<   2010年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧
GF出たよ
そんなわけでゲーマーズフィールド14-3、発売されました。

いつもより分厚くボリュームたっぷりです。読み応えもばっちりです。

例によって私はN◎VAとTRPG生徒会描いてます。
今回のN◎VAはおっぱいですおっぱい。いや、俺の担当がおっぱいなだけでやにおさんのテキストの方はかっこいいです。

皆さん見たってくださーい。

http://www.fear.co.jp/
[PR]
by tsujihatago | 2010-02-27 22:42 | 仕事
ちりり食べたよ
先日映画を見終えた後津田沼に出かける用事があったんでそちらでご飯を食べてきました。
かつてサンペディックがあった場所には現在モリシアがございます。サンペディックがなくなった際に揚州上人がなくなっちゃったんで、美味しい麺類が欲しいなあ、と思ってたわけなんですけれどそこで見つけたのが「ぐうの音」
いわゆるうどんの店でございます。

http://r.tabelog.com/chiba/A1202/A120204/12006880/

ちりりというのはこの薄切りの豚のことらしいです。なんかお湯の熱でよじれる様だったか脂が溶けて出汁の上に広がってく様だったかから来てるんじゃなかったかな?すいません、行ったの結構前なんで。
d0071862_20503634.jpg

うどんのもっちりむっちりしこしこした感じの食感は程よく、暖かいカツオ系のお出汁でした。お肉が入っているにもかかわらずさっぱりなお味なんですが、私のオーダーは揚げ餅入り。
香ばしくさっくり揚がって出汁をよく吸うけれど、揚がった表面のさっくりした感じはそのままです。
噛めばさっくりじゅわっと広がる出汁と豚の脂の絡んだ味が香ばしく口の中に広がり、その内側のお餅が柔らかくとろけます。ぶっちゃけこれだけでもいいや(笑

他にもゴマダレベースのものもありました。豚とゴマダレが合わないわけはないですから、お腹がすいてる人はそっちの方がボリュームがあるんじゃないでしょうか?

お値段は「うどん」という響きからは若干お高めですが、その分丼がでかいので満足はするんじゃないかと思います。
冬場の寒いうちに召し上がれー…と言いつつ冷やしうどんもやってるので夏場にも行ってみることにしよう。
[PR]
by tsujihatago | 2010-02-25 20:50 | 飲食
ウシマロ食べたよ
久しぶりの飲食ネタでは珍しく甘いもの系のネタ。
今回食べたのはウシマロという食べ物でございます。

http://www.bellunafoods.com/belluna/7.1/A-049-07/

成田ゆめ牧場の牛乳を使ったマシュマロなんですが、卵白を一切使用していないんだそうで、確かにマシュマロなのでしょうが食感、味わい共に別物といった方がいいでしょう。
マシュマロの表面がさらっとしているのだとすれば、ウシマロはしっとりしています。唇で引きちぎるようにするとむっちりとした弾力が返ってきて口の中一杯に牛乳の濃密な香りが広がります。
まさに新食感でございました。
d0071862_20461121.jpg

んでもって今回そのウシマロを頂いたのはこちらのお店。

http://www.momom.me/index.html

成田ゆめ牧場直営のカフェ「momom(もーまむ)」です。
この時頼んだのはケーキセット+ウシマロ。
牧場直営のお店なので、ここはあえてコーヒーではなくホットミルクをオーダーしました。
このホットミルクがですね、濃厚で舌に残るような舌触りとふんわりとした優しい甘さを持っていたりで素材の味が生きてるって言うんでしょうかね。とっても美味しかったです。

ホームページを見るとオサレ度が高く一見入りづらいですが実物はそーでもなかったので皆さん安心してどーぞ(笑
[PR]
by tsujihatago | 2010-02-23 20:46 | 飲食
仮面ライダーW見たよ(23話目)
そんなわけで毎週恒例の仮面ライダーWの感想でございます。
今回はゲストが水木のアニキだったりしてるところがチェック項目だったりするわけで、歌手がゲストに参加というと響鬼なんかを思い出すわけで。さあ今回はどんなお話なんでしょうか?
仮面ライダーWの始まり始まり~

