<   2010年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
最近買った漫画。
どうもこういうのは買った端から書き込まないと日記に書いたんだか描いてないんだかわからんくなるね。とりあえず部屋内の目に止まるところにあったやつを。

・DARKER THAN BLACK 3巻
トーンに頼らない絵柄が好みだったりします。チャンプ素敵。パーセル可愛い。正しくおっさん×少女なカツプリングではなかろうか。しかし末咲課長の事だって大好きなのだ。

・アオイホノオ 4巻
面白いものに出会って感動したり衝撃を受けたりする反面、現在の自分ではそれに比肩する事でできないという事実が口惜しくもどかしい。ギャグにできる程引きの視点で自分を見れるって凄いなあ。

・×××のゴアちゃん
ヒコロウ先生の漫画は大好きです。独特のリズムとかセリフ回しとか。『ヒコロウ節』と一言で語ってしまうのは勿体無い感じがします。あと『私のワタシがアタシから聞いた話なんだけど』はゾッとした。

・テルマエ・ロマエ 2巻
電車内で車内吊広告まで出る人気ぶり。銭湯という今まで誰も描いていないテーマで果たしてどれだけエピソードが作れるのだろうとか思ってたけどお風呂だけに湯水のように枯れる事無い感じです。上手い事言った?上手いこと言った?

・百舌谷さん逆上する 5巻
そろそろ話は収束に向かうという事なんだろうか。ベネット語で話すモズモズさんがエロイです、エロカワです。そしてゆーじ君がちゃんと陰鬱な側面を持っていることにほっとする。そうでなくっちゃ。

・DOG LIFE&DOG STYLE 6巻
フロントミッションシリーズの戦場を描くオムニバス物も早6巻。狂気の女王がヴァンツァーとしてどうにもおかしいスペックなので、これをチームワークだけでどう埋めていくのかというのが楽しみです。

・さよならもいわずに
泣いた。奥様の最後の表情や、そのお棺の隣で眠った時の景色とか、本当に心に焼き付いて離れなかったのだなあというのが伝わってきて胸が痛くなった。
[PR]
by tsujihatago | 2010-09-29 22:25 | 漫画
時はまさにニューロエイジ
淀んだ街角で僕らは出会うわけですよ。

世紀末も過去のもの。近未来は現在になり、夢の技術は既存の技術と化しました。

てぇことでで今日はお久しぶりにN◎VAっぽいアイテムとかのご紹介でもしようかなあと思います。


超音波で脳を制御:米軍の研究
http://wiredvision.jp/news/201009/2010091423.html

はい、メタルギアでお馴染みDARPAが研究してる技術です。実際に存在する機関をフィクション経由で思い出すのもどうかと思いますがまぁ置け。戯言だ。

なんとこの研究、超音波を使って人間の苦痛を取り去ったりストレスを取り去ったりしてしまうんですね。なんというIANUSの定番機能。
しかもこれ、IANUSと違って外科手術がいらないんです。ヘルケットに内臓できるですよ。こいつは凄いぜ!


ついに完成!?光学迷彩
http://news.walkerplus.com/2010/0613/2/

サイバーものの定番アイテムといえばこれでしょう。見に行きたい見に行きたいと思ってたんだけど結局時間が作れないままで。夏休みの間は子供が多いからと敬遠してたらこのザマよ!だが可愛いやつ!
凄いなあと思いつつ平和利用の手段が思いつかんですなあ。やっぱ光学迷彩は違法物品扱いするに限るな!


まるで「ドラえもんの道具」! 体にスプレーを噴射してシャツ完成!
http://youpouch.com/2010/09/16/113604/

あんたらの中の未来像はドラえもんしかないんかい!…希望に満ちてていいなあ(羨望の眼差し
こういう防具とかN◎VAにあってもいいなあと思うよね。装備前の隠匿レートが凄い高いの。カブキが早変わりとかで使用するとシュシュッとコロンな感じで装備できますよ!
[PR]
by tsujihatago | 2010-09-21 23:35 | 雑学
あややとか描いてみた(エロ注意)
おっぱい絵なので直接貼ると怒られるから一応ギャラリーに入れておこう。
なんかリンク貼れないのでアドレス貼っときます。コピペで行ってもよいしHPの辻行灯経由でギャラリーに行ってもらってもok。

http://tsujihatago.web.fc2.com/tsujiandon/img3/i_201009_01.png


冬コミの準備とか塗りの練習とかあやや描いた時ねぇなあって事で。とはいえpixivには結構前に上げてあったんですがすこんと忘れておりました。

おややって新聞記者キャラだから何にでもどこにでも首突っ込めるし、エロキャラとして使いやすそうなんだよね。適当にカップルのイチャコラしてる写真を撮ってるところを見つかって…とかやると誰とでも絡められるしさ。
[PR]
by tsujihatago | 2010-09-15 03:46
レポートしないJGCレポ~三日目~
えー、そんなわけでいよいよJGCも三日目です。
前回、前々回よりはレポしてます。

