<   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
大哺乳類展行ったよ!
ところは上野の科学博物館。現在ここでは大哺乳類展なるモノがやっておりまして、今やってるのは海の仲間達がテーマであります。
d0071862_056522.jpg

http://www.kahaku.go.jp/

海洋生物の骨格標本等を中心に進化の過程を追っていくのですがこれがなかなか面白い。特に頭部、歯の部分などぱっと見どんなふうに使うのかわからない、なんのためにそんな形態になったんだろうというようなのがぞろぞろしてます。

中でもインパクトあるのがシロナガスクジラの骨格標本。なんとサイズは25m。電車の車両1.5倍分の長さ。当然人間を一飲みにできるサイズなわけでして。人との比較図を見るとわかりやすいんじゃないかな、って事でコレを↓

http://blog.television.co.jp/entertainment/entnews/2010/07/20100715_03.html

ね、尻尾の先がどこにあるかも確認してくださいよ。
このでかさはハンパないっスよ。
んでもって他に面白い展示物ですがここ、クジラの髭に触れるんですよ。
絵で描くととってもフサフサしてそうなアレです。で、実際に触ってみると───

痛い。

痛ぇんす。硬いんですよ、アレ。爪と似たような材質らしいんですけど、実際爪みたいな硬さです。分厚い爪って感じかな。これで肌擦られるときっとズタズタよ!

あとセミクジラの捕食シーンなんてのも映像で確認しました。すげえ。
セミクジラって口閉じてるとこを見るとクジラだけど口開けるとモンスターだぜ。
しかも水木しげる系。
妖怪列車か野槌かって感じ。
こう書くとイメージ沸いたんじゃないかな?つまり顔面にぽっかりと丸い穴が開く感じで口が開くの。上あごとか下あごがわかるわけじゃなくただ穴。一人SANチェック物でした。

他にもトドやアザラシみたいなでかい生き物の模型とシロクマの模型の比較とか面白いのがいっぱいでした。

残り少ない夏休み、ちょっと涼みがてらに二本屈指の博物館の中をふらっとしてみるのも良いのではないでしょうか?


平日の方がすいてるけどね。
[PR]
by tsujihatago | 2010-08-29 00:56 | 雑学
ひとごとではないヨ
それは先日のことでした。

久しぶりにメシがメインで外出した折の事です。コミケの打ち上げで酒二杯程飲んでもコンディション的に問題なかった事もありまして、もう何ヶ月かぶりにビールを頂いたんですよ。ええ、ほんの生中一杯です。

駅までの帰り道、ビールを飲んでから約一時間。水分もジョッキで烏龍茶を二杯頂いてましたし、足取りにも問題なかったんで電車で帰路に着いたんですが…甘かった。

ラッシュアワーです。
いや、コミケの時もラッシュアワーに巻き込まれたんですが、今回は立って帰らなければならないという新たなハードルがあったのです。
腕を上げっぱなしにしてる状態で押し合いへし合いされてるうちに次第に頭に血が回らなくなり引いていく血の気、回る視界、遠のいていく意識。

ついに身体を支えきれなくなり膝から崩れ落ちる私を背後にいたおじさんと、一つ前の駅から乗ってきたカップルが支えてくれました。あまりに顔色が悪いのと冷や汗が酷かったので気にしてくれていたみたいです。ありがたい。

目こそ開けていられない状態にはなっていましたが、その間かけてもらっていた「大丈夫ですか?」「次の駅までもう少しですから」と何度も声をかけていただいたのは覚えております。

その後おじさんが駅員さんを呼んでくれて、その間にカップルの方が自販機で冷たい水を買ってきてくれてと大助かり。
三人にお礼を言った後、駅員さんにしばらくベンチで風に当たって休む旨を伝えてから20分程で手足の感覚も戻り再び歩き出せるように。

いやー、通りすがりの三人が助けてくれなかったらどんな事になっていたことやら。この場を借りて改めてありがとうございます。ホントに助かりました。

この猛暑が続く中では色々体調崩す要因がいっぱいです。皆さんも体調管理には気をつけてー。
[PR]
by tsujihatago | 2010-08-25 23:03
クルンテープに行ってきたよ
インセプション見に行った時の事なんですがそこで食事もいたしまして。
例によって場所が新宿でしたからまた新しいお店の開拓を、なんて思って入ってみたのがこのお店、クルンテープでございます。

http://www.thekrungthep.com/

二件あるみたいだからクルンテープ2の方に入った事になるのかな?

