<   2009年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧
ディケイド見たよ(19話目)
一話目から続けてきたディケイド日記も今回である意味一段落。最初に提示されていた九つの世界めぐりもこれでラスト。この響鬼編にはいったいどんな結末が用意されているのでしょうか?

・さあシンケンジャー見るぞ。

・太夫姐さん、これ以上死亡フラグ立てないでー。

・なんか怪人の性格付けを見ているとコントの中で描かれる若者像と侍道がいかに相反するものかよく判るなw

・今回は黒子回。また黒子の中の人はかつての戦士で…っていう弄り方をするのかと思ったらどうも違うっぽい。

・見えないところで人助け。黒子さんマジ有能なご近所さん。

・親切が押し売りになってはいけないけど、でも地域住民の助け合いの精神は大事だと思う。

・黒子さんマジ優秀。

・お着替えもしてくれるのか黒子さん。至れり尽くせりだな。

・次回新戦士登場なのでその前にカジキとカブトとトラの玩具に販促をかけようと思います。

・でも巨大化したときも全く同じ手でやられるこたぁないと思うよ。

・なんだ「米」って。アレか、いわゆるテリーマンだな。

・龍騎の旗に意味が無いです!意味が無いです!炎系の響鬼にストライクベントか意味が無いです!意味が無いです!

・この期に及んでまだ暴れてる斬鬼さんと息吹鬼さんマジ老害。

・轟鬼と天鬼キターッ!

・そうか、キャラ崩壊酷すぎるとか前回言っちゃったけどこれはヒビキとアスムだけの師匠と弟子の代替わりの話ではなく、鬼全体の交代劇として描かれるのね。

・頭首が変らなきゃいけない時期なのだという事を伝えるためには必要な描写だったのでと納得。

・キンタロスって張り手したっけ。

・やっぱり鬼はチームワークとれてるからこそのかっこよさが。

・もう少しアスム少年は歳を取っててもよかったんじゃないか。

・変ったな、少年!

・でも鼻はかめ、少年!

・あれ、この川原もしかして斬鬼さんの全裸回の川原じゃ…

・今回いい人モードだね、海東。

・鬼になるけど鬼になってはならない、みたいな事を響鬼本編でも言ってた気がする。

・デビ鬼さんはせつなげな表情上手い。

・そしてデビ鬼さん相変わらずベテランらしい強キャラ扱いで素敵。それに比べて何やってんすか斬鬼さん!

・海東「べっ…別にそんなの欲しく無いんだからね!」

・自分と同じ道を歩んで欲しくは無いけど、選択するのはあくまで少年、というこのスタンスは素敵です。デビ鬼さんかっこよすぎです。

・あさくらぁぁぁぁっ!浅倉さんっ!浅倉さん!

・さっそくボコられるキバーラwww相変わらず強暴だwwww

・和解早いよ!ちょっぱやだよっ!

・実は斬鬼さんも息吹鬼さんも響鬼同様限界が近かった説はどうでしょう。何時自分が倒れても自分の弟子が次代を背負ってやっていけるように組織の基盤を固めなければいけないと、やっきになって音撃道を一つにしすべく巻物を取り合ってあんな形になっちゃったとか。

・トド…相変わらずで何よりだ…アッー!
d0071862_12501321.gif

・ザンキさんも「ヤメテッ!」じゃないだろw

・海東マジ外道。

・幾ら限界が近いからって無理矢理牛鬼にしちゃうこたないんじゃ…こう、ごく普通に邪気眼的に変身すればいいのに。

・喋るマカモー初めてかな?

『通』って一瞬ブラボーおじさんかと。通りすがり、って意味なのね。

・ちょっ…今回海東のセリフでこの音楽かかるのか!士の出番まで盗みやがったw

「言っておくけど!…ボクはキミよりもずっと前から通りすがりの仮面ライダーだ!…覚えておけ」

・ヤバイ、今回海東がかっこよすぎる。

・少年ライダー二人目か!やっぱ手足は伸びるんだな。

・少年とヒビキの決別仕方としては大分アリ。

・でも太鼓の音撃はドコドコ何度も叩くより爆裂強打の型みたく一撃で決めるのがかっこいいと思うんだぜ。

・やっぱ響鬼は巨大蟹よね。

・あれ、王蛇の出番あれだけ?

・…王蛇は祭りの会場を間違えたみたいです。

・浅倉「この扱い…イライラするぜぇ」
d0071862_12512277.jpg

・鬼がいっぱい!鬼がいっぱい!

