<   2008年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧
シミュレーション
シミュレーションするというのはとても大事な事です。

仕事を受ける際に現状のスケジュール内でこなせるかというシミュレーションや、原稿の仕上がりをシュミレーションしてみたり、『あ、これは言っちゃいけない』という人事をシミュレーションしてみたり。コーラを飲んだら確実にゲップが出るという事を予想してみたり。

先を予測して致命的な失敗を避けるために予測行為というのはとても大事で、生きていく上で欠かせない行動ではないでしょうか。

そんなわけで今日ご紹介するのはおっぱいシミュレーター(笑

http://www.shockabsorber.co.uk/bounceometer/shock.html

海外の下着メーカーらしいんですけど…なんていうか、「ほへーっ」って感想。感想でさえないな(笑

元々バストのサイズに関してそんなに詳しくないですし、詳しくある必要も無いので「Aでもしっかり揺れるじゃん」とかそんな漠然とした感じ。
絵自分の絵のジャンル的にもっとおっぱいスキーだったりした方がいいのかな。あんましそのパーツにオレのフェチズムって働かないんだよね(笑
[PR]
by tsujihatago | 2008-01-31 19:35
カートゥン・ネットワークさん、続きはー?
例によってアメコミ話。なんか今月多いな。

ザ・バットマンというアニメがあります。玄田さんが声を当てていた中年のブルース・ウェインが主人公なのではなく、まだブルースがタイツに身を包んだばかりの頃のバットマン、という若かりし日のダークナイトの物語だったりするわけです。
いわゆる「最新シリーズ」ってヤツですね。
作画とかも旧バットマンから一新。バットマンの顎が四角くねーのよ(笑
スタッフはティーンタイタンズからの引継ぎ、なんて話も聞いたけど確証は無いです。無いですが、確かにタイタンズで取り入れていた日本アニメの技法を随所に使っているフシはあります。

カートゥーンネットワークで日本語訳した物が放送されてるんですが、まだシーズン3までしかやってないのよ、これが。アメリカ本国では既にシーズン5まで放送されているそうで。
シーズン4ではついにジャスティス・リーグが登場しバットマンが参加。5ではバットマン&スーパーマンストーリーまでやってるんだと。
早く吹き替え版やってくんないかなー。
これ、そのトレーラー。

http://www.youtube.com/watch?v=A7OdSH4k2d8&feature=related

やべーっ!このロビンはタイタンズ見てた人間にはたまらんっ!作画一緒だよこれ!そしてなんだこの可愛い頭は!
あ、ちなみにロビンの素顔は可愛くない(笑

http://www.youtube.com/watch?v=SLpBrFu941k
[PR]
by tsujihatago | 2008-01-30 22:48 | アニメ
アメコミ分補充。一応ネタバレ注意。
今月は仕事が忙しくて井上さんWatchmenキャンペ-ンをお休みせざるをえなかったので、悔しいからこないだ買ったアメコミの話。

発売して結構経つんだけど、タイトルは『バットマン:ダークナイト・ストライクス・アゲイン』。ええ、例によってバットマンですとも。ここから先ネタバレあるのでこの本を読む予定で読んでない方、Go home。

このバットマンはかの名作、キングダム・カムとは違った視点で『ヒーロー達の老い』を描いています。
ヒーロー達は老い、ある者は力を失い、ある者の心は折れ、ある者は老いて尚代わらず愚直に正義を行う。
キャットウーマンは最早セクシーなボディラインをタイトなスーツで露にする怪盗ではなく、薬漬けで息も絶え絶えな老婆である。
バットマンは自らが死んだと偽りケイブに篭り、自分が打ち倒した若い犯罪者達を次代のヒーローとして育成し、彼らを部下として地下活動を続けている。
スーパーマンは一線から身を引き、人目を忍んで人を救い、変わらず過激な行動を続けるバットマンを罵る。
スーパーマンとワンダーウーマンの娘は母に育てられ、力に劣り争いを繰り返す人間達を見下し、人間なんて我々が支配してしまえばいいと言い出す始末。

そんな中、新たに迫る悪の影。ルーサーが、ブレイニアックが、そして死んだはずのジョーカーが。
彼らの前に一人、また一人と命を落とすかつての巨人達。ガーディアンが、ホークマンが、ホークガールが、ジョン・ジョーンズが、キャプテン・マーベルが。超人達が物言わぬ骸となっていくその中でただ一人膝を折らず立ち上がり、悪に立ち向かい続けるバットマン。
絶望的な状況下に勝機を見失い頭を垂れるスーパーマンが娘に告げる。