一日目、二日目で体力を派手に消費したりしてるとこの三日目で気が緩んでバタンキューしかねないので来年以降も参加しようという皆さんは体調管理をしっかりなさってください。

前日もトークショーの最後まで残って会場の片付けとかやってたんでちゃんとスケジュール的に眠れるようにしてもらえてたんですが、同室の安達くんは朝一でGMに出撃です。
てなわけで彼の目覚ましで一度起きて少年激覇ダンの最終回を眺めつつ、物販で手が足りなくなるかもという話も聞いていたので安達君を見送りつつお風呂に入って目を覚まします。
軽く食事を取りつつ日朝タイムからDBZ改等を見てから物販へ。これでも本来の予定時間より数時間早く動いております。

物販に到着次第先に入っていた石田さんと林くんにご挨拶。

「おはようございますー。いやー、今日のオー…」
『まだ見てないからオーズの話はするなァッ!』

ええ、スケジュールの問題で見られた人はごく僅か。もう話したくて話したくてウズウズしっぱなしでしたとも。
最終日にはこじまめさんの生写真付きCD手売り会が突発的に行われたりで大盛況。更にトークショーと最後まで面白かったです。

さて一通りのイベントを終えた後に打ち上げ。
私はその辺りで体力を使い果たしていたので最早千葉まで帰り着く気力が無く、都心に住んでる友人宅に泊めてもらいました。

前もってそうなることは想定していたので着替えも持ってましたからそのまま翌日の打ち上げその2へ参加。JGC中の色んなお話を伺ったりして大変楽しい時間でした。
さて終電も近いので下手に飲んでまた足元がおぼつかなくなる前に帰らねば、と泣く泣く他の皆さんに別れを告げた帰り道。

起きましたね、今回最後のトラブルが。

それはその飲み屋から買えるためのエレベーターでの出来事でした。背後から聞こえる
「ねえちょっと、あなた大丈夫?」
の声。

見ると4~5人のご年配のご婦人方がおりまして、そのうちのお一人が顔色悪くフラフラしてらっしゃるじゃないですか。

酔いが回ったのか貧血なのか。問いかける間もなく倒れるのを皆で一斉に支えます。とにかく早く下ろしてあげたいと他の方に言われたところで丁度よくエレベーターは一階へ。流石にお酒を飲んだお年を召した女性達では介抱もままならないので私が倒れた方を担いで外へ。

とりあえず座らせてあげたいとの事だったので彼女を階段に座らせてあげつつ声をかけ、他の方が一階のお店に助けを求めに。冷たい水とかもらえるだけでも随分違いますしね。

んでもって声をかけるうちに意識は戻り、念のため救急車を呼ぶべきか話していると、そこで他の方がもう大丈夫だから行ってくださいと気を使ってくださいました。
確かに時間は差し迫っているのですが流石にそんな状態で置いていくのも、と話したのですが逆にこれ以上は心苦しいから、とおっしゃられるので無理強いもどうかなと判断。
くれぐれもお大事にと伝えてから帰路につき、私のJGCは終了───

と思ったらまだ終わらない。駐輪場に置いておいた自転車から空気が抜かれているじゃないですか。
人助けで終わればもうちょっと締まったのになあー、とか思いながら改めて帰途へ。12時過ぎの真夜中を、一人大荷物を抱えてとぼとぼと徒歩で自宅へ向かうのでありました。
[PR]
by tsujihatago | 2010-09-09 21:24 | TRPG
レポートしないJGCレポ~二日目~
くたびれ果てた身体を引きずるように部屋へと戻る。

