<   2007年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧
飲んできました
ゲームをした翌日に飲みです。お陰で元気を取り戻して現在もりもり仕事をしている真っ最中だったりするわけですよ。

さてさて今回の飲みの面子はエラ様&しのさん、一年ぶりに会ういろは楓さん、初めてお会いする林啓太さん、そしてmeの計5人。

池袋に集合次第、挨拶もそこそこにお店に移動です。今回のお店はこちら


お店を選ぶまでにエラ様えらく面白い事やらかしてくれたのですが詳細を書くのは勘弁しておいてやる(笑

お値段がリーズナブルな割に居酒屋なんかと比べてそこそこお酒が充実してるのはありがたいです。もっとも後でアイリッシュパブにも行きたい、という話が出ていたのでお酒に弱い私は控えめに。カミカゼを一杯頼む程度にしておきました。
カミカゼはスカイウォッカ、ホワイトキュラソー、カクテルライムを全て等比でシェイクしたカクテルで、日本名がつけられていながらアメリカ生まれ。苦味ばしった憎いやつ。
別段由来とは何の関係も無く、なんとなく新・女喰いの1シーンを思い出して飲みたくなったというただそれだけ(笑
料理の方も豆腐料理が看板になっているというだけあって多彩でした。ランチもやってるみたいなんで今度池袋に遊びに出た時はここで昼を食べてもいいかもしれない。

飲んで食べてしながら改めて自己紹介したり最近はまってるものの話をしたり。皆篭って働く人達なので人恋しいのか、どーでもいい会話でも話が弾む。あっという間に時間がすっとんでくので河岸を変えましてHUBへと移動。結構支店出てるのね。

んでブラッディマリーとチーズの盛り合わせとか頂きつつ立ち飲みでおしゃべり。全員で輪になって話すとかいかないのが残念ですが、ガヤガヤした空気の中で飲むのはやっぱし楽しいですな。

前日と合わせてがーっとおしゃべりしたのですっきり元気になれました。ご一緒して頂いた皆さん、また飲みましょう!

※   ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※

さて昨日書いたカレー屋さんの名前がヤミツキカレーだと矢野さんから通報を受けたのでホームページのアドでも貼るべか、と思って検索したら店のページより先に天さんのブログが出てきて吹いた(笑
正式名称はYAMITUKIカレー。英字で検索しなおして見つけました。

舌ざわりは丸く、鼻に爽やかに抜ける香辛料。味はくどくない癖にコクはしっかりありました。ここに焼きチーズをトッピングする事で更に味にパンチが増します。もっと支店が増えないかなー…具体的にうちの側に。千葉に。久しぶりに通いたくなる味のカレーでしたよ。
[PR]
by tsujihatago | 2007-05-30 20:49
ゲームしました
しばらく仕事詰めだったので五月病予防とばかりに先日ゲームしてきましたよ。

ゲームはアリアンロッド、GMはきみをさん。プレイヤーはyobiさん矢野さんエラ様、そして私。
シナリオは『エルクレスト学園ガイド』の付属シナリオを二つ程遊んでまいりました。

レギュレーションはレベル2、+経験値を10点。クラスチェンジかフェイト1点って感じです。
んで便宜上PCに番号を振ってご紹介。ただ単に席順によるナンバリングでしかないですが。

PC1はyobiさん。クラスはウォーリア/ヴァイキング。
「え?名前?じゃあチョー・ユンファ」「いかりやかよ」「んー…じゃあジャック」「ジャック・スパロウ?」「いや、ジャック・ニコルソン16歳」「顔が想像つかねぇよ」そんなぐたぐだなやり取りの元ニコルソンで名前が決定。きっと顎が割れたりしていたに違いない。

PC2は矢野さん。クラスはシーフ/ウォーリア。「腕が伸びるから名前はズームちゃん。こう、腕が蛇腹になっててですね…」「ヒューリンじゃねぇだろ」何かわが師匠のそれに通じたセンスに戦慄を感じつつ、そういえば矢野さんとのプライベートセッションは初めてだった事にnow気づく。エンタングルで移動を封じつつ転倒させるといういやらしい攻撃に加え、伸ばした手を絡みつかせて全身を撫でまわすといういやらしい演出が組み合わさる謎のヒューリン型生物。