・響鬼のファイナルは二段変形か!

・うああああああっ!初めて!初めて同時音撃が一つの曲になったああぁぁぁっ!
d0071862_12515445.jpg

・そうだよ、オロチの時にこういう音撃が見たかったんだよ!

・海東が一気に株を上げる回だったな。

・おとやん!おとやん!ヤバイ、ダキバとかオーガとかダブトとかリュウガとかがずらりと揃ってるのたまんねぇっ!

・次回と次々回は敏鬼さん。良い敏鬼さんなら士とか海東みたいにアクの強いキャラ描くのは上手そうですが。

・いやー、響鬼回は当たりだった!

・なんか明日夢が響鬼の弟子になってたらこうだったんだろうなあ、という感じ。凄く満足。ディケイドのエピソードの中では一番好きかも。


そしてここから今はせんない事となった響鬼本編を少し振り返る。

 響鬼本編で明日夢が弟子にならないという選択をした事自体はけして間違ってなかったと思ってる。
響鬼内で明日夢の出会う困難というのは、学校内の人間関係や暴力、両親の事などの困難はあくまで日常的なものであって、響鬼の弟子になれば解決するという問題ではは無いから。

そして響鬼という自分にとって尊敬できる人間を見つけた一方で明日夢が触れた父の人柄(本人には会ってなかったけど)はやっぱり尊敬できるものだったわけで。
そんな「鬼だから尊敬できる」「タクシー運転手(明日夢父の職業)だから尊敬できる」ではなく、人として尊敬できる生き方はそういった肩書きではないところにあるのだという話に好感を持ってたわけですよ。

勿論それを面白く一年描き続けるというのは難しかったのかもしれないけれど、小学校の道徳の授業で流れたTVに真剣に見入ちゃってた身としては響鬼はとっても楽しみな番組だったのです。
道徳番組のままでは玩具は売れないのはしょうがないんだろうけどね(笑
[PR]
by tsujihatago | 2009-05-31 12:53 | 特撮
これでもかというほどgdgdな初単行本発売告知。
辻風名義の初単行本が真激から発売!



…というニュースを「まだオフレコで」って言われたからだんまりしてたのに、まだうちに届いてない真激で発表されてたもんだから、ブログでもらったコメントでオフレコ解除である事に初めて気づくというgdgd状況。

えー、そんなわけで改めまして辻風初単行本が出ます。
正確な日程はまだ不明ですが八月と聞いてますが、もしかしたら既に真激に詳細出てるかも。なんてgdgdなんだ(笑
そんなわけで現在単行本作業と通常原稿が平行してるのでひーひー言ってます。
以前同人ができるんでしょうかと言ってたのはこの変のスケジュールのせいだったんですナ。

そんなわけでこれからも色々告知していきますんで、その時は皆さん応援してやったり買ってやったりお友達にも教えてあげてお友達も綺麗にしてあげてください。
[PR]
by tsujihatago | 2009-05-29 22:21 | 仕事
グインMAD
沈み込んでばかりいてもなんなので、今日の日記ではアニメのグインサーガ絡みのMADのご紹介でもしましょうか。

原作よりもぐっと超人描写が増えてたり(グインどころかマルスまで)、スタフォロス砦が辺境の砦の割りにやけに豪華な作りで砦というより城だったりで色々突っ込みたくなるのですがこれはこれで面白いんですよ。おいたんかっこいいよ、おいたん。

なんかスカールのキャスティングまで決まってた気がするんで、いっそこのままずっと続いて欲しいなあと思うのです…と思いつつ果たしてアリはTVに写していい顔なんだろうかという気もする。


こちらは恐らくアニメが放送されて真っ先に作られたMADじゃないでしょうか。アニメを見て思うにグインはファイトスタイル以上に相手を挑発するマイクパフォーマンスがプロレス的だと思います。
【MAD】 お前は虎になるのだ


後日「おっ!新しいグインMADが上がってる!」と思って再生してみたら「ネタか!またネタか!」とゲラゲラ笑い転げたMAD。何度も言うが虎じゃねぇ!
【MAD】 豹人パンサーセブン


初めて上がったネタでないMAD。かかってる曲がSHADOW SKILLだったりするのも懐かしさを誘ったり、終わることがなくなってしまった伝説に切なさを覚えたり。
【MAD】グイン・サーガ(born legend)