しんと静まり返った真夜中のホテル。足音さえ響かせない廊下のカーペットに、扉の鍵を開ける音さえ吸い込まれていく。
かすかに灯る明かり。窓から覗く夜景。響く寝息。

暗がりに目が慣れるとベッドで眠る彼の姿が薄闇の中に浮かび上がる。
もう何度彼のそんな姿を目にしたろう。
いつもと変わらない、いつもと変われない、いつも通りの距離のまま。そして今夜もまた彼との距離を埋める自信はないままだった。

ベッドに腰を下ろし、入れたばかりの紅茶を口にする。冷房ばかりを浴びて疲労した身体が内側からほぐれるような温かさに目を細めながら『彼』に視線を向けた。
無防備な姿で微笑みながらシーツを抱きしめ眠るその姿。まるで大切な人にそうするような彼の姿。夢の中で彼のその腕は一体誰を抱きしめているのだろうか。

かすかに胸に疼くような痛みを感じながら昼間、他の男が口にした言葉を頭の中で繰り返す。

「僕は安達さんの代わりにここにいるんですか?」

彼のその台詞に思わず言葉を失った。

今目の前で眠る彼───安達洋介の口からは聞いた時のない種類の台詞だった。
林啓太のその台詞は、その真っ直ぐな台詞は僕の越えられないでいる距離を容易く踏み越える、そんな台詞だった。

人前であることも憚らない彼の真っ直ぐな視線を受け、数瞬の間が開く。何か答えなければと頭が真っ白になる中、自分の唇がかすかに震えた事を覚えている。さらに数秒、そのわななく唇が紡ぎ出した台詞がこれだった。

「代わりとかそんなんじゃない。キミが目を覚まさせてくれたんじゃないか」

白み始めた空に視線を向ける。変わらず聞こえる寝息が腹立たしく切なかった。
二人を天秤にかけて比べようというつもりではない。
ただこの切なさは本物で、あの時感じた嬉しさも本物で。それを比べようとすることこそその時の僕には不実な事に思え───



はい、こんにちは、こんばんわ、ツジヤスノリでございます。
本日はJGCも二日目という事で毎年恒例安達くん弄りです。なんでこの芸風なのかというとですね、上記のような会話を林くんとしてたら藤井さんが是非このノリでレポしろというもんですから。俺のせいじゃないっすよ!俺のせいじゃないっすよ!
そんなわけで安達くんも林くんも恨むなら藤井さんを(逃げた

えー、そんなわけでこの日も基本参加者の皆さんに喜んでいただくべく色々してた感じです。イベント会場と物販スペースを行ったりきたりという感じでしょうか。主にトークショー周りですかね。会場中が笑いや喝采に包まれててこちらも楽しかったです。

そうそう、今年もうろ覚えはやったのですが写真の方は撮り損ねてしまいました。なのでそれはございませんが今年、ついにうろ覚え王からしのさんが転落しました。畜生、そつなく纏められちまったぜ!
そんで今年一番あやふやなうろ覚え絵を描いたのは…多分俺じゃないかなあ。噛み付きそうなガンバといった風情のスティッチとか描きました。正直「見せられないよ!」って感じです。

それではまた明日~
[PR]
by tsujihatago | 2010-09-08 20:00 | TRPG
レポートしないJGCレポ~一日目~
JGC参加者の皆さんお疲れ様でしたー。

今年もFEARさんのお手伝いに行ってまいりました。例によってJGCレポと銘打ちながらも手伝いをしに行くことこそが目的だったためゲームなんかは一切やっておりませんから、そういったレポは期待しないでくださいませ。


当然のことながらJGCは健全なイベントでして、不健全な暮らしをしている私はそれに合わせてだいたい一週間位前から活動時間帯の調節を行います。
そういう下準備もありましたから今回は健康的なコンディションで挑めたのではないでしょうか。


あ。

この日記を見てる人は概ねJGCに関しては知ってると思いますが、一応説明しておきましょう。
JGCというのはホテル等の一部を借り切り、全国から集まった企業、ゲーマー達がTRPGやボードゲームにカードゲーム等アナログゲームに二泊三日の泊り込みで遊びまくるというイベントでございます。


さて千葉という名の未開の土地から森を掻き分け山を拓き、海を埋め立て街を築き、艱難辛苦を乗り越えて、花も嵐も踏み越えて。
京浜東北線に乗るため上野に辿り着きまして。そこで昼飯を食べることにもいたしました。