PC3はエラ様。クラスはアコライトのトール。コックとしてキャラ立てしてたもんだからサポートクラスがなんだったのかすっかり印象に残ってない(笑)包丁で片っ端から「にく」を切り出しジャックに喰らわせようと画策するその様はさながらジョニー・デップに手料理片手にぐいぐい迫るスティーブン・セガール。そんなふうに脳内変換されていたとはお釈迦様でも気がつくめぇ。

PC4は俺様。メイジ/ニンジャのエマ。追加出自や境遇で不良と転校生を引き当てたくせにギルドスキルは学園:風紀医員を選択。普段は風紀医員として振舞うも、事が起これば委員会の指示の元、身分を偽り問題のあるクラスに転校。影からクラスにはびこる悪を断つ、流れの番長「番外番のエンマ」となって疾風のように解決し、疾風のように転校していき翌日には普通にエマとして学校に通うという勢い優先なキャラに。「番外番」に突っ込める辺り矢野さんの懐の深さを知った。何気にギルドのリーダー。
あと無理矢理萌え要素を足そうとエンマとして現れる時は長ランブルマや長ランスク水で現れてみたりしてみました。良い子は真似すんな。


シナリオの詳細は伏せるとして、不良でいる事の辛さを思い知る出来事でしたよ。祝福がかかっても自分だけはヘロヘロのまんまなんだもの。

番長:祝福の使用を許可する!

皆 :よっしゃーっ!これでフルパワーで戦えるぜーっ!…はっ!?番長なんであんたそんなボロボロの姿で…

皆 :あんたまさか…たった一人で戦おうってぇのか!?

番長:…(ニヤリ)

レベルが上がれば上がるほどこんな事をする余裕は無くなるに違いないとぞっとしながら最後は爆炎の中に姿を消しつつ、お決まりどおりにエマの姿に戻って遠くのほうから駆けて来るというお約束。

「おーい、皆ーっ!」

「おいおい、今までどこにいってたんだよー」

「お前がいない間に番長が来てあいつらをやっつけてくれたんだぜ?」

「全くさすが番長だよなー」

「はははははははははははは」

いやー、面白かったっスわ。ちなみにシナリオ2ではボス戦をノーダメで切り抜けるという初めての経験をしました。

初めてといえばきみをさんのGMは初体験でした。淀みなくつらつらと並べ立てられる情景描写はどこからどこまでがシナリオでどこからどこまでが冗談なのかわからなくさせるというなんとも不思議な黄金体験。時が吹っ飛ばされるような楽しい時間でしたよ。

ちなみにすがのさん下ネタ四天王と呼ばれた割に下品さは全くありませんでした。四天王のうち三人で話し合ったところあの呼称はやにおさんの陰謀であるという事で満場一致。


んでセッション終了後は高田の馬場にある矢野さんオススメのカレーを頂いてまいりました。ヤバイ…こいつはすげー美味いですよ!
いわゆるインドカレーとも違うこのお店、次に行く時混み合ってると嫌だからお店はナ・イ・ショv
と、してしまいたいところですが、支店を増やす予定もあるっぽいので別段気にしなくてもいいやね…って思ったら店の名前をスカーリ忘れてしまいました。次に行った時に確認してくる事にしよう。
[PR]
by tsujihatago | 2007-05-29 20:41 | TRPG
ちょこっとグレンラガン。
あれかな。やっぱアディーネの目に+が入ってるのはネジの頭だよね。そんな人が王女様っていう事は目が-になってるジロン・アモスは王子様ですか。
多分ジロンが出た当初雌ネジの頭のような瞳とからかわれていた事がネタに繋がってるのかしらと邪推してみました。

ところで来月筋クリのDVD出るのね。ホントに三ヶ月連続できやがったぜ畜生。洒落から出た真って感じ。
[PR]
by tsujihatago | 2007-05-27 22:35
久しぶりにボーンズの話。
別に日記に書かなくなったから見なくなったってわけじゃなくてね。ちゃんと毎週見てますし毎週録画してますヨ。