「彼は唯一の希望だ。このクソ野郎が。我々の唯一の希望なんだ」

果たしてバットマンは世界を救えるのか、ヒーローを救えるのか、次代を救えるのか。たった一人の老人の背に、今だかつてない程重い使命が圧し掛かる───

「タイツを穿け、子供達よ…今こそ奴らに地獄を見せてやれ」


そんな感じ。
今回のバットマンはスキンヘッドの老人です。勿論がっちりはしてるんだけど。かなり寿命がキてたりします。脳にコードをいっぱい繋いで酸素マスクをして、ってしてるシーンがある位だし。
今回のバットマンとスーパーマンの対立はかり激しいものだったりするんだけど、それでもブルースを信じ続けるスーパーマンがたまらない。
娘のラーラがバットマンの容態に気付いた時のやりとりが短いんだけど良くてさ。

「死にかけてる」
「ブルースに限って」
「死にかけてる」
「お前はブルースを知らない」

スーパーマンにとってバットマンの間に大きく力の差があるにも関わらず対等以上に思ってる、というのがストレートに出てて痺れましたよもう。
とりあえずラスボスの正体が判明した時の「お前ーっ!」って感覚や、ラストシーンの〆のセリフとか超ステキ。うおー、こういうロルしてぇぜー。

やっぱね、かっこいいわ、バットマン。
[PR]
by tsujihatago | 2008-01-29 19:28 | 漫画
ウサビッチ見たよ
http://www.usavich.tv/

そんなわけで王子師匠からお薦めされていたウサビッチを見終えました。
なんつーかね、おやつの時に見てたんですけれど、何度も強制的にコーヒーで鼻うがいさせられました。なんだこの笑わせ王。

舞台はロシアの監獄に閉じ込められた二匹の兎、ただひたすらに愛らしいプーチンプーチン&点火済みダイナマイトのキレネンコ。ロシアの監獄と言うたからには恐らくそこはルビアンカだったりするに違いない(嘘)。マイペースに過ごす二人の生活に淡い波風が立つ度に、問答無用のキレネンコ台風が吹き荒れます。
ポピーとかゴールデンエッグスとかアレ系が好きな人なら馴染めるんじゃなかろうか。

ヤバイ。見るしかないぞ、コイツは。
[PR]
by tsujihatago | 2008-01-28 21:49 | アニメ
キバ見たよ(ネタバレ注意)
こんばんわ、隠しペンネームでは瞬殺背理(ヴァニシングヴィジョン)。血塗られた災厄
(ラスティカラミティ)ことツジヤスノリです。

http://pha22.net/name2/


そんなわけで今日から始まりましたね、仮面ライダーキバ。
大当たりした電王の後に続かなければいけないというなかなかヘビーな立場を背負わされて始まってしまいました。

過去と現在二つの視点で親子二代のヴァンパイアハンターを描くというかなり挑戦的な作りなようですが、初回を見た感想としては「保留」ってイメージかなぁ。

しょっちゅう過去と今が切り替わるので、私みたいにしょっちゅう画面から目を逸らして「ながら」で見る人間にはちょっと厳しいかなあ。

あと親子二代、っていう設定を聞いた時からてっきり響鬼の時のように「熟練ヒーロー」なライダーと、「駆け出しヒーロー」という関係を期待していたもんだからちょっと肩透かしを食らっちゃったのかもしれない。
あと…「この世アレルギー」は多分無くてよかったんじゃないかと(笑

過去と現在で時間差があったりするって事は、終盤で現在の主人公の下に吸血鬼化した父親がラスボスとして現れたりとかしそうじゃない?
もしくは中盤に父親をボスキャラとして登場させて、どうしてそんな事が起きたのか、って過去を現代の主人公が追う展開とか。もしそうだったりするとやっぱり「息子のために吸血鬼化した」とかが美しいんだろうなあ(激しく妄言)


