<   2011年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
告知~
そんなわけで今月の告知でございます!

まずは現在すでに発売中となっておりますGF別冊、かわたなささん特集号「かわいそうとはこういうことだ」でTRPG生徒会が掲載されておりますよ!

そして今月はゲーマーズフィールド発売月なので、こちらでもトーキョーN◎VAとTRPG生徒会描いてます!

更に更に今月24日発売予定、真激6月号に「ボール・淫・プレー」が掲載です。人妻ですよ!ブルマですよ!がんばって描いたんでよければ見たってください!そしてアンケート送ってくれると私が一喜一憂しますのでよろしくお願いします!w
あ、ただし18歳以上のオ・ト・ナ・だ・け・だ・ぞ・!

んでもって真激の方のサンプルはこちらでござい。当然こっちも見ていいのは同条件の大人だけな!
http://tsujihatago.web.fc2.com/tsujiandon/index.html
[PR]
by tsujihatago | 2011-04-30 15:57 | 仕事
ジョーカー(バットマンね)読んだよ!
今回購入したアメコミは
ブライアン・アザレロ(作) (著), リー・ベルメホ(画)

JOKER

です。
d0071862_092487.jpg

タイトルからお察しのとおり、このジョーカーはバットマンのライバルとして最も有名なヴィラン、ジョーカーにスポットを当てた作品です。

その日ジョーカーはアーカムアサイラムを出所。ゴッサムに道化王子が舞い戻り、街は再び戦慄する。

で、このストーリーはそのゴッサムのNo1と言っていい犯罪界のスーパースター、ジョーカーに憧れるチンピラ、ジョニーの視点で描かれます。

「ジョーカーがゴッサムを出て、再び犯罪を犯す。

TVシリーズであればさらっと流されていますが、「ゴッサムを出て」から「犯罪を犯す」までの間に一体何があるのか?
おそらくはバッツがジョーカーを捕まえたのと同じ回数だけこんなことが繰り返されていたわけですよ。

そう考えるとジョーカーの秘めるっていうか秘めてませんが、溢れんばかりというか溢れてますが、その狂気がいか程のものかというのがわかろうってもんです。
クロックの、ペンギンの、トゥーフェイスの、リドラーの、ハーレィの、そしてジョニーの。バットマンからでもなければ市民達からでもない、悪人達の目を通して見たジョーカーの姿がここにあります。
d0071862_094486.jpg


そして今回はストーリーもそうだけどそれ以上に絵が凄い。全編フルカラーで陰影の効いた重厚なリー・ベルメホの絵がたまりません。ジョーカーが出所するシーンとかストレートにかっこいいし、ヒース・レジャー系ジョーカーのヴィジュアルですが、ころころ表情が変わります。この絵柄だからまたそれが怖いんだ。顔芸というのはこういう事だ!

さあページを開こう、そして30年に渡りアメリカンコミックのトップヴィランの座を譲ろうとしない、ふてぶてしいこの道化王子の狂気に触れてみよう。
[PR]
by tsujihatago | 2011-04-29 00:10 | 漫画
漫画買ったよー
先日本屋に行ったので何冊か漫画を買い込んで来ましたんでその辺さっくり感想とか。


・百舌谷さん逆上する 6巻
小学生時分に男女の好き嫌いの話が出てくるとどうしてもこうなるよねー、とか思いつつも昨今の小学生は違うのかな?なんか学年誌が恋愛をメインで扱ったりしてるとか聞いたりすると最近のお子様はもっとスタイリッシュに大人な男女恋愛しちゃってたりするのかしら。

・DARKER THAN BLACK 4巻
最終巻ですな。パーセル可愛いよパーセル。普段なら課長さん押しの私ですが今回ばかりはパーセルです。

・未来日記 12巻
こっちも最終巻です。9th可愛いよ9t(ry
この漫画は下手に観想書くとそれだけで肝心な部分を書くとネタバレになりそうなので書けないw

・新仮面ライダーSPIRITS
火を吐く赤心少林拳!今回はスーパー1メインじゃよ!幼い頃スーパー1のこのやたら鋭い目つきが大好きでござった…

・もやしもん 10巻
巻末に載ってたmixiアプリの方、手を出してみました。
サン牧に近いけどアレより発酵に時間かかるから仕事の邪魔になりづらくて良い。ウイスキー造り始めると完成までに4日とかかかるからな!w