って事で今週のボーンズ

今回は違法に末期癌患者の骨を移植されて、その癌が転移してしまった少女の話。
その骨を手配した医療コンサルタントにドナーの情報開示を迫るも、それは違法であるとの事で断られてしまうボーンズとブース。
しかし個人情報は駄目でも、そのドナーの提供した骨を移植された他の患者の名前のリストを手に入れることに成功します。
既に癌の転移が始まっている者とそうでない者。彼らに移植された骨を手術で取り出し、それぞれの骨を繋ぎ合わせて復元する事でこの提供者の外見をCG再現してしまいます。
更に骨の磨耗具合とその部位等から男の職業を割り出し、体組織が浴びた放射線の量から住んでいる地域の特定、ついにそのドナーを見つけ出し…っていういつも惚れ惚れする位の<究極鑑定>+<シャーロック・ホームズ>

オーバーテックも混じってますけど基本的に現代が舞台なんで、度派手なアクション物とは違ったかっこ良さがあるんだよね。でっかいワンコ属性のおっちゃんがメインにいるというのもオヤジスキーとしては見逃せないところで。
あとFOXドラマによく見られる主役二人の犬も喰わねぇイチャイチャ喧嘩がたまんねーッスよ。ほら、モルダー&スカリーがよくやってたアレですわ。吹き替え版が作られたって事は人気がある番組だとは思うんだけど…周りにいないんだよね。このドラマ見てる人(ほろり
[PR]
by tsujihatago | 2007-05-26 19:47 | ドラマ
雑記。
入稿したんですよ漫画を。

発売は7/2の予定なんで、詳細は発売日が近付いたらって事で。
とりあえず今回はより大胆なコマ割りで、っていうのをテーマに頑張ってみております。あと以前言ってた黒枠の導入をば。
見て頂けると、そしてアンケートとか答えてくださると嬉しいです。やっぱ実験的にやってる部分が成功してるかどうかっていうのは知りたいしねー。

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※

最近昼夜が逆転した生活を送ってるんですが、これの欠点に今日気がつきました。寝てた時間帯のせいで、メールを送ったのに送った先に届いてません、ってお知らせについさっきまで気がつきませんでした…orz

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※

オーディンスフィアは兎王子をクリアしました。ちっこいのに健気で可愛いヤツだった…
あとこのゲームって主人公が複数いるおかげで、悪役も色々な側面が見れて楽しいです。
ごめんよベリアル…グエンドリンの時点でただの雑魚だと信じてたよ…そんなわけで今は妖精のお姫様のルート。ヤバイ…カエルが可愛いぞ…
[PR]
by tsujihatago | 2007-05-25 00:49
男と女の間には
深くて暗い川がある、という歌が昔あった気がしないでもなく、その川を埋め立てるのは真心でありプレゼントであると数千年の歴史を重ねた上で多くの男性はその結論に辿り着いたわけです。


そんなわけで原稿に追われて母の日のプレゼントを買ってなかったので、今日は秋葉で液晶ディスプレイを買うついでに母が欲しがっていた電動のシュレッダーを買って来たよ。親へのプレゼントに色気があってもしょーがないのでこれでいいのだ。


んで一緒に買ったディスプレイですが。その良し悪しなんざアナログに生きてる私にわかるわきゃないので、某エロゲのメーカーに勤めてる大学時代の先輩に頼んで買い物に付き合ってもらいました。いつもお世話になってます。
さて彼のオススメの長持ちするメーカー、っていうのがあるらしいんだけど残念ながらヨドバ○ではそれは見付からず。まあずるずる居残ってても帰って仕事が待っているので早々に切り上げて戻ってきたよ。
すげぇ…秋葉に行って本屋にさえ行かないなんて初かもしれない…
[PR]
by tsujihatago | 2007-05-23 18:05
パプリカのDVD出るねー
時をかける少女が出たと思ったら今度はパプリカかー。

どっちも劇場まで見に行った口ではあるんです。どっちもとっても楽しいんです。ただアニメのDVDって洋画のDVDより値が張るからついつい買うの躊躇しちゃうんだよね。基本的に貧乏性なのですよ、私。洋画を買うかアニメを買うか、って悩み始めるとついつい洋画を複数本買うって選択肢をとってしまう(==;

