<   2009年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧
お茶菓子。
アシさんに仕事してもらうとどうしても夜になってしまうので、女性だけの一人歩きは危なかろうと毎晩私が駅まで送るようにしています。

その帰り道にいつもお気に入りのパン屋さんによるのが私の習慣でして、最近気に入ってるお菓子をご紹介。

d0071862_22384419.jpg

その名もメレンゲ・ノワ・デ・ココ

名前の通りメレンゲの焼き菓子なんです。固くて軽いこの表面をさくっ小気味良い感触と共に齧ると、すぐさま口内の唾液を吸い上げ、しゅわっと舌の上で溶けて崩れて舌の上にふわっと甘い味を広げてくれます。
その「ふわっ」としたイメージの原因になるのがこのお菓子の「ココ」の部分。そう、舌で溶けた瞬間ココナッツの香りが口いっぱいに広がるのです。
そして溶けたお菓子をごくりと飲むと舌の上にしゃくしゃくとしたココナッツが残り、それを噛み締めながらコーヒーなり紅茶なりを頂くと小さな幸せの時間に浸れるわけです。

流石にレシピとかは聞いてませんが、味の紹介と写真を見れば作り方に察しがつく人も入るのでは無いでしょうか?メレンゲだからカロリー少ないだろうし、興味を惹かれた女性の皆さん、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?
[PR]
by tsujihatago | 2009-01-31 22:39 | 飲食
似非コン実況動画とか結構好き。
私の職場環境は例え日中アシさんが手伝いに来ていたとしても、相手は女性なので泊まり作業とか一切無いため夜は一人で作業です。

そんな孤独な作業の間バックにドラマや音楽やアニメを流して仕事をしている私ですが、その中にニコ動の実況動画があります。
いわゆるゲームをプレイしながらその動画を実況しているというアレですね。

昔クリアしたゲームは勿論、やった事の無いゲームでも、見知らぬ人とはいえうp主さんが一喜一憂しながら遊んでいる音声は友人の家で作業しているような擬似的な感覚に陥れるので心がちょっぴりほっこりします。

さてそんなプレイ動画ですが、今までちょろちょろっと触れてきたのは「ゆっくり村シリーズ」とか「変態スネーク」とかですね。この人達の動画はゲームの内容に触れるのと同時にネタ会話を交える事で面白くしてくイメージでしょうか。

んじゃあ今回は、というと最近「似非コン」の愛称が馴染んでらっしゃる軽石モンさんという方の実況動画からMGSです。
何でそんな愛称なのかと言えばそれは軽石さんの声によります。そう。変態スネークがスネーク声で喋るなら、軽石さんはオタコン声で喋るからです(笑

http://www.nicovideo.jp/watch/sm4376684


かの名作メタルギア・ソリッドを初めてプレイするという内容の動画なんですが、初めてのプレイなので「違う違う!そうじゃない!」的な楽しさだったり、似非コンさんがストーリーに一喜一憂さる様を楽しんだりできます。

「ゲームとはいえ無駄に殺したくないなあ」


とプレイ中に呟いたりするトコとか、切ないシーンで妙に涙ぐんだような声が聞こえたりとか、2の方では敵キャラの悪行に超憤慨してたり。
こういう遊んでる人の人となりが窺い知れるプレイ動画って結構好みですw

金八のプレイ動画も楽しいけどMGS3も早く見たいなあ。という激しくニッチなネタでした。
[PR]
by tsujihatago | 2009-01-29 23:16 | ゲーム
結構見たいなー、と思ってる映画。
そんなわけで今日はこれから先見に行きたいなあと思ってる映画のご紹介。
その映画の名は「フェイクシティ」
d0071862_22495590.jpg

キアヌ・リーブス主演の最新作の刑事物。
今回のキアヌはすわゆるマトリクス等から作られてきた『正義のヒーロー』的な役作りを改め、暴力を厭わないタイプの刑事を演じます。