・ナナとカオル6巻
今回はアナル話がメイン。やっぱエロイ。そして当然ながら尻回。

・テルマエ・ロマエ 3巻
今回は長めの話が多い。なのでいつものカルチャーギャップによる笑いが立て続けに起きてて楽しいです。そっちが増えるとどうしても色んなシチュエーションの風呂、という視点ではネタが減ってしまうのは痛し痒し。
[PR]
by tsujihatago | 2011-04-25 00:17 | 漫画
どうでもいいネタ(エロ・下品注意)
昨日twitterで私こんな発言をしました。

「ブログに書くほどの事ではないけどtwitterで書くには性的すぎるなあというネタが脳裏に浮かぶ。おまけにエロ漫画にも使えないこのもどかしさ。」

本当は何も無かったことにしても良かったんですが、この件に関してもし他の人の意見というか考えを聞かせてもらえればなあとか思ったのでちょっと書いてみる次第。

あ、下品ネタなので間を空けます。苦手な人はこのタイミングでバックしてください。ここから先はあまりの下劣さに吐気を催す可能性もあれば、あまりのどーでもいいくだらなさに膝から崩れ落ちる可能性があります。































さてチンコの話です。

女性器って名器ぶりを形容する言葉がいくつもあるじゃないですか。
三段締め、カズノコ天井、ミミズ千匹、巾着etc…
それに対して男性器の場合チンコはチンコです。チンコオブチンコです。でっかいちっさいの差はあれど、女性器程の個性はありません。皮の被り具合に関してはクリピアスとかその辺のバリエーションと大差ないでしょう。

では男性器にも同様のバリエーションを持たせてみたらどうでしょう。

・三段チンコ
これは二種思いつきます。一つはカリ首が三段に連なるというファンタジーエロでよく見る形状ですね。
もう一つは股間から三本キングギドラ状に生えてるという形態です。複数同時挿入や前後同時挿入用みたいな感じですかね。

・カズノコチンコ
表面がブツブツしてるんでしょうか。病気の類に見えなくも無いですね。
もしくはカズノコみたいな素材でできてるんでしょうか。ヤッてる最中折れるよね、確実に。

・チンコ千匹
どう見てもエノキ茸です。本当に(ry
なんか昔ナポレオン文庫でそんな形状のをぶら下げた男性キャラが出てくる本を読んだ気がします。同じ発想から生まれたんだったらどうしよう。

・巾着チンコ
チンコが吸い付くというのはよくわからないですね。バキュームするんでしょうか。愛液吸収してカサ増しして射精時大量放出みたいな感じでしょうか。
もしくはヒトデが食事する際胃袋を直接貝の中にねじ込んで消化するように袋状のチンコをねじ(略

ね?下らないでしょう?どうでもいいでしょう?
呆れ顔で帰られても文句なんか言えないでしょう?
それでもここまで読んでくれた方がいらしましたらどうでしょう?あなたも考えてみませんか?まだ見ぬチンコのあり方を…
[PR]
by tsujihatago | 2011-04-21 01:03
レッツゴー仮面ライダー 見てきたよ!(ネタバレという程のは無いと思います)
日記のタイトルにそのまま書き込むと長すぎると怒られるのでこっちで。

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー 見てきたよ!

http://www.all-rider.jp/
d0071862_0122135.jpg

いわずと知れた日本の変身ヒーローの代表格、仮面ライダー40周年を記念するお祭り的ライダー映画でございます。
映画へ参加するライダーは添付画像を見ればわかるけど膨大です。
何せ歴代仮面ライダーの人数は悪のライダー等も含めればすでに120人を超え、フォームチェンジを考慮に入れれば200でもまだ足りないという始末。そりゃあボリューム感もあろうってもんです。
d0071862_0125168.jpg