ただこれから鉄コン筋クリートのDVDも出るわけじゃない?この三本のアニメはどれも痺れる位良かったからさー。どれも欲しいんだよねぇ・・・月に一本、って決めてちまちま買っていくかなー
[PR]
by tsujihatago | 2007-05-22 22:39 | アニメ
オーディンスフィア楽しい。
そんなわけで先日yobiさんのお宅にお邪魔した際、彼が寝ている横で遊んでみてすっかり気に入って購入してきたこのゲーム。現在グゥエンドリンルートをクリアしてウサ公ルートをやってるわけですが。

ヤバイです。兎の操作性が超俺の趣味に合わない(何

滑空して背後に回りこむってのができないだけでこうも苦戦するとは…(ぐぬぅ)兎の最終ステージで詰まったのでそれはそれでいい機会、って事でしばらくゲーム自体封印しよう。

とりあえずグゥエンドリンルートはブリガンの厭らしさも手伝って色々エロイです。むう・・・イカン。漫画描きたい(笑)
[PR]
by tsujihatago | 2007-05-21 21:44
頭痛い・・・
先日飲みに行ってきました。お相手はyobiさんと黒鷲さん。

黒鷲さんとは初めてお話しましたがとても落ち着きがありつつそれでいて情熱に溢れたお方でした。
日本の将来を憂いつつ何故キン肉マンが売れたのか、エロイプレイとは果たしてなんぞやと転がり落ちていくような速度でぐだぐだなトークを交わし、男塾のエンディング風に殴りあいや激論を繰り広げます。嘘。

そしてふと気がつくとΣはっ!?頭痛が!?

まあずっと意識はあったんですが。テンション上がりすぎていつもより多く飲んじゃったんですね。
んでトイレに行ってスッテーン!と転んで後頭部をゴン。瘤を作ったなんて何年ぶりだろう…いやあ、出血とかしなくて良かったよー。飲んだ後に頭部から出血なんていったら血の海でしたよ。
[PR]
by tsujihatago | 2007-05-18 22:16
口汚いアニメ。
そんなわけでシンプソンズの話をした辺りでこのアニメの話もしないと、ってわけでブーンドッグスの話です。
現在放送中のアニメの中でまず間違い無くセリフのキワどさNo1。
アニマックスでやってます。絵柄は一見日本アニメ。

余生を静かに暮らそうと郊外に引っ越してきたおじいちゃんとその孫二人。ヒューイとライリー。全員黒人。この黒人であるという事がこのアニメのキーになります。
差別問題など根深いネタもひっくるめてこの親子の視点から見た社会問題をテーマに取り扱う社会風刺コメディってとこでしょうか。

ただそのテーマはあくまでアメリカ社会におけるものなので日本人である私達にはいまいちリアルとディフォルメとの境がよく判らず、鵜呑みにすると「アメリカって深刻な問題を抱えてるんだなあ」ってなるし、ジョークとしてみれば「シンプソンズとサウスパークの中間位置位にいるアニメ?」となるわけです。

さてこのアニメがどう過激なのかって話なんですが。

・子供達が悪さをするとおじいちゃんは皮ベルトを振り回して子供達をめった打ち。

・ロリコンの黒人ラップスターが少女を買収して小便引っ掛けるプレイにハマる。

・「ニ○ーってのは病気だ。年々肌が黒くなってく。マイケル・ジャクソンだけは例外だが」と主張する白人至上主義な黒人。

・「○ガー同志は会うとすぐ喧嘩を始める。これがニ○ーモーメンツ。これで命を落とす事も少なくない。黒人が死亡する理由の第三位だ。ちなみに一位は白人警官に撃ち殺される事」と語る主人公。

等等。どっからどこまでがジョークなのかわからず「ここで笑ってしまうのってもしかして凄い不謹慎なんじゃないの?」ってなるのでなんとももやもやするアニメ。それがブーンドッグス。ヒューイのクールな子供視線が結構好き。

そんなわけでアメリカ文化に詳しい人。どなたかこのアニメの正しい見方を教えてくださいませんか。

※作中ではニ○ーという言葉は一切伏せてません。伏せずに連呼されるのでもやもやして来るんだけど。
[PR]
by tsujihatago | 2007-05-15 21:07 | アニメ