相当閣下がお怒りシリーズ。一昨日このMADを見つけて「よし、これをネタにして明日はグインを取り上げよう」と思って目を覚ました時にあのニュースを聞いたのでした。
総統閣下が今期のアニメを語ります。
[PR]
by tsujihatago | 2009-05-28 21:43 | アニメ
栗本先生、お疲れ様でした。
作家の栗本薫さんがお亡くなりになりました。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0905/27/news043.html

中学生の頃でしょうか。僕が初めて読んだ10巻以上続く長編小説。それが栗本先生の魔界水滸伝でした。それをきっかけに伊集院シリーズや短編にも手を出したりしましたが、やっぱり上記の魔界水滸伝、そしてグイン・サーガが思い出深いです。色んな影響を受けたと思います。

私のくたびれたオヤジキャラ好きは魔界水滸伝の加賀四郎がきっかけだったような気がします。
厨二真っ盛りだった自分に超能力も何も持たない人間キャラが怪物に立ち向かうかっこよさを教えてくれたのもこの小説でした。
マッチョなヒーローが少女との恋愛に思い悩ませるという行為が、いかにキャラを魅力的に見せてくれるかも知りました。

そのどちらももう読むことが出来ないのかと思うとただひたすらに残念です。

お疲れ様でした、栗本先生。心からご冥福をお祈りします。
[PR]
by tsujihatago | 2009-05-27 18:21 | 小説
内藤戦だったりDREAMだったり
アシさんを駅まで送って行った後晩御飯の材料を買いに行ってたので全部は見れてませんが、さっきまでやってた格闘技全般イベントの感想をば。
キッチンでご飯を作りながら見てたのでかなり歯抜けです、悪しからず。


・内藤vs熊朝忠

帰ってきたら父が見てたのでこのイベントの事を思い出す。ボクシングと総合の合同イベントってちょっとすごいよね。
終盤からだったけど相変わらず動きのいい内藤選手は流石。対戦相手は身長が低いこともあって減量苦の類は無さそう。終盤だったりパンチを当てられてる事もあり大振りだけどすっごいパワフル。
何度かひやりとしたけど内藤選手は全ラウンド通して流れを作ってく傾向があるのでその辺はいつもと変んない気がする(笑

そんなわけで内藤選手、防衛成功おめでとうございます。


・ミノワマンvsサップ

もう口が酸っぱくなるほど言ったけどサップが勝てなくなったのはグレコ達のせいだと思う。「彼に打撃の技術を身につけさせれば凄い選手になる」って言ってたけど基本通りに飛んでこないパンチだから基本どおりのディフェンス技術じゃ止められなかったわけで、その辺わかってた初期トレーナーのジョシュ・バーネットはナチュラルなパワーを生かした規格外の攻撃をさせてたわけで(略

そんなわけでおめでとうミノワマン。もう最近のサップを見てると噛ませにしか見えないのが切ない。


・チェ・ホンマンvsカンセコ

正直これ程結果が見えてた試合もないのでは…という気がする。解説も「カンセコ選手は走・攻・打揃った選手でから!」じゃないだろー。
総合デビュー戦なのにホンマンと対戦って相手が悪すぎる。


・所英男vsエイブル・カラム

所選手にはとっても大事な試合。頭を丸めてまで臨むその試合はいかにも所選手らしい試合でした。
「そこでパウンドに移れば…」「膝を出せば…」っていうシーンは幾つもあったけど、『俺にはこれしか無いんだ』とでもいうように執拗にグラウンドでの攻防。組み合った状態でもスピードの落ちない所選手ならではのこだわりのグラウンドテクニックが素敵。

もう『金星』なんて言わせないで。


・ジョー・ウォーレンvs山本"KID"徳郁

復帰試合だから落としてもしょうがない試合という認識でいたけど会場ではそんな事も無かったのかな。自分の動きを確認してるみたいな試合。負けちゃったけど次からはいつも通りの試合を見れるんじゃないかな。
けして好きな選手では無いんだけど、怪我から立ち直る姿とかはそう意識とは別なところでやっぱ応援しちゃう。頑張ってください。
[PR]
by tsujihatago | 2009-05-26 23:36 | プロレス&格闘技
告知の続き(エロネタ注意)
そんなわけで先日発売した真激に掲載されてる漫画のサンプルを上げてもらいました。
つーか真激のホームページに既にサンプルが載ってた(笑


http://tsujihatago.web.fc2.com/tsujiandon/index.html


てなわけで改めて応援よろしくお願いしまーす。
[PR]
by tsujihatago | 2009-05-25 22:56 | 仕事
ディケイド見たよ(18話目)
さあ、ディケイドは今日からはいよいよアギトに並んで思い入れというか思い出深い響鬼の世界です。いつものようにつらつらと感想を並べ立てていきましょう。