頼んだのはスパイシーコース

一品目がカニのすり身入りカニ爪フライ
d0071862_21475625.jpg

ただカニ爪のフライにしてしまうとちょっと身が物足りなくなりそうなところを、すり身を目いっぱい詰め込んでくれているのでほっくほっくのぷりっぷり。それがカリカリのさっくさくな衣に包まれ、甘くて酸っぱくピリッと辛いスイートチリのソースを絡めて頂くわけですからこのたまんないです。自分がいままで食ったカニ料理の中では一番好みかも。

二品目は鶏肉のココナッツミルク入りスープ
d0071862_21483910.jpg

味的にはグリーンカレーに近いかもしれないですね。舌触りもまろやかなココナッツのスープで鶏肉がやわらかく煮てあります。複数のスパイスがいい感じに絡み合ってて、ちょっと日本のご家庭では再現難しいタイプの美味さです。器として出てきた壷も何気に可愛くてイイネ!

三品目は渡りガニの唐辛子炒め
d0071862_2149364.jpg

炒める過程でカニの身の繊維の隅々までソースがしみてるのか、カニの身をかみ締めるとカニのスープになってじゅわっと美味しい味が広がります。ただ甲羅ついてるから人によっては食べづらいかも。
今更だけどこのコースはスパイシーで汗かくからデートには不向きだぞ。多分カニで手が汚れたりだんまりになるのも含めて(笑

四品目はタイ風牛肉のスパイシーサラダ
d0071862_21502787.jpg

牛肉はひき肉状態で一度炒めてあるので牛肉の味と香りの脂が隅々まで絡んでます。これを野菜と一緒に頂くわけで…うん、もっと野菜があっていい。もりもり野菜を食べたくなるお味です。

五品目はまながつおのスパイシーソース
d0071862_21513182.jpg

お魚を一度フライにしてからソースで南蛮漬けのようになっております。香ばしさはありますがソースを吸った衣はしんなり。かなり日本人向けなお味な気もします。白米欲しくなるお味。そろそろお腹いっぱいなボリューム(笑)

六品目は豚肉のレッドカレー&ライス
d0071862_21514830.jpg

豚は硬くなく、けれど食感もしっかり残して噛む度肉汁が美味しく、生姜の効いたすっきり辛いレッドカレーにぴったり。もしお腹いっぱいになってなかったら最近食べたレッドカレーの中でトップだったかもしれぬ。

七品目はココナッツのアイスクリーム
d0071862_21524126.jpg

上にかかってるのはパパイヤかなんかの種なのかな。ココナッツの濃厚な味と香りがここまでのスパイス攻勢でテンション上がった舌を優しく癒してくれたりします。
添えてあるホイップクリームにもココナツツの香りがついてたりでとっても美味しい〆のデザートでありました。

そんなわけでたらふく食べてまいりました。リョウがたっぷりしてた、という事以上に美味いっス。味と値段と量のバランスを考えると結構お得感あるんじゃないでしょか。
いい具合に辺りのお店を発見した気分です。

今度はランチタイムを狙って行ってみよう。
[PR]
by tsujihatago | 2010-08-21 21:53 | 飲食
インセプション見てきたよ
そんなわけで久しぶりの映画話でございます。

今回見に行ったのはこちら。

http://wwws.warnerbros.co.jp/inception/mainsite/
d0071862_1343387.jpg

監督はダークナイトのクリストファー・ノーラン。
主演はレオナルド・ディカプリオ。

人の記憶に潜り込み、重要な情報を盗んでくる術を持つ主人公。
彼が今回請け負うのは初の仕事。「記憶を植えつける」。
植えつけた記憶に違和感があってはそれが偽りとバレてしまう。人の心の中にどうすれば現実体験と区別のない記憶を受け付けられるのか。そしてその仕事に拒否反応を示す主人公に一体何があったのか。
d0071862_1351747.jpg

夢見がちな若者の夢が大切な人を傷つける。けれど夢から覚めるまで少年はそれに気づく事は無く、夢から覚めたその瞬間から少年はもう大人。心躍る夢を見る事はもう無く、夢に責任を取るために生きている。
夢という名の牢獄に囚われ続ける人々のその先には果たしてどんな現実が、あるいは夢が待ち受けているのか───

おそろしくいい加減に説明するとこんな感じ(笑

別段夢を取り扱うからといって哲学的な難しいお話にはなりません。
Drパルナサスやアリス・イン・ワンダーランドの様に夢の持つ理不尽などろどろした雰囲気をヴィジュアル化したお話というわけでもありません。

夢という自由な演出ができる世界をあくまでアクションの舞台装置として利用した、って感じです。
d0071862_1355631.jpg

主人公が集めたチームがバラバラな場所にいるにも関わらず、それぞれの行動がリアルタイムに他のメンバーに影響を及ぼす。ちょっとTRPG゛こういうクライマックスフェイズやったら楽しいだろうなあ、と思った次第です。
[PR]
by tsujihatago | 2010-08-19 01:36 | 映画
夏コミお疲れ様でした
今年のコミケもあっちゅう間でした。きっと冬コミもあっちゅう間でしょう。

参加した皆さん、暑い中お疲れ様でした。
スタッフの皆さんお疲れ様でした。
そしてうちの本をお買い上げくださった皆さん、ホントにありがとうございました!