腐敗した組織の中でただ一人悪に立ち向かうというヒーロー性は残しつつも、容赦ない殺人やアルコールへの逃避、亡き妻を想いながら銃を抱いて一人孤独に眠りにつく。
そんなダークでダーティで、ちょっと切なげな主人公。
…あれ?なんかますますアメコミヒーローっぽくなった気が…(==;

まあそれはさておきこの映画を見たいと思ったのはキアヌが原因ではござーません。
人物相関図を見る限りこの映画には4人の重要人物がいるのですが、そのうちの一人がヒュー・ローリーなんですよ!
d0071862_22501844.jpg

以前ちらっと話したDr.HOUSEのハウス医師ですよ!彼が出てるとあっちゃあ見たくならないわけが無いじゃないですか!しかもその役付けが「規律を守る側」ですよ!ハウスと真逆ですよ!どんな演技になるか見てみたいとは思いませんか!?

そんなわけでフェイクシティではヒュー・ローリーの描く新たなオヤジキャラ像に期待します(そこかよ

http://movies.foxjapan.com/fakecity/
[PR]
by tsujihatago | 2009-01-27 22:50 | 映画
真激出ましたー
そんなわけで真激の方が発売されましたー。

早速感想とか送ってくださった方ありがとうございます!ホント励みにってますとも!

まだ見てない方、よろしかったら見てやってくださーい。

そして私は今日もまた原稿作業に明け暮れるのでした。ネタよりなにより今は時間が無いとですよー。
[PR]
by tsujihatago | 2009-01-26 22:35 | 仕事
ディケイドハジマタ(ネタバレ注意)
さあいよいよ始まりましたね、記念すべき平成仮面ライダー10作目!

仮面ライダーディケイド!










初っ端からサブタイに「ライダー大戦」と銘打たれているだけの事はあって開始早々出るわ出るわ、ライオトルーパーなんかの雑魚ライダーだけでなく、バイクに乗ったクウガアギトは勿論のこと、先週お休みだったドランに乗る龍騎や牛列車に乗ったゾルダさんがファイナルベントをブチかます。
そして空から陸から津波のように迫るそのライダー達が次々と何者かに打ち倒され、そしてそこにただ一人立っていたのがこのシリーズの主人公、仮面ライダーディケイド

もうね、このOPだけでドキドキですよ。自分の大好きなヒーロー(特に一撃で全滅する関東の鬼達)が片っ端から倒されていくのは切なくあると同時にある種のカタルシスを覚えてわくわくしたもんです。

そんでもって開始早々ミラーワールドが蠢くあの音とか、お約束の様に無闇に出てくる巨大蟹マカモーとか。
それに対するためにクロックアップだのオートバジンだので対抗してるディケイドだとか。

もう座り小便洩らす勢いですよ。

この番組の内容を前情報として得た際には平成ライダーに思い入れがある分「あー、どうかしら」というのが本音だったわけなんですが、冒頭でゴミの様に爽快に吹っ飛んでいくライダーを見せ付けられたお陰でさっくりパラレルとして認識できる事ができまして。
後は過去ライダーを見てた人が思わずニラニラしてしまう描写にワクワク。

そして次回予告で赤い瞳ではなく黒い瞳で戦うアルティメットフォームや、速攻で登場してきた地獄兄弟に思わず吹き出してしまうほどに「次どうなんねーんっ!?」という気持ちにさせられてしまいました。

今回の仮面ライダーは全30話構成との事。この話数なら中だるみしてる暇もなさそうだし、半年間しっかり楽しませてもらえそうです。

次回も見るよ!必ず見るよーっ!
[PR]
by tsujihatago | 2009-01-25 22:07 | 特撮
カレーに萌えたその夜に
http://news.walkerplus.com/2009/0121/19/photo01.html

そんなわけでTokyo Walkerでツンデレカレーが紹介されていたという話でお師さんと盛り上がっていたのですが、その際に興が乗って「萌えカレーが支持されるのであればいっそカレーの萌えキャラ化はどうだろう」という話になりました。