・フーティックアイドルってあれか、イカ天みたいなもんか(古

・当たり前なんだけど歌上手いな、クイーン&エリザベス。
d0071862_23164420.jpg

・水木のアニキきた!でもなんか審査員皆がとっても辛口。お前ら全員サイモン・コーウェルか!…ってそういうコメントが売りなんだったらますますアメリカンアイドルね。

・一瞬ジミーが南京玉すだれやってるのかと思った。流石にそこまでエッジではないか。

・周りのリアクションやべぇwww聞くとお腹痛くなったり息ができなくなるって下手したらジャイアン以上だぞwww

・あれれ?OPが専用になってる!?これはあれか、自分達のプロモ映像でWに出てもらったからそのお礼とかそういうことか。

「かっこよく言うと我流です」ってヤツだな。

・勉強したほうが楽しめる、ではなく勉強しないと楽しめない、ではあかんじゃろ。

・翔太郎、同属嫌悪かよ!まあハードボイルドも自己満足になること多いしね。

・尻彦さん…あなたのお嫁はもうあなたの事を忘れてしまいました…

・正式幹部になっても相変わらずなのね、若菜姫。娘の姿をちょっと困ったような振る舞いを見せてるパパは可愛いよね。腹の内はわからんけど。

・ちょwwwwフィリップ目立つ気満々じゃねぇかよ!命狙ってるんだから自重しろよ!

・「僕たちは二人で一人の仮面シンガーだ!」

・一方照井さんは真面目に仕事していた。

・あ、二人とも歌上手い。つまり今日はキャラソンの販売促進を兼ねたギャグ回ですね?

・フィリップにきゅんきゅんきてる若菜姫かわゆす。パパが一緒にTV見てなくてよかったね。
d0071862_23174367.jpg

・ドーパントやられるの早いな。

・アニキをゲストに呼んでおいて「金で買収された」なんて汚れ役をさせるとも思えないから洗脳されてるオチかな?

・すこんぶwww照井さんまでギャグ回の餌食にwww
d0071862_23192687.jpg

・いや、八つ当たりするなってこのタイミングでんなこという翔太郎が悪いだろ(笑

・「センスないくせにかっこばかりつけてる」という自覚はあるのね。

・路上詩人のおじさんちょっとセンスある気がするw

・「コ…っていうかアラサー」って酷い言い方だな。

・げげーっ!?東映ロボットガールズ!?まさか声つきで見る日がこようとは…

・あ…れ…?お医者さんの脇にかけてある黒い服って…

・ああ、無理やりにでも何かに夢中になってないと生きてく気力を維持できないのね。自覚しちゃうと何かと大変そうだなあ。

・犯人だったんじゃなくてそれに依頼してたのね。一週目にそれを明かしてきたって言う事は来週展開に+αがあるのかな?

・ライアーと言われるとライアーゲームよりライアーソフトを思い出します。サフィズムの幻想好きでした。美少女は世界の宝だー

・「俺を馬鹿にしたむくいだ…」って照井さん出てきて以来あなた私怨でしか戦ってませんよ。

・ルナトリガーで援護しながらアクセルがインファイトって隙無さすぎだろ。既にアクセルとのコンビネーションが完成してる気がする。

・「あの子は信じられないくらい才能が無いんだから!」って、これはジミーのダメージ激しくでかいな。

・うわーっ!やっぱりお医者さんがウェザードーパントだったぁー!?お前が+α要素か!

・裏の診察、って響きがエロイよね。

・ちなみにウェザードーパントはVガンダムなんかでクロノクルの声あててた人です。

・ギャグで笑いを振りまきキャラソンのCMしつつ、裏でしっかりウェザーの顔見せなんかも進行させる良回だったんではないでしょうか。この調子で来週も笑わせてくれるのか、それともジミーに自分を重ねる翔太郎のシリアス回になるのか。楽しみに待つ事にしましょう。
[PR]
by tsujihatago | 2010-02-21 23:20 | 特撮
Dr.パルナサスの鏡見てきたよ
実はアバターを見に行った際、もう一本映画を見てまして。
それが「Dr.パルナサスの鏡」でございます。
d0071862_21392139.jpg

d0071862_21401414.jpg

かの「バットマン:ダークナイト」でジョーカーを演じたヒース・レジャーが主演だったのですがこの映画の撮影中に亡くなり、広告には「渾身の遺作」として銘打たれています。