ストーリーの方はオーズが軸・・・と見せかけて電王な印象。ぶっちゃけ俺的には幸太郎が主役に見えるw

たまたまデンライナーと出会った映司とアンク。ひょんな事からショッカーが支配する世界になってしまった歴史を修正するべく、デンライナー御一行と共に過去と現在を行ったりきたり。この辺が電王メインに見える理由かなあ。僕は電王にそんな思い入れが無い人なのでそこだけちょっと残念ではありますが。あ、ナオミちゃんは好きですw

とかそんな事を言いながらタイムスリップもののSFとして序盤から引かれた複線とその処理とか大好きですし、これだけわさわさキャラが出てくる映画でありながら子供に宛てたメッセージみたいのを残してるあたり流石だなあと思います。

そういうストーリーサイドの見所は置いといてお祭り部分のお話しましょう。
もう公式でネタバレされちゃってるのとかは言ってもいいでしょう。
まずはオーズの劇場オリジナルコンボ、タマシーコンボでしょう。どんなメダルを使って変身するかは劇場で!
加えて翔太郎&フィリップのWコンビの登場。もっと出番欲しかったなあ。
更にディケイド以前の平成ライダー達の登場。ディケイドせっかくああいう設定なんだからもやしさんにも積極的に絡んで欲しかったなあとか言い出すとキリないよね。
そして一号&二号にV3はその声をオリジナルキャストの方々が演じております。ブイスリャアア!
おまけにライダー以外のヒーロー達!キカイダー、キカイダー01、イナズマン、怪傑ズバットも登場ですよ!そしてそう、V3がオリジナルキャストである以上、当然ズバットも・・・ズベーィッ!
ディケイドの映画ではラスボスを演じたキングダークさんは今回も登場。そして今回のラスボスは・・・劇場で!
あとスカイさんなんか太ましくなってね?
d0071862_0132150.jpg

こういうヒーローてんこ盛りの映画になるとホントディレクターズカット版が見てみたくなります。まさにそういうわくわく感を与えてくれる映画でありましたよ。


[PR]
by tsujihatago | 2011-04-20 00:14 | 映画
まぐろのレアステーキ丼を喰う。
なんか日記更新のネタ無かったかなー、と思って携帯弄ってたら丼の写真が出てきたのでコレを。


FEARに顔を出した帰り道。元々外出頻度が少ないので、外出したらとにかく外食でしょう。というスタンスの元とUDX内のレストラン街AKIBAICIへ。
よく行ってたハンバーガー屋さん無くなっちゃったんだよなあ、と残念がりながらブラついた結果築地食堂 源ちゃん 秋葉原店に行ってまいりました。

http://r.gnavi.co.jp/g075402/

もう夜も遅くてすぐラストオーダーになっちゃう、って話だったのでささっと喰おうと丼物メニューから注文します。んでもってどうせなら高い物喰ってみようじゃないのということでまぐろのレアステーキ丼を注文。
d0071862_21195752.jpg

写真を見るとわかると思いますが、塩コショウで焼かれてほんのりピンクに染まったいい具合のレア度合いです。
箸を入れてみるとやわらかくプツンと切れたので、ご飯と一緒に口の中に放り込むととろりと舌の上で蕩けるようにして舌の上にじゅわっと脂の味が広がるじゃないですか。
味の開きみたいな焼き立ての干物とかってじゅわぁっ、と口の中に濃縮された香ばしい脂の味が広がるじゃないですか。レアステーキにすることであんな感じに濃縮されたマグロの脂の味がじゅわぁっ、と来て、身の方がほろほろっと崩れるのです。それをつやつやっとしたご飯と共に掻きこむわけだ。

自分には少々塩気が強かったですが、キンと冷えたビールとかを一杯やりながら頂くとぐんと美味くなるんじゃないかと思います。
今度は酒を入れられるスケジュールで行きたいですな
[PR]
by tsujihatago | 2011-04-18 21:20 | 飲食
トゥルーグリット見てきたよ!
利発的で頭もいい、おそらくは挫折の経験を持たない少女。