その一。
最初に出てたのは鬼太郎カレーとか三国志カレーの女体化というネタだったんですが、それではホントにただの女体化でしかないので、もうちょっと練ってみました。

その二。
とりあえず商品名に「たん」をつけてみる。
「バーモントたん」「ぼんたん」「LEEたん」「…LEEたんはなんかチャイナっぽいキャラの響きだよね」
この路線だと結局女体化カレクックになる気がします。

その三。
ちゃんと具材にスポットを絞ってデザインしようじゃないかという事になりました。
そして喧々囂々騒ぎながら深夜の3時に萌え化がイケそうなのが以下の感じ。考えた時間帯が遅くなるに連れて頭悪くなったり説明不足になったりしていきます。

・チキンたん
アホの子。三歩歩いたら物を忘れる女の子。

・ビーフたん
文句なしに爆乳。デザインを乳牛系にするのもアリだけど褐色巨乳の黒毛和牛もアリだと思う。

・ポークたん
ぽっちゃり系も捨てがたいがビーフたんが既に爆乳である以上そこにスポットを当ててもキャラ被りが生じると判断。綺麗好きの真面目ちゃんキャラに決定。

・シーフードたん
海老をメインのモチーフに。いつもビクビクしており、電柱の影からこっちを見ているイメージ。前から近づくと後ろにすっ飛ぶように逃げる。

・マトンたん
寒がりでころころっとした感じ。柔らかくモコモコしたかんじの服装。でもヤギ目(←師匠案)

・豆たん
ちっこい女の子で頭から発芽してそう。マメで神経質な性格。ちっこいコが背伸びしてキーキー言う姿は可愛いと思う。

・ホワイトたん
すげー美肌。

・サグたん
緑髪。リディアとかそっち系?

・タイカレーたん
http://image.www.rakuten.co.jp/bali-indah/img10303039475.jpeg
折角三色なんだから三姉妹キャラとかどうだろう。民族衣装を三種に塗り分けてそれぞれで着てる感じの。

・野菜カレーたん
茄子をモチーフにしてブルマを履かせる。ブルマですブルマ。そこだけは譲れない。

・イノシシたん
http://www.k4.dion.ne.jp/~kyota-t/LOVELOG_IMG/2007.05.16.jpg
猪突猛進。思い立ったら即行動。一途に突っ走る…って良く考えたらフルバにいたね、そんなキャラ。

・鹿たん
http://image.rakuten.co.jp/hokkaiya/cabinet/curry/638d.jpg
絵的には角を生やすしかないが他にどうインパクトをつければいいんだろう。ここはいっそせんとくんの女体化みたいな事をして悟りを開いた感じの母性あふれる癒し系お姉さんとかどうだろう。主食は紙(お師様案)


・熊たん
http://image.rakuten.co.jp/hokkaiya/cabinet/curry/638a.jpg
甘いものが大好き。ジャムでも蜂蜜でもパンとかつけずに直で行く。
他のコに比べて長身で、何気にそのことがコンプレックス。一度怒らせると執拗に獲物を追い詰める上、所有欲が強くヤンデレ要素アリ。
でも以外に臆病なので背後から大きな声で驚かせると激しいリアクションを取ってくれます。
左手を指チュパする癖アリ。

・イカスミたん
モノトーンなかんじのゴスロリ少女。飄々としているというかのらりくらりとした感じでつかみ所が無い。
ヴィジュアル的に触手を生やすべきなのか、それとも触手に絡まれるべきなのか、そこが問題だ。

大体30分位そんな無駄話をしてました。そんなわけでヒマな時にする落書きのネタにでもしてください、師匠(笑


余談だけどこのカレー、なんとーか凄いよねw
http://imgf.dena.ne.jp/exf2/cb/10/4431530/8/107908520_1.JPG
[PR]
by tsujihatago | 2009-01-23 22:23
時間が無くて見れない映画。
仕事でどうしても予定が立ち切らないので見たい映画も見に行けない、なんて事がままあります。

そんなわけで本日ご紹介するのは見に行きたくても行けない映画の筆頭、「その男ヴァン・ダム」

d0071862_2224936.jpg


http://www.walkerplus.com/movie/title/mo6565.html

あのジャン=クロード・ヴァン・ダムが時代遅れになったアクション俳優ジャン=クロード・ヴァン・ダムを演じると言う超自虐作。
CMナレーションを若本御大、できたCMは誰が動見ても木曜洋画。

