く気がついたら支部長というポジションに。

名家の生まれで出世欲も強くエリート嗜好の仕事人間。
それが災いして家庭を顧みない状態が続いた上に、たまに家に帰ったら衝動に襲われ家族が自分を殺そうとしているという妄想に取り付かれてDV→別居という状態に。
仕事でもっと成功すれば家族も自分の事を見直し、その立場に相応しい幸せな家庭を取り戻せると信じてますます仕事に没頭するように。そのため少し焦り気味で部下に対してきつく当たってしまう事も多いため、下からの評判は悪いイメージ。

戦闘が怖いので現場に出向けと言われるとすごく嫌がるテクスチャが貼られます。勿論出向きますが。アニメのウィッチブレイドの和銅さんをツンデレにした感じで』


さてフルスクラッチで遊んだ人達の経験談を前もって聞いてみたところ、データを偏らせすぎて激しく情報収集に苦戦したとの事。
ピュアソラはどうしても社会が上昇するのでここは私が情報収集役も兼ねられるデータにするべきであろう…と考えているとそういえば今回からレネゲイドビーイングなるキャラが作れるじゃあありませんか。
そのデータを眺めていたところ目にとまったのが『オリジン:サイバー』。侵食値2点で社会判定の達成値を+lv×2する優れものです。調達の判定にもプラスがくるんだよ!

これでソラリスピュアの能力値で6D振りつつ更に取り捲ったコネの+2Dがあればダブルクロスの情報集に求められる達成値には十分届くでしょう…少なくともリサーチのタイミングでタイタス使用に悩んだりすることは少なくなるはず(笑

でも困ったのは上記のキャラ設定と噛み合わない事…マックス・ヘッドルームみたいなのしか思いつかないなあと悩んでたら他の人から言われました。リマーにすればいいじゃん、と。

決定。頭にHの字追加。俺リマーになる。

いや、大好きなんですよレッドドワーフ!高慢で役に立たずで自己中でクソ野郎のリマーは最高ですから!

そんでもって実戦ー。今回のピュアブリードは狂戦士を5レベルまで取れるのでメジャーでの行動はこの支援を範囲に振りまくことにしました。
その効果は侵食率80%の時点でダイス+10D、クリティカル値-1!なんとタイタス2回分の支援が範囲で飛ばせるわけですよ!

更に奇跡の雫や帰還の声で、倒れた仲間を即座に復活させたり使用回数制限のあるエフェクトを回復させたりってとこですか。
代わりに自衛用のスキルは一切ないので優秀なカバーリング役がいるとわかってなくては作れないキャラでしたね。

一箇所失敗したのは女王の降臨を取ってなかったところですか。これがあれば離れて射撃してる人にも前で殴ってる人にも支援できたのに。
今回は敵の攻撃でエンゲージをバラバラにするべく吹っ飛ばされたりしまくったもんだから支援が上手く行き渡りませんでした。次に遊ぶ時はこの辺も埋めないとなー。
でも次に遊ぶ時はまず自衛手段を身につけないと真っ先に狙われることになるかなー(笑

セッションの方はもう終始笑いに満ち溢れてまして、翌日私がぐったりして半日以上寝込んだくらい(前日の徹夜もありますが)。
皆別々の世界からやってきた雰囲気でマイペースにそっぽを向きつつ、でもしっかり話が進んでいき、あまつさえハードボイルドに締めくくられるという素敵セッションでした。

長々書いてきたけどやっぱ最後に締めくくる一言はこれにつきる感じです。


あー、面白かった!
[PR]
by tsujihatago | 2009-08-25 10:07 | TRPG