ヒースが亡くなった事で一度は完成も危ぶまれましたが代役を立てる事が決定。
あのトム・クルーズからの申し出もあったものの監督は「ヒースの事を理解している人間で無ければならない」とそれを断り、ヒース・レジャーの親友であったジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの三人が別世界での主人公を演じることで完成にこぎつけたそうです。



夜の街中を進む移動式の劇場を運ぶ大きな馬車。
街行く人々を呼び込むその一行の出し物は「Dr.パルナサスの鏡」。
その鏡をくぐれば馬車の中とは思えない無限に広がり人の願望を叶える
巨大で妖しげで不思議な世界。
長くそこから逃げ出したいと願っていた少女、新たにその輪に加わる来訪者、パルナサスに近づく怪しい男。
人の心の光と闇を描く事に、物語のみでなくヴィジュアルから描くダークファンタジー。

その特殊なストーリー展開は見る人を選びそうですが、『世界観を設定ではなく絵で語った』といっていいでしょうそのヴィジュアルは必見。
綺麗なだけでなく、汚いだけでなく、そのどちらもが綯い交ぜになった人間の内面をあなたも覗いてみませんか?

まさに夢の中を行き来しているような映画で、結構なお気に入りとあいなりました。俺の中のモノトーン・ミュージアムはこの辺のイメージかな。主人公達一座の馬車の異様さと綺麗な町並みのギャップがとってもステキです。

余談ですがヒースの代役として参加したジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの三人はこの映画の出演料全額を残されたヒースの娘に寄付したそうです。
自分のこの表現力では言葉足らずで陳腐な言い方しかできないけど、いい話だよね。


http://www.parnassus.jp/index.html
[PR]
by tsujihatago | 2010-02-20 21:40 | 映画
アバター3Dで見てきたよ(ネタバレ無し)
そんなわけで見てまいりました、ジェームス・キャメロン最新作、噂のAVATAR
d0071862_1893560.jpg

時は22世紀、人類はついに他惑星への進出を開始。
そこで出会ったナヴィと呼ばれる原始的でありながら、自然と調和して暮らす異種族と、彼らが住まう緑に囲まれた人類には住めない土地。
彼らの土地から産出されるレアメタルを求める人類は、ナヴィと人類とを掛け合わせて作られた肉体(アバター)を作りだし、外部からそれを操ることでナヴィ達の中へと紛れ込んでいく。

色々なところでよく聞く評価ですがストーリーは激しくベタで、ネタバレも何もない感じではあるんですが。

映像がすごいという評価も全く偽りございません!

3時間という長尺ではありますが、緻密に描かれた3D空間がそれを飽きさせません。

草花が手前で揺れてて空を見上げれば巨大な島が浮いてて更にその奥があって、とただでさえ奥行きを感じさせることに定評のある3Dを物の配置で更に奥深く演出していたり。
飛び散る水しぶきや舞い落ちる葉が視界を掠める事が。より自然な空気を形作ったりするわけで。
キャメロンにとって3Dとは空間を描くための道具ではなく、世界を描くための道具だったのだ、と思えるような映像日。

当然のことながらアクションシーンも息を呑みます。迫る巨大生物やアクションものお約束の落下シーンは奥行きを感じるようになったためにスピード感も増し、まるで画面に引き込まれるような気になります。

マトリクス以前と以後で映画の映像が変わったように、アバター以前と以後で映画は変わるかもしれない。そんなふうに思わせるようなパワーを持った映画でした。

あ、でも自分が3D慣れしてなかったせいかもしれないけど途中激しく3D酔いしてまいました。
ストーリー云々の話もしましたが、その3D酔いで気持ち悪くて目を閉じてる時間がいくらかあったので、重要な字幕とかを見そびれてる可能性はあります。座席も前のほうだったからナヴィ語の字幕は全く読めなかったしね(笑

http://movies.foxjapan.com/avatar/
[PR]
by tsujihatago | 2010-02-18 18:10
仮面ライダーW見たよ(22話目)
そんなわけで遅ればせながら見ましたよ、仮面ライダーWの22話。
更新が遅れてしまいましたが感想の方をまたつらつらと書いていこうかと思います~