例え時代遅れのそしりを受けても現在進行形のこのヴァン・ダムに期待せずにはいられないじゃないですか!ヴァンダホー!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm5430194
[PR]
by tsujihatago | 2009-01-22 22:04 | 映画
映画見た日の晩飯は
そんなわけでゴールデンアーミー見た日の晩飯です。

場所は行く機会の多い高田馬場開発のため、池袋からちょこっと移動。行き着いたお店の名前はザ・キャンティーナ
目の前を通るたびに「どっから入るんだこの店…店員いないぞ…」と思ってたお店です(笑

http://www.texmexcantina.com/index.html

表から見ると長細く無人の建物が立ってるように見えるんですが、実はその中に入ると地下に下りる階段があるんですね。入ってみるまで気がつかなんだ。

さていざお店の中に入ってメニューを見るとカクテルとかが結構豊富。アルコールがダメな人もスムージやシェイクを楽しむ事ができますよ。
そして食事の方ですが品揃えはメヒコな感じ。テックスメックスとか言うんでしたっけ、こういうの。

とりあえず腹に溜まるものをと頼んだのはジャンバラヤハバネロマヨネーズ、加えてお店オリジナル料理のポポカテペトルモヒート

d0071862_22354726.jpg

ジャンバラヤはご期待通りのジャンバラヤです。ピリッとした唐さと複雑な香辛料の香り。辛いのが苦手な人用に温泉卵が乗ってます。

d0071862_22361844.jpg

ハバネロマヨネーズは揚げ餃子みたいな感じ。ハバネロで辛味を効かせ、それをマヨネーズでソフトにし、お肉とお芋か何かを具にしてあるってとこですか。ざくっときてじゅわっときてカッと熱くなる感じ。複数人で摘んで皆でハフハフ言いながら食うのが楽しそう。

d0071862_22364377.jpg

そんでポポカテペトル。なんか山かなんかの名前らしいです。山なだけあってボリュームたっぷり。ドカーンッて感じ(笑
料理の内容をちゃんと確認しないで頼んだんだけど言うなればこれはコロッケです。棒状のコロッケにひき肉たっぷりのサルサソースをかけて、更にその上に溶かしたチーズを飾ったかんじ。値段の割りに随分多いので一人で食うのは不可能です。美味かったけどやむなく残しました。

んでモヒート。先日オートマンで飲んだヤツよりミントがフレッシュな感じ。油っ気のある料理にはやっぱこの辺のカクテルがいいよね!

そんなわけでお会計。喰いきれなくて残すほど喰っても2000円ちょいで済みました。これは一食1500で十分イケるな。流石馬場なだけあって学生さん向けなお店でございましたー。

あ、でっかいTVでサッカー観戦とかもできるみたいです。そういうのが好きな人にもオススメ。
っていうか年末ダイナマイトの放送もしてたみたい。あー、これは大勢で騒ぎながら見てみたかったなあー。
[PR]
by tsujihatago | 2009-01-20 22:36 | 飲食
オートマンダイナーに行きつつ新たなお店を発見
そんなわけでゴールデンアーミーを見に行く前にお昼ご飯として以前ご紹介した美味しいハンバーガーを出してくれるダイナー、オートマンダイナー池袋店に行ってきました。

http://www.oatman-diner.com/

本日のオーダーはグリュイェールチーズのチーズバーガーにマッシュポテトとパインジュースのセット。
グリュイエールのコクとクセがある味は好きなんだけど、もうちょっと塩気が少ないとますます好みかなーと思います。
マッシュポテトはキメ細かくしっとりとしてて、定番の付け合せであるフライドポテトとはまた違った良さがあります。ナイス箸休め。
んでもってパインジュースはハンバーグと合せるのが定番の果物なんで合わないハズがないって感じ。今日もやっぱり美味かった!