親の仇を討つ。

彼女にとってそれは仇討ちであるのと同時に始めての冒険の旅でもあった。
父を殺した男とその仲間を追い詰める、人を殺すための旅。
やめる理由は幾らでもあり、一度立ち止まってしまえばそこまでの立ち止れない旅。

少女は不屈の男と呼ばれた保安官を雇い入れ、彼と共に復讐という不毛の旅へと向かう。
不毛なはずのその旅に、別の意味を見出しながら。
d0071862_23201824.jpg


http://www.truegrit.jp/

そんな感じの紹介でどうだろう。
って事で矢野さんのに教えてもらったこの映画!トゥルー・グリット見てきましたとも!
今回はアメコミヒーローでもなんでもなく、斬新なアクションがあるわけでもない、ただただひたすらに少女とオヤジ!少女とオヤジでございます!

まず主人公の女の子、可愛い!

元気で大人も舌を巻くほど頭も良くて、だからこそ危なっかしい。けれどその知性だけでは得られない経験を持った男が危なっかしい少女を守ってくれるのだ。
d0071862_23204823.jpg

出ましたよ、のんだくれ眼帯オヤジ!
腹も出て酒浸り、射撃の腕だって抜群とは言いがたい。けれど強い、くじけない。
けしてかっこいいわけでもないし、特別なパワーも無いけれど、それでも彼は不屈の男で少女のヒーローだ。
数で勝る悪漢達と向き合うシーンで馬に跨り手綱を咥え、二丁拳銃を構えるシーンはただそれだけでかっこいい!

d0071862_232158.jpg
いつも紹介してる映画のようなスーパーアクションは無いけれど、オヤジスキーならそんなものなしでもしっかり楽しめる。そういう映画だと思います。

[PR]
by tsujihatago | 2011-04-14 23:22 | 映画
モンスターカフェ行ったよ
最近ハンバーガー食ってないなあ、ってなわけでハンバーガーCAFE & ビールBarモンスターカフェに行きました。というのが結構前(笑

http://www.hotpepper.jp/strJ000002905/

今回はお店の場所の確認も兼ねて行ってきた感じでしょうか。地下一階、というポジションなのでちょっとわかりにくいです注意。
d0071862_1040616.jpg

頼んだバーガーはハワイアンBBQチーズバーガーのアボカドトッピング。
パイナップルは焼いてあるので余計な水分が落ちて甘酸っぱさがぎゅっと凝縮されているので、濃厚な味のBBQソースやお肉をさっぱり食べさせてくれます。
バンズの触感が写真から伝わってくれるかどうかはわかりませんが、表面は香ばしく中ふんわり系かなあ。なかなか美味かったと記憶しております。

さてドリンクの方は何にしよう。たまには酒でも入れようかと言うことで「ビールってどんなのあります?」「いっぱい種類ありますよv」とメニューを差し出されたのでチラ見すると確かに充実しております。「じゃあチリビールって置いてありますかね」「チリのビールですか?えーと…」「中に唐辛子入ってるんですけど」「扱ってないです」「クソァッ!」という定番のやり取りも楽しみ、結局コロナで喉を湿らせることに。

その時はバーガー一個とビールという注文でしたが、次は大勢で行って看板メニューのタワーバーガーに手を出したいなあとか思っております。ほら、写真を見ると同意頂けると思いますがこのヴィジュアル見て心躍らない人とかいないだろ!
こう、注文しただけで友達と顔を見合わせてニヤニヤしてしまうような、そんな楽しさも食事にはあっていいんじゃないかなあと思うのです。
[PR]
by tsujihatago | 2011-04-08 10:41 | 飲食
実はRED見に行ってました
もう何ヶ月とかって単位で前の話ですね。
ブルース・ウィリスのREDを見に行ってまいりました。
まだDVD化はしてないからその前に、と思いまして。あ、DVD自体は5月発売だそうです。
d0071862_11314250.jpg