・今日からゴセイジャーの始まり始まり~。

・今回はまだピンとこないので感想はいいかな。二本書くの大変だし(笑

・そんなわけで仮面ライダーWの始まり始まり~。

・視聴者からもバレバレでしたからねw

・照井はまだ復讐者に感情移入しちゃうのね。ホントはそこも止めて法の裁きを受けさせるべきではあると思うんですが。

・メモリ捨てないジャスミン。「~したらやめる」が「もう少し」「あとちょっと」になった時点で危険よね。

・「俺に質問するな…」平成ライダーって他人に壁を作ることが多いよね。自分には自分の生き方がある、みたいなの。やっぱ個人主義が広まったからかすら。

・今回のナマクラさんはいいよね。KYだしけして有能ではないけど裏表のない正義漢であることが伝わってきて。

・久しぶりにフィリップと翔太郎が正面からぶつかってますな。

・なんかフィリップに上手く操縦されてるw

・でも本当にハードボイルド探偵なら目標を途中で「あいつは大丈夫」って言って目を離しちゃうのは無しだよね。確信があっての行動じゃなくて「そうであって欲しい」って願望が基準なんだもん。

「ポルナレフ…お前の妹はい~ぃ声で鳴いたぞ~?」(千葉茂版で)

・なんだかWってジャンプネタ多いよね…って照井ーっ!?

・一人で組織を探るっていうのだって危なっかしいんだから翔ちゃん止めなさいよ。

・と思ったら邯鄲にお姉さまにたどり着いてる。案外安全だった。

・太腿露にお姉さまを組み敷くジャスミンエロス…!
d0071862_17433156.jpg

・ってなんだよ、作戦かと思ったけどジャスミン既に心折れてんのかよ!風都の女キャラはなんでこんなにタチが悪いんだ!

・逃げてーっ!なだぎ逃げてーっ!

・クイーン達と朝カラに行くノリを見ててちょっと思った。これって探偵物語で工藤ちゃんがストリッパーと話してる時のあのノリだよね。

・振り付け完璧すぎる…って電話の扱いヒドス。

・…超常犯罪課って完全に窓際だな。

・警察署の前で押し問答してる困ったフィリップ可愛い。どんだけコミニケーション能力低いんだw

・なだぎさんwwwそのハンガー振り回す武田アクションはマイナーすぎるよwww

・ジャスミンはスパッツはいてました…orz
d0071862_1744558.jpg

・フィリップがアクションしてるー!そして「このタイミングで出なければ絶交だ!」っていうふてくされ感が良い。

・元々感情を表に出さないキャラだから、今回みたいに困ったり怒ったりするとそこにギャップ萌えが発生するわけで、それが相方が原因だったりする事で更にカップリングの可能性へと広がったりするわけだな。ちぃ、覚えた。

・ファング何発撃たれてんだよ。随分頑丈だなあ。

・Tレックスの時みたいになってるうぅぅぅっ!?

・CM明けには既に切り捨てられて敗北予告されてしまうジャスミン…まあ外道ゆえ致し方なし。

・レイプ後みたいな照井さん。
d0071862_17442317.jpg

・なんか今回の話、翔太郎が役に立たな…げふんげふん。いや、ボンクラ…げふんげふん。

・おおおっ!巨大化した!?アクセルにもフルCG戦闘シーンが…って即座に接触事故か。

・これが噂のコレジャナイロボ。

・派手な登場ではあるが派手さのない必殺技なイメージ。

・ホント今回何してんすか翔ちゃん。

・マッキーいいキャラだなあ。ところで所長、経費とかはまけたのに何で基本料金割り増ししてんのw

・なんか次回水木のアニキが。
[PR]
by tsujihatago | 2010-02-17 17:44
現実を3Dが侵食する。
皆さん先日まで大阪に巨大なアヒルちゃんがいらっしゃってたのをご存知ですか?
ちょっとやそっと腹が立ってても見るだけで気抜けしてしまいそうな可愛いデザインの巨大アヒルちゃんです。
http://www.namura.cc/ahiru/

ちょとニコ動を見てたらその現地の状況を撮影してきたという人がいるのでちょっとその動画を見てみました。まあ現地で見たという人もここは一つ騙されたと思ってご覧くださいな。




・・・増 え て る う う う ぅ ぅ ぅ ぅ っ ! ? 