そんなわけで人間パートはちょっと不満が残ったりもしたけど、ライダーとしてのパートはかなり好きだったりします。ライダーのマッシヴなデザインとか、力を封印された感のある右足の鎖とか、ラナルータがかかるライダーキックとか、なかなか胡散臭くて好き。OPとかで薔薇の花が舞い散る中えらそうに椅子に腰を降ろしてる図とかも今までのライダーっぽくないかっこ良さでいいんじゃないかな。
吸血鬼物なだけにパワーアップ時はマントとかに身を包んだりするデザインになるんじゃなかろうかと期待してます。必殺技も今は月を背負ってるけど、今度は逢魔が刻って事で夕日をバックに、とかさ。物が吸血鬼物だもの。過剰なほどに激しく厨演出して欲しいと思います。
とりあえず菊地秀行的に一歩歩く度に周囲の植物が凍りつくなり枯れるなりして欲しい(笑
[PR]
by tsujihatago | 2008-01-27 22:49 | 特撮
未来はすぐそこにある。
http://japanese.engadget.com/2008/01/17/researchers-put-circuits-on-contact-lenses-freak-out-rabbits/なんやかやでやっぱり話題なこのディスプレイ。いつでもどこでもPCが弄れるのかと思うととっても便利そうだなあと思うのですが。こいつとこの辺を組み合わせるとますます楽しみが広がりそうな気がします。
http://www.youtube.com/watch?v=-xSrtvDMRPI

http://www.youtube.com/watch?v=oIqgrsYNKs8&eurl=http://d.hatena.ne.jp/makaronisan/20080124/1201111824

いつでもどこでも電脳ペットと一緒ですよ。これで自分がアドレスとか登録済みの友達が側にいたりすると勝手に走り出して挨拶に行く電脳ペット、とか可愛いと思うんですけれど。


で、もう一個。こっちはバイオウェアの話。つってもシャドウラン的な話ではなくて、バイオ技術を使った服って意味でのバイオウェアね。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080124-OYT1T00182.htm

光る絹ですよ、光る絹。
これで着物とか作ったりするととってもサイバーでカブイた感じがするし、夜間子供に着せる服とかに使って車に跳ねられたりしないように、っていうのもいいし。

寿命が延びたり万能細胞が出来たりサイバネ技術が進んだり。ちょっと前まで夢物語だったと思っていたんだけれどなあ。
[PR]
by tsujihatago | 2008-01-26 21:40
風邪を引いて辛い事。
おかげさまで熱はすっかり引いたので仕事の方は進められるようになってきたんですが、困った事に喉の方が治らんとです。

もう一時期のように唾液を飲むだけでも激痛が、ってレベルだったのが「イタタタ」位になったんですが。こンどは風邪引いてる間に口内炎が出来まして。舌に。
おかげでまともにメシが喰えない喋れない、物を飲み込めば喉が痛い、って暮らしですうぉー。そろそろジャンクフードが食いたいー。

医食同源って事でブタタンとか食ったら治らないかな。
[PR]
by tsujihatago | 2008-01-25 23:50
シャオムウキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
http://gazou50.hp.infoseek.co.jp/i/20080124_13.jpg外出しない人間に携帯ゲーム機なぞ不要!とか思ってたんですけれど…やべーっスよ!買わないと!

確かに私スパロボスキーですし、OGの方も大好きな人なんですけれど。けれどRPGの方は華麗にスルーする気満々だったんですよ。
ところが突然このキャラ!

…いや、もっこすさんじゃないです。ゼノサガはアニメで見たのとナムカプ位でしか知りませんので。
そう、ナムカプ。
キョウ×セレン好きなこの私が!レイジシャオムウがメインキャラにいるとあっちゃあ買わないわけにゃあいかないじゃないですか!

キョウスケ&エクセレンと、レイジ&シャオムウと言えば『そっくりじゃね?』と言われ続けて幾星霜。実際似た雰囲気はあるカップルです。Inpactとナムカプの脚本作った人が一緒だったから、だったっけ?(うろおぼえ)
まあキョウスケとレイジが似てるというのは否定しようが無いんですけれど、エクセレンとシャオムウは結構差が大きいと思うんだよね。
こう、エクセレンの性的な発言にミオ=サスガの不穏当なパロディ発言を混ぜて『~じゃ』口調にしたというか。

今度からスパロボ本を作るときに堂々とシャオムゥを描いていいのかと思うとオラわくわくしてきたぞ。
[PR]
by tsujihatago | 2008-01-24 21:22
ドラゴンボール気分を盛り上げる。
そんなわけでハリウッド版のドラゴンボールジェームズ・マースターズだけでなく、チョウ・ユンファまで出るとあっちゃあ揖屋が王でも見に行かざるを得ない。いや、チャウ・シンチーなら本当にやってくれるんでないかとそんな期待を熱く胸に滾らせているわけなんですけども。