・でもやっぱりシンケンジャー。

・今日はヒーロー物の定番、ニセモノ登場エピソードですか。

・相変わらず外道衆はネチネチしているというか、えげつないというか。

・誤解による対立ってどっちかっていうと平成ライダーのお家芸な感じだよね。

・「これも乾巧って奴の仕業なんだ(ニヨニヨ)」

・あら十蔵さんまだ溺れてるんですか。

・太夫にラブフラグが!

・これはアレか、太夫が十蔵の腕の中で死ぬフラグか。

・緑のピュアハートがフルボッコに!

・あれ、思ってたより木の頭がいい!

・対比で水の頭が輪をかけて悪い!

・武器で見分けつくだろ、おい。

・おおっ!ロボも化けた!

・どうやら水一人だけで頭悪いのは寂しくなって土まで巻き込み始めたようです。

・水+土=泥沼の法則。

・(速)水「殴ってくれ!気のすむまで殴ってくれ!」

・いよいよディケイド。

・あれ?ロケ地屋久島?

士「どうやらこの世界の俺はサイキョー流の使い手らしいな」

・「響鬼の世界→ヒビキの世界→ダン・ヒビキの世界という事だったんだよ!」「なっ…なんだってーっ!?」

・並んで歩くとユウスケの小柄ぶりがますます受けっぽ。

・おお、これがアスム君か!…なんか首から下だけ随分大人だな。

・うぁっ!ヒビキの漢字演出ッ!燃えた!

d0071862_2217888.jpg


・リモコンゲターッ!…はぁ、鬼太郎見たい。

・「もうカブトだけでいいんじゃないかな」

・少年!…鼻をかめ。

・デビ鬼さん怠けてるだけあって横幅もあるしいかにもおっさん体型だな。そういうおっさん像、嫌いじゃないぜ?

・戸田山あぁぁぁっ!本物ッ…!本ッ…斬鬼さ…え?何その格好。朱鬼にそうしろって言われたの?

・アキラキターッ…息吹鬼さんもっ…え、何その格好は。なんで変身時に薔薇が?

・成る程。オリジナルキャストではあるが後半の響鬼基準のイメージで見た方がいいという事か。

・疾風一閃の「ぽぺーーーーー………ぺぇいっ!」っていう音が大好きです。

・え、ライバル意識があるとかじゃなくてこんな露骨に対立してんの?

・デビ鬼さんとアスムって師弟っていうより親子っぽいよね。

・巻物が今回のお宝なのかー…ディスクアニマルは投げて遊ぶもんじゃありませんっ!

・あれ。海東が相手を警戒するような反応するの初めてだね。デビ鬼さんが昼行灯キャラだと考えると一気にかっこよさが増すな。流石はスペック上アルティメットフォームと並べる唯一のライダー。

・いいから鼻をかめ少年。

・あれ。海東がまともな事言い出した。髪型もひっくるめてイメチェンか?まあ世界も9つ目だしいいかげん海東のバックボーンも語られ出すころか。

・斬鬼さんとこ激しく男臭いな。ギタリストって書くともっともてそうな人の集まりなイメージなんだけど。

・戸田山に恋愛演技させるとどうしてもヒナカさんの事を思い出して目頭が熱く…改めてご冥福をお祈りします。

・「軽く捻られたっス!」じゃねぇぇぇぇっ!

・「少年逃げろ!」あ、やばい。この低い声かっこいい。細川響鬼はかっこいいけどあの声質もあって重厚な迫力が足りない気がしてたからデビ鬼さん結構ツボです。良いです。

・なんとか太鼓をもう少しかっこよく演出できないものか。

・鳴滝「カブトの世界で何もしなかったからここでは仕事するよ!」

・クウガがっ!クウガがついに変身した!ギャグでない形で変身したっ!空我の漢字演出めっさかっこいい!

・でも噛ませだった!

・やっぱり響鬼の変身が一番好き。炎が花びらになって散るとか輝皇帝思い出す。

・圧倒的。ひたすら圧倒的。響鬼さん流石です!

・ゲゲェーッ!なんか変な事になったーっ!?

・あれ。カードから響鬼のシルエットも無くなっちゃった。これってあれ?もうこの世界に響鬼はいませんよ、とかそういう事?