以前のアナログマでも思ったけどこの人のCG技術マジぱねぇっス。この人がいる限り俺の中で広島は新宿を凌ぐ魔界都市だぜ。


さてこちらはその魔界都市で行われたお祭り風景。
いいですね、やはり日本の伝統行事は心が落ち着くというか、やっぱり自分は日本人でよかったという思いに…思いに…




なんかいっぱいいるうぅぅぅぅっ!?

やべーよ、はかりしれねぇーよ広島。
あー、早く電脳メガネが開発されないかなあ…
[PR]
by tsujihatago | 2010-02-13 15:01
トップ10読んだよ
さて先日映画を見に行ったときの話なんですが、当然そこまで外出するとなると本屋にも寄る事になるわけだ。

場所は新宿紀伊国屋。

フラフラと店内を歩いて回ってみるとアメコミコーナー以外の場所にアメコミが平積みされているではないですか。
「なんぞ、これ」と思いながら見てみると、そこに作られていたのはアラン・ムーア・コーナー。
ウォッチメンやらキリングジョーク等が並ぶ中、私の目を引いたのが「トップ10」でした。
d0071862_21302589.jpg

街の住人全てがスーパーパワーを備えた巨大都市ネオポリス。そこで起きる数々のその街の治安を維持するために結成された警察組織「トップ10」。
主人公は新たにトップ10に配属された新米女刑事ロビン・スティンガー。
その相棒になる長身マッチョの不死身の肉体をロングコートに包み、力で事件を解決するジェフ・スマックス。

並ぶと頭二つジェフの方がでかかったりする身長差&年齢差カップルですよ!

まあそういうカップリング萌え的な話はさておき。

時に陰湿で陰惨な犯罪も起きるものの、ウオッチメンやキリングジョークと違って犯罪への接し方がもっと陽性です。
画面全体の色使いも明るく、例え事件が起きた後でもその次の日には明るい明日がやってきそうな印象を抱くというか。

主人公達は確かにスーパーパワーを持っているものの、物語の本質はヒーロー物ではなく、刑事物です。
明るい未来がやってきそうなのはトップ10の面々が命がけで街の未来を守っているからなのです。

そんなトップ10の連中も個性派揃い。

現場で皆を取り仕切るのは強化外骨格を身にまとった人間並みの知能を持つアロハが似合うドーベルマン、ケムロ。

縮小化能力を持ち、自らの体を小さくして死体に潜り込む検死官サリー・ジョー。

非実体化能力を持ち物質を透過するレズビアンのジャッキー・コワルスキー。

重火器満載のパワードスーツを身にまとい、リストラされた夫の変わりに働く二児の母、イルマ・ウォーナウ。

などなど出てくる人全てが個性的のでとてもでは紹介しきれないんですが、個性的なだけでなくどっかで見たような連中も出てきます。
そう、この漫画。パロディの方もいっぱいです。

知性に目覚めたネズミを撃退するために送り込まれるスーパーキャット。その猫を鼠がワッフル焼き機で撃退するというトム&ジェリー。
50年以上前にムービースターとして活躍した怪獣王の息子だという黒色のゴツゴツした肌と太い尾を持つというチンピラトカゲは明らかにゴジラネタ。
もう通行人までひっくるめてそんなネタが盛り沢山。