今日はドラゴンボールのMADとかをごそっと。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1624013
これはピッコロ編ですね。
ハリウッド版ってこの辺の話なんだっけ?三部作だか何部作だかになるというような話を聞いてたんですけど…スーパーサイヤ人になるフリーザ辺りまで行くのかなあ?
だとするとピッコロ⇒マジュニアの繋ぎの尺が足りない気もするから、もしかしたらピッコロさんは死なずに改心みたいなオチになるかもね。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1853687
サイヤ人編。
無敵(中ボス限定)のハズのピッコロさんが雑魚扱いだったのが印象的でした…。なんかそのウサを晴らすように強襲サイヤ人ではピッコロさんの戦闘力をナッパにタイマンで勝てるレベルまで上げてた気がする。
ピッコロさんが一度生まれ変わる、ってエピソードが使用された場合はここが3部作目になって終わる可能性もあるシリーズ。
まあ劇場版には1作目でチチも出るみたいだし、多分劇場版の2はこの辺の話でしょう。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1390388
バーダック~セル編ラスト。
バーダックから悟空へ、悟空から悟飯へ、悟飯からトランクスへ。ってな感じで脈々と受け継がれていく魂、みたいなMAD。
スペシャルだから、っていうのはあるけどTVオリジナルの話の中じゃこの二本の話は群を抜いて出来が良かったよなー。本編以上に好きだった記憶が。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm2036641
ブウ編。
まあ間違い無く劇場版はここまで行くまい。でもMADの出来がかっちょ良いのでちょっと見てみたい気もするなあ。
こう、ハリウッドのCGでドミネーターもびっくりなう語気をするブウ、とかは結構わくわくするんだけど。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1220630
おまけ。悟空&ベジータ。
ブウ編ラストでは「お前がナンバー1だ!」なんてかっこよく爽やかにキメてくれたベジータさんですが、GTでは変な競争心とか抱かずに地道に努力してたら内助の功で結局悟空に追いついてしまった、というのは皮肉だ。
なんというかチチは母親業で手一杯だけど、ブルマは妻も母も仕事しっかりこなしてそうなイメージがあるのは俺だけ?
[PR]
by tsujihatago | 2008-01-23 22:59
オヤジ系アメコミ映画。
バットマンスーパーマンファンタスティック・フォーを始めとするアメコミヒーロー達が銀幕の中で次々と若返っていく中、ケツに根でも生えたかのように我が道を行くオヤジ街道まっしぐらなヒーローがここにいる。
ケツに生えたのは根っこじゃない。額のそれは切り株じゃない。ゴツイ右手でモンスター達をブチのめし、装弾数三発の超大口径リボルバーで悪を刈る。分厚い胸板にタフなハートを真っ赤に燃やし、紅蓮の肌はちょっぴり奥手なオヤジの印。

そう、その男の名は『HELL BOY』

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1828809

いよいよヘルボーイの2のトレーラーが見れるようになりましたよ!待ってたよ待ってたぜこん畜生ーっ!
彼にはヒートビジョンも無ければ空も飛べない。甘いマスクも知的な頭脳も、唸るような資金も無い。
異世界への扉を開く力を持ちながらも自分を育んでくれたこの世界に執着し、ただタフさと、腕力と。それだけを武器に傷だらけになりながら戦い続けるブルーカラーなおっさんヒーロー!
顔が不細工で女にもてない事を気に病みつつも、ほれた女にゃ一途に迫る。女に他の男が迫って見せれば『あんな若僧の何がいいんだよ』と近所のガキに愚痴を零し、物影から石を投げつける。そんな愛すべきナイスオヤジがヘルボーイ。可愛い系のオヤジを愛でたい人向け。

1ではラスプーチンとナチスとクトゥルーモンスターを敵に回し、ナチに魚に巨大ダコをこれでもかって程ブン殴り、お約束のように高いところから落っことされる。(何かっていうと高いところから落ちるのはヘルボーイのお約束らしい)
2では…まあトレーラーを見てわくわくしましょうよ。この巨体でチャンバラまでしちゃうんだから今回もかなり期待しておきますぜー。


ちなみに原作本はまだ読んだ時無い(笑
[PR]
by tsujihatago | 2008-01-22 22:53 | 映画