d0071862_22313521.jpg


そんで映画を見た帰りに原稿用紙が足りなくなってることを思い出したのでアニメイトへと移動します。
ところがどっこい方向音痴の私のこと。メイトの池袋店なんて何年も前に一回行ったきりなのでけっこー周囲をうろうろしてしまいました。

そこでふと見つけたのがこのハンバーガー屋さん。
名前はイーストヴィレッジ、色々ぐぐってみたところどうも美味しいらしいです。
ジャマイカンジャークバーガーとかすげー美味そう。
流石に昼夜続けてハンバーガーというのもなんだったんで今回はスルーしてきましたが、テイクアウトも可能なお店だったりするので次はここでバーガーとポテトを購入した後、飲食可能な映画館で美味いバーガー齧りながら映画を見るとかしゃれこみたいと思います。
今から楽しみだぜー。

http://r.tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13054782/

http://palstage.blog.ocn.ne.jp/palog/2008/09/east_village_08.html

http://blogs.dion.ne.jp/nakoi_h9/archives/7876992.html
[PR]
by tsujihatago | 2009-01-19 22:31 | 飲食
ゴールデンアーミー見てきたよ!
そんなわけでHELL BOY2;">ゴールデンアーミー見てきたよ!

d0071862_23165322.jpg

d0071862_23172635.jpg

チョイ悪マッチョなおっさんキャラが大好きな人のハートをがっつり掴んで離さなさそうなのがこのHELL BOY。
漫画版ではタフさと知性を兼ね備え、ウィットに富んだトークと作品毎に必ず高いところから落っことされる彼ですが、劇場版でも落っこちます。そして惚れた女に弱いです。より愛されるキャラになっていると思います。「原作レイプ」という前にまあ見ましょうよ。

そんなわけで今回の敵は肌が白いけどダークエルフっぽいエルフ一族のヌアダ王子と、彼が復活させようとしている世界を滅ぼす全身機械のゴールデンアーミー達。
ヌアダ王子は圧倒的な強さを誇るその槍術に加えて右腕とも言うべきトロルのウィンクを筆頭に多数のクリーチャーを操ります。

対する超常現象捜査防衛局は我らがヘルボーイを筆頭に、前作からも引き続きエイブとリズ、更にエクトプラズムを放出して無機物や有機物に取り付き操るヨハン・クラウスをを仲間に加えて対決します。

今回はもうアクションてんこもり。
ヌアダの槍術やチャンバラシーン、ウィンクとヘルボーイの超重量級のド付き合い、CMでもお馴染み長巨大触手vsヘルボーイ、そしてヌアダvsヘルボーイのチャンバラバトル等もう盛りだくさん。
前作のvsサマエルもそうだったんですけど、やっぱりヘルボーイの『少数vsでっかいの多数』は燃えます。今回もこれ、期待していいですよw

そして相も変らぬヘルボーイのダメおっさんぶりが近作でも光ります。
相変わらずリズと揉めてるヘルボーイ。

「エイブ、リズのヤツなんで怒ってるんだ?」
「本人に聞けばいいじゃないか」
「女っていうのは何で怒ってるか聞くとますます怒るもんなんだよ」

とか超名台詞。あげくエイブと飲んだくれて歌いだすシーンとか、女性陣は母性をくすぐられること請け合いです。
そしてネタバレになるか言えないけれど思わず「ぷくくっ…」ってなるシーンもまだまだ満載。

でもですね、今回一番見て欲しいのは「トロルの市場」。
アメリカのド真ん中。
近代的なビル群が立ち並ぶ町の中にひっそりと隠された門をくぐると姿を現す人外達の集う街。
ヘルボーイやエイブが中に紛れると自然すぎて見つけられなくなるほどのカオスな客層に様々な妖しい商品。露天で販売される食料や魔法薬に魔物。
トーキョーN◎VAでアヤカシが済んでる場所ってどんなとこ?って聞かれたら、俺はこんな場所なんじゃないかなあ、と思うのです。

http://www.hellboy.jp/
[PR]
by tsujihatago | 2009-01-18 23:18 | 映画