ラストに向けてバラバラにおきていた事件が繋がっていくところとかもわくわくしますし、面白さ満点のアメコミでした。

あくまで自分の趣味的な話ですがアラン・ムーア物では一番好きかも。ほら、明るいから読み返しやすいんだよね(笑
[PR]
by tsujihatago | 2010-02-11 21:30 | 漫画
「カールじいさんの空飛ぶ家」3D見てきたよ
新年会に出るべく久しぶりに新宿まで出かけたんですが、せっかく新宿まで行くなら何か映画を見たいなあという事になりまして。

見たい映画は結構溜まってたんですが色々あって「カールじいさんの空飛ぶ家」を見てきました。
ハルヒも見ようと思ってたんだけどバルト9とピカデリーを間違えたせいで間に合わなかったとかそんな事はないですよ。ああ、ないともさっ。
d0071862_13203662.jpg


まあ勿体つけずに感想を言うとですね



すっげー良かった!



新年会でも言ってましたが開始5分の回想シーンでもう泣いた(笑

宮崎駿さんの「追憶のシーンだけで満足した」というのも納得のクオリティ。

冒頭をざっとネタバレしないレベルで説明すると
「自分の愛した妻に先立たれた。自分には愛する彼女と暮らしたこの家しか残されていない。だから自分の全てであるこの家と一緒に、叶えられなかった彼女との約束を果たすために旅に出る」
って感じなんですよ。

その旅立ちはとっても寂しく、けれどロマンを感じてしまうのはやっぱりカール爺さんが奥さんを愛してたからで、いたるところでその愛の深さが描かれるのよ。

で、寂しいのは愛した人がいないというだけでなくカール爺さんにはもう何もないって事なんだよね。旅立ちの時に街を見下ろす視線は苦々しげで、街で過ごした記憶は振り返らないんだよね。

つまりカール爺さんにとって思い返せる楽しい過去は奥さんが隣にいた時だけなんだよ。

幼い頃に運命的な出会いをした幼馴染で恋をして、引っ込み思案だった自分を変えてくれて、もうその人しか目に入らない。そんな思いを抱えたまま寄り添うように暮らして、不幸な事にも見舞われたけどそれだって二人で乗り越えて幸せな時間を過ごせるようになったんだよ。

そんな相手にめぐり合ってステキな時間を過ごしたからこその旅立ちなわけだ。開始10分の回想でその辺の描写かな。プロポーズの言葉とかがあるわけでなく、二人を襲った不幸も詳細な説明があるわけでもなく、むしろ音楽だけで想像力を刺激して行間を読ませる感じ。そりゃ泣くわい(笑

そんなわけで開始5分で泣いて映画を見終わるまでに泣いた回数系四回。「カップルで見て欲しい映画です!」と思いつつ一人で見に行かないと結構恥ずかしい事になるかもしれません。
だって映画終了後の男子トイレにいた人皆目が真っ赤だったもん(笑

さてこの映画がお涙頂戴映画かというとそうでもなく、偶然一緒についてきてしまった少年と偏屈なおじいさんの心の触れ合いやコミカルなシーンも多くあります。
上記の通り奥さん以外に壁を作りまくってた頑固なお爺さんだからこそ少年に心を開いていくシーンとか心温まりますし、ラスト間近のアクションは緊迫してるシーンであるにもかかわらず、そこはディズニーらしく会場中が「ぶっ」と吹いたりする楽しさに満ちていたり。

ベタな表現ではありますが「泣いて笑ってわくわくできる大人のためのディズニー映画」って感じじゃないでしょうか。
そろそろ公開期間も終了かもしれませんがオススメな一本です。


んでもって3D部分の感想。
3Dは『飛び出す』というより『奥行きを感じる』という方に働いています。そうする事で落下しそうになるシーンとかは画面の中に引き込まれるような感じで、ディズニーがアトラクションを通して磨いた技術が上手く還元されてる感じ。
これからの映画は3D化が進んでいくというならこの辺りを考慮したカメラワークが求められるようになるんだろうなあ。大変そう。

予告も3Dだったけどこれはアリス・イン・ワンダーランドが楽しみですよ。

見終わった後にいささか目の焦点がちかちかする感じはしましたがその変はこれから改善されていく事でしょう。

http://www.disney.co.jp/movies/carl-gsan/
[PR]
by tsujihatago | 2010-02-09 13:22 | 映画