来年の事を口にすれば鬼が笑うと言いますが、今年のうちの事ですし申し込み締め切りも近いという事で冬コミの事も考えないといけないですよね。
ってぇ事で次は今回と同じく東方エロであやや描きたいなあとか思う次第なのですが、ニャル子さんエロも描きたいなあなんて思う次第で。
よろずエロのスタンスで行きつつ合間にN◎VA本作っていこうかなあと思います。

とにもかくにも改めまして、皆さんお疲れ様でしたーっ!
[PR]
by tsujihatago | 2010-08-15 20:53
いよいよコミケ開始ですよ
さてさて日も変わっていよいよ今日から三日間、コミックマーケットこと夏コミの始まりです。

皆さんテンション等上がって当然ですが世間様の目もありますのでいわゆる常識は守って、スタッフさんの言う事をよく聞いて、取材の方への発言は気をつけて。
怪我しないように、させないように。倒れないように、誰かが倒れそうなら助けてあげて。

レイヤーの方、特に着ぐるみ系の方。脱水症状には気をつけて。
若かりし頃、友人に頼まれゴッドマーズを着ていた私は夏の暑さに耐えかね脱水で倒れた記憶があります。いい思い出です。
そうして立ち上がれなくなったゴッドマーズに見ず知らずのマジンガーZのおじさんがポカリをわけてくれました。いい思い出です。

水分はちゃんととりましょう。
塩分だってとりましょう。
っていうか飯食いましょう。

そして参加した人全員が楽しめるイベントにしてください。

それでは参加者の皆さん会場で。

委託参加:金曜日 東地区“ハ”ブロック-29a

正式参加:土曜日 東地区“フ”ブロック-44a
(エロはこっちだけなので注意)
[PR]
by tsujihatago | 2010-08-13 02:20
N◎VA本も間に合ってますよ!
そんなわけで夏コミでイカロスの虜囚vol2が出ますよ!

林啓太先生のDiceHeadさんにも委託させてもらう事になりました。

スペースは金曜日 東地区“ハ”ブロック-29aになりますよ。

咲夜本の方は土曜日からになりますでその辺はご注意をー。

d0071862_22312048.jpg

d0071862_2233138.jpg

d0071862_2232313.jpg

d0071862_22322152.jpg

d0071862_22341844.jpg

[PR]
by tsujihatago | 2010-08-07 22:34 | 仕事
狂気山脈が映画化しますよ!
デル・トロ監督、キャメロン監督のサポートで初3D映画に着手

http://eiga.com/buzz/20100730/7/

そう!あのクトゥルーの狂気山脈ですよ!しかも3Dですよ!てけり・り!てけり・り!
アバターのキャメロンのサポートを受けつつヘルボーイでモンスター描写に実績のあるデル・トロ監督!

基本的にモンスターパニック物って苦手なんだけど何故だろう、クトゥルーと聞くと恐怖心を好奇心が上回るのは(笑

おそらくクトゥルー特有のねっとり這い寄る不気味な絵作りになるか、あるいは二人がはっちゃけてケレン味たっぷりの一大スペクタクルな映像美で迫るモンスターパニックになるか───なんとなく一般受けしそうという理由で後者になりそうな気はするが、そのどちらかではないかと思います(笑

ともあれオタ業界でもクトゥ人気は根強く、とうとうコンビニでクトゥルー本が入手できるこの時代。
折角ホラーが似合う季節であるわけですし「信じらんなーい、クトゥルー童貞が許されるのは小学生までだよねー!」と笑われてしまうのも癪でしょうから映画が始まる前に何がしかの作品に手を出して、デート先で「このショゴスってヤツはオールド・ワンと呼ばれるやつらと云々」と薀蓄を披露し「キモッ」と一笑に付されるプレイのためにちょっと手を出してみてはいかがでしょうか。
[PR]
by tsujihatago | 2010-08-03 21:04 | 映画
辻風の単行本が電子書籍になりました!(18禁注意)
というか何ヶ月か前になってます。

http://www.dmm.co.jp/digital/book/-/detail/=/cid=b079akroe00018/

もっと早く告知するべきだったんですが、いろいろあって告知が遅れてしまいました。色々ありまして。ぐぎぎ。

そんなわけで私ツジヤスノリこと辻風の単行本、「後ろから前から」が電子書籍として出版されました!
「部屋に置くスペースが無い」「同居人に見られたくない」「子供がいるので手の届くところには…」「奥さんの手前…」「店頭に見あたらねーよ!?」etc…

そんな諸問題を解決してくれるのがこの電子書籍版でございます!
もし購入し損ね枕を噛んで涙を流しながら一人寂しい夜を過ごしているのなら、一家に一冊と言わず二冊三冊というペースでお買い上げ頂く…と逆にプレッシャーですので。気が済む程度にお買い上げください。そしてプレッシャーをかけてやろうという方は二冊でも三冊でもどーぞ(笑
[PR]
by tsujihatago | 2010-08-01 20:49 | 仕事