・流派を統一するのに助っ人を使って親玉倒すんじゃ意味無いだろー。

・鬼vs鬼!

・あれ、結局海東にモモさん使えちゃうの?そして「桃」ってw

・龍騎が赤い旗を振ってたときなんてあったっけ?

・次回ついに浅倉がくるーーーーーっ!

・浅倉って祭に行ってもペヤング喰ってそう。

・勇午役の時とかH×Hのビスケ役の時にも思ったけどハギーって声低くなった?

・あれっ!?もしかしてデビ鬼さんはここまでで、響鬼はアスムに変るの!?

・次回はいよいよ響鬼特有の巨大マカモーも出るっぽい。楽しみ!

・…デビ鬼さんをすんなり受け入れられてるのに他に違和感を感じる理由が判った。オリジナルキャストなのにそれぞれの立ち位置が大きく変りすぎてるからだ。

・ここまで立ち居地とか変るならいっそ全員別人だった方が受け入れ安かったかもね。なまじ戸田山とかのキャラ付けがまんまだっただけに。

・これだけオリジナルの面子を揃えられるなら特に流派の対立とか設定しないで、響鬼、斬鬼、息吹鬼がチームで行動していたのに突然響鬼が引退するって言い出したのを止めたり理由を探ったり…とかの方が雰囲気壊れなくて良かったんじゃないかなあ。

・でも返す返すもデビ鬼さんが思いのほかよかったので来週に期待しちゃうんだけどねw
[PR]
by tsujihatago | 2009-05-24 22:17 | 特撮
告知忘れてたーっ!
なんか原稿に夢中になってる間にスコーンと忘れてました!

本日発売の真激に漫画描いてます!
ネタとしては女性二人のちょっと変った立ち位置での3P物でございます!どう変ってるか…というのは見ていただければ(笑
デジタルで漫画描くのは二度目ですが頑張ってます。皆さんよろしかったら見てやってください!そしてアンケートとか送って下さると助かります!結果見て喜びます!小躍りします!

そんなわけでよろしくお願いしまーす。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0029EF1TA?ie=UTF8&redirect=true

あ、今立て込んでるのでサンプルとかはまた後日でー。
[PR]
by tsujihatago | 2009-05-23 21:33 | 仕事
あなたの耳は老いてませんか?
そんなわけで現在アシさんが入ってる状態なのでさっくりとした更新です。ご了承ください。

今日のネタはこちら。聴力検査みたいなもんですが人によっては検査の機会がトンと無くなってたりしませんか?
そんなあなたにこちらの動画、お試しになってはいかがでしょうか。


大人には聞こえない音

…え?私?

…うん、大丈夫。歳相応って言える範疇だと思いますよ。思いますよ。
[PR]
by tsujihatago | 2009-05-21 22:23 | 雑学
ハイキック・ガール!見たい
珍しく邦画のアクションで「うぉっ!見てぇっ!」と思ってしまったのがあったので今日はそれをご紹介。

d0071862_2152877.jpg


http://www.highkick-girl.com/(音量注意)

タイトルはハイキック・ガール!どーよこのアクション。空手の型とか凄い様になってるなー、と思って主演の武田梨奈のプロフを見てみたら

『10歳の時に父親が空手大会で負けるのを目撃、「私がお父さんのカタキをとる」と決意。』

琉球少林流空手道月心会黒帯で全国防具空手道選手権大会の組手で優勝したりしてるツワモノで、漫画の中から出てきたような美少女空手家です。なんとなくなつきクライシスとか思い出した。

映画「ハイキック・ガール!」特報


ストーリーは簡潔で判りやすそうなのでさくっとアクションに入っていけるんじゃないでしょうか。素直に女の子の格闘シーンのかっこよさとかを楽しめばいいんじゃないかなーって映画です。


http://www.youtube.com/user/wildakagi

そんで↑のようつべ内にこの映画のアクション集と銘打って殺陣の稽古風景とか色々見れるようになってるわけなんですが中でもこれがお気に入り↓

http://www.youtube.com/watch?v=7Is6fBZKhb0&feature=channel_page

女の子だけでなくて変則蹴りの少年とかの動きも要チェックですよ。
こんだけ丁寧に殺陣を作られると流石に興味沸いてきませんか?
邦画が頑張ってる昨今、アクションの分野でも成功を収められるようになってくれないかなー、と思います。
[PR]
by tsujihatago | 2009-05-19 21:53 | 映画