主人公はブルース・ウィリス演じるところの年金暮らしのおじいちゃん、フランク。
電話でやり取りしていた年金局のお姉ちゃん、サラにうっかり恋をしてみたり、うっかり会う約束を取り付けてしまったり、うっかり武装集団を蹴散らしてしまったり。

───そう、フランクには元CIAの伝説的エージェントというもう一つの顔があったのです。

命を狙われたフランクは自分と何度も連絡を取っていたサラ本人にもこの敵の手は及ぶに違いないとサラを守るべく彼女の元へ。
年甲斐もなく若いお姉ちゃんと老らくの恋にうつつを抜かしつつ、自分達を付けねらう敵の素性を探るべく既に解散したハズの仲間達を結集します。

Retired Extremely Dangerous

略称RED

最高に危険なポンコツ供が若造どもに牙を剥く───!



みたいな映画です。
アクションがどうこう、謎解きがどうこうというよりは基本的にジジイ好きな人のための映画という気がしますね。
直前にエクスペンダブルズを見てたのでてっきりこの映画も似たような…と思ってたらそうでもなかったというw

この映画特有の演出で面白かったのが都市から都市への移動でしょうか。地図が表示されてその上を車がちょこちょこ移動してくんですが。このコミカルなシーンチェンジがない事にはなりたたないんですよ、この映画。
だってアメリカ全土を行き来するんですから!これがない事には位置関係とかさっぱりだから!

なんでこんだけ遅れて感想書いたかというとですね。
この映画見に行った時はなんというか非常に映画慣れしてない人達が多くてですね、劇中携帯を鳴らす、途中でトイレに立つ、隣の席の人と喧嘩してつまみ出される、スタッフロール中に連れ立って席を立つとまあ色々あったもんでいまいち感想がまとまらなかったというか、なんというか。

えー、映画を見に行く皆さん、映画館では他のお客様のご迷惑になる行為というのがあります。本人に悪意がなくてもマナーを欠いた行為は他のお客にとってのその映画の価値を下げてしまうことになります。気をつけましょう、と締めくくると共に改めて自分も気をつけるようにしようと思います。
[PR]
by tsujihatago | 2011-04-06 11:33 | 映画
さくらんどに行ったよ!
お肉というと牛、豚、鳥が日本の定番だと思うのですが、当然それだけではございません。羊やら鹿やらあるわけですが、今回頂いたのは馬。いわゆるさくら肉でございます。

お店はこちら。五反田くらんどの姉妹店、千葉県のさくらんどです。

http://www.39rando.jp/menu

特殊なお肉というとどうしてもお高いイメージがついて回るわけですが、お店の前を通りかかった時はちょうど昼時。ランチメニューであればそこまで懐を痛める事もあるまいと入ってみました。
d0071862_9334841.jpg

注文したのは馬刺し定食。
ご飯(大盛りオプション有)、馬刺し、馬ホルモンの煮込み、馬肉のから揚げ、サラダ、おしんこ、味噌汁とついて1200円というお値段でした。サラリーマンがお昼に毎日通うにはちょとなんですが主婦層がたまに贅沢気分を、みたいなタイミングで行くのには丁度いいんじゃないですかね。

馬刺しの方はご存知の通りしっかりした歯ごたえと吸い付くような舌触り。葱を巻いてタレでご飯と一緒に頂くと至福の時間です。

ホルモンの煮込みはいわゆる牛のモツ煮がさっぱりした感じですかね。臭みやクセが少なく感じられたので食べやすく感じる人もいるのでは。

馬肉のから揚げはぎゅっと身が詰まった感じ、っていうのかなあ。鳥のから揚げとかだとプツンと噛み切る感じだけど、馬だとぎゅうっ、と強い弾力がある中に力強く歯が食い込んでいってからブツンッ、と強く千切れる感じ。ジューシーでとっても美味しかったです。

お店のお酒のメニューを覗いてみるとお酒が随分充実していたので次に行く時は夜に酒が飲める状態で行きたいもんです。
つまみも梅や柚子胡椒味のホルモンの塩煮込みとか、馬のハツ刺とか凄く惹かれるんだよね。
[PR]
by tsujihatago | 2011-04-04 09:34 | 飲食