今回は一人で上野に行くとちょこちょこ利用するアメ横内の回転寿司。
お安く味もなかなか美味いという事で結構お気に入りだったりします。
流石に回転寿司で写真をパシャパシャ撮ってるのもどうかと思うのでそういうのはありませんが、エンガワの炙り西京味噌乗せと鮭の炙り西京味噌乗せが凄く美味かったっス。ツボはまった。炙り寿司のとろりとした濃厚な味と舌触りに加えて、香ばしさをぐっと増してくれる感じです。

さて食事を終えて出発…と思ったらここでトラブル発生。
事故で京浜東北線に遅れが発生です。
ただこの手のイベントごとに出る際には結構時間に余裕を持って行動するようにしてるので、一時間程度なら遅れても問題ないよう前倒ししてありますんで。そのままのんびり待機させて頂きました。

と、背後で「ちょっと、大丈夫?」という声と、どさりと何かが崩れ落ちるような音。
見ると若い女性が倒れているではありませんか。
声をかけても反応はなく、苦しそうである事しかわかりません。
駅のホームは結構な高温だったため体調を崩したのでしょう。

先日電車内で倒れる経験をした身としてはこんな時どれ程周囲の助けが必要なのかというのを痛感しているので、彼女の事は傍にいた他の人に任せて駅員さんを呼びに走る事になりました。
が、事故で電車が遅れていたため振り替え乗車等の問い合わせで改札は激混み。
なんとか通してもらって駅員さんに連絡するもどうにも対応に遅れが出るので今度は反対の改札へダッシュ。
別の駅員さんを捕まえて戻ってくるとたまたまお医者さんがいたらしく応急処置をしていただけたようです。
お陰で駅員さんに呼んで貰った救急隊が来る頃には意識を取り戻されていたようで一安心です。

と、そこで一連の事態を見ていたお婆さんに声をかけられまして。色々細かいところを聞かれたりしていたのですが、更に続いた話を聞いてみるとどうやら横浜に向かいたいのだけれど、振り替えでの移動はよくわからないとの事。

JGCは横浜プリンスホテルが会場ですし、時間に余裕もあるので乗り換え先である東神奈川までついていってあげる事に。
その間約50分。
色々会話をするうちに、駅までお子さんが迎えに来ているハズなのだけれど電車が遅れた事を伝えられないとの事だったので、てっきり連絡手段が無いのだと思っていたら話を聞いていくうちにお子さんは携帯を持っているし、自分も電話番号を覚えているとの事。
自分が携帯からかけないとかけられない、みたいに考えてたそうで。世代間ギャップというかその手の機器に不慣れという事なのですかね。
なので公衆電話からかけられることを教えてあげた後私は降車。ちょっとでもお役に立ててたらよいのですけれど。


んでもって会場到着。流石俺ちゃん、会場でも「ツジくん早いね」と言われてしまいました。どれだけ早く家出てたんだよ。
ところでエロ描きならここで「誰が早漏だコノヤロー」的なことでも言うべきですか。どうでもいいですか。そうですね。

今回は初日さえ乗り切ってしまえば深夜の活動が多い分、余裕を持ったスケジュールを組んでいただけたようで。じゃあそこはしっかり仕事しないと、とリポD片手に深夜のトークショーのスタッフまで頑張らせていただきました。

短かっ!イベントの話短かっ!
ところでエロ描きならここで「誰が短小だコノヤロー」的なことでも言うべきですか。どうでもいいですか。そうですね。

いや、裏方話っていったって別段特別何かがあるわけじゃなし、買出しに行った話しとか新作のパネル用意したなんてしてもさ(笑

って事で今年も相部屋相手は我らがエラ様こと安達くんなのでその辺の戯言は明日に回したいと思います。
[PR]
by tsujihatago | 2010-09-07 23:33 | TRPG
JGCに行く前に。GF出ましたよ!モンコレ出るよ!
てなわけでGF出てます。

http://www.fear.co.jp/

例によってTRPG生徒会とトーキョーN◎VA描いてます。
私がゆとりキャラに萌えたのはやにお先生のキャラが初めてでした…


そしてモンコレ出てます。
今回はしのさん、エラ様、すがのさん、林君に俺ちゃんとGF関係の絵師さんがずらりしてますよー。

http://moncolle.jp/

皆さんそれぞれ手にとっていただけると激しく嬉しく思いますー。
[PR]
by tsujihatago | 2010-09-02 22:09 | 仕事