カテゴリ:TRPG( 76 )
先日ソードワールドやりました。
面子はほぼ初対面の人達のみという珍しい状態で遊んでまいりましたソードワールド2.0
場所は…寄寓にも先週のダブルクロスと全く同じ場所で同じ部屋。ここでTRPGするとこの部屋に真っ先に連れ込まれるのはルールなのかすら。

パーティーリーダーは困ってる人を拾ってはメシを奢り、更に借金を重ねていく"熊撫の"ベア率いる『ルキスラ・ベアーズ』。野球チームっぽいよね。
ちなみに宿の名前は『若い人妻亭』・・・・・・・・・一応言っとくけど私のネーミングじゃありませんよっ!?

ベア(人間男:ファイター/レンジャー)
山で熊と相撲を取ったりしているピピン的にマッチョなガチムチで朴訥な感のあるパーティーリーダー。カバーリングと分厚い装甲が何よりの武器。割と奔放なメンバーの中で人間関係の中心にいりする人物。

シュラークバル(ルンフォ女:マギテック/シューター)
生まれで『純潔』を引き当てたためベアによって発掘された事を機に彼に拾われる事に。発掘された当初ブリスターパックに入っていたのは恐らくただ妄言である。ベアがパッケージを破ったために商品価値が無くなり買取不可になったとかも妄言である。

カイナ(エルフ女:プリースト/セージ)
ボケ役ばかりのパーティー内で唯一まともな思考をしている良識人。とにもかくにも彼女がいない事にはこのパーティはやっていけない。筋力が低くて何も装備できず、スキル的にも金を使わないため余裕のある財布をパーティの食い物にされるかわいそうな人。

んで私。生まれで『恥ずかしい称号』と『一箇所に五日以上滞在しない』を引いたため自己紹介時の一笑いを狙った出オチキャラ。

”無宿の任侠 渡りの”朱鴉(あけがらす)(ナイトメア女/フェンサー/スカウト)。
以前書いたステータスの能力値の高さを生かしてフェンサー3にして武器習熟を習得してピラーを装備したキャラ。初期レベルで通常攻撃のクリティカル値が8という一撃必殺キャラです。
はるか東方から旅をしてきて行き倒れているところをベアに拾われ、その恩義に報いるるべくパーティに。黒鉄の丹のイメージだったんだけど電車の中で最強のフィアンセを読んでいたせいで思い切りベネットに引きずられる結果に。


セッションはダンジョン物。
2.0でスカウトやるのは初めてなのでここは頑張らねば!

結果は…罠はみつけられるし外せるけどどんなものが仕掛けられているのかはさっぱりだったりしてました(笑
まあスカウト1Lvしかありませんが元のステータスの高さと、冒険者レベルの高さがあるためHPも高く抵抗値も高いので男解除もお手の物。そこそこイケたと思います。

え?肝心の戦闘の方はどうだったかって?


………


コロコロコロッ…6ゾロで命中!さぁクリティカル値8によるダメージを!

コロコロコロッ…3。

どんまいどんまいっ!

コロコロコロッ…6と5で命中!さぁクリティカル値8によるダメージを!

コロコロコロッ…3。

どんまいどんまいっ!


そんな感じでしたともさ…orz
[PR]
by tsujihatago | 2009-05-18 22:28 | TRPG
ダブクロキャラメモ
昨日の日記に書いた自分のキャラのキャラメモとか。

1.背景

・実は一番初めバツイチの女性キャラの予定だったけど男女バランスを考えて急遽男に。男にシフトさせた時の事も想定済みだったりする。

・元々レネゲイドウイルスの研究員。だけどノイマンではないので大きな成果は上げてない。

・妊娠中の奥さんの前で覚醒、奥さんのお腹の中の胎児に渇きの主を使ってしまい、奥さんは心を病んで病院へ。見舞いに行くと人形に話しかけてたり、夫が近づくと夫の事は覚えておらず恐怖の対象になってて花瓶とか投げつけてくる。

・自分は研究者としての自分の才に見切りをつけて、レネゲイドウイルスによる悲劇を少しでも減らすため、超常専門の探偵としてデータ集めに専念。

・女性のままだった場合はお腹の中の子に渇きの主。対抗種とかでそういうのやっても良かったかな。この場合夫とは離婚するけど時を置いて友人として関係を構築し直してたりする。

・この辺ハードボイルドな男性は不幸に耐える姿が、ハードボイルドな女性は不幸を乗り越える姿がかっこいいと思ってるからかもしれない。



2.データ
データ的にはキュマイラ/ブラムストーカーの攻撃的従者使いは侵食率的に厳しかったかも。

従者作る時の達成値的がある程度欲しくてロイヤルブラッド取ってみたけど生還者でもないと従者の大量生産はやっぱ難しいかも。

従者の達成値上昇を完全獣化で補おうとするとどうにも一行動遅れちゃうフシもあるし。
となると血の絆で前もって呼んでおいてからマイナーで完全獣化+破壊の爪+ハンティングスタイルした後即座に大蛇の尾で攻撃とかかな。
でもそこまでやると生還者でも重そうだからもうちっと計画的に作った方が良いのかも。

ま、今回みたいに常に出目が30行くか行かないか、って状況ではあんま関係ないか(笑



3.ロール
・生まれるはずだった子供に重ねるとかは親子ロールが大好きな身としてはたまらない。

・そういうのも込みでハードボイルドなおっさんと少女との絡みは最早鉄板。

・なのでエクソダスではガブリエルとアイヴィのやり取りとか大好きだったりする。最終巻とかほろりときた。

・そしてあまりに幼女キャラといちゃいちゃしていたために「もう結婚しちゃえよ!」とか言われた。おっさんキャラをやる度そういう事を言われる気がするのはなんでだろう(笑

・今回思いついたエンディングは三つ。

その一、幼女と交流を深めて探偵助手にする。翌日から始まるママゴトのような日常が可愛くていいと思う。キャラを重ねて使っていくなら文句なしにこれだな。

そのニ、10年後、大人になった幼女と結婚式。長い時間を重ねてはぐくんだ絆が結実する感じ。いかにもハッピー。

その三、10年後、大人になった幼女がウェディングドレス姿で目の前に。身なりを整えたおっさんが彼女の手を取り、結婚───と見せかけて付添い人。少女はおっさんの頬に小さくキスをしてから新郎と誓いのキス。巣立つ少女を見送るおっさんは嬉しそうで少し寂しそうで…という終り方。一番ハードボイルド的なハッピーエンドかも。

・最終的にその一を選択。ニや三みたいなのも大好きだけどキャンペーンのエンディング向けかなー、と思った。



改めてキャラ作りから始まり徹頭徹尾楽しかった。次はどんなキャラにしようかなー。
[PR]
by tsujihatago | 2009-05-13 21:48 | TRPG
ダブルクロスやったよ!
そんなわけでダブルクロスで遊んできました。久しぶりのTRPGだぜーっ!

面子はGMすがのさんでプレイヤーはみかきさんエラ様林君というイラストレーターセッションです。
いつもセッションすると概ね誰かしらが遅刻してくるもんなんですが、待ち合わせの時間ピッタリに全員集合。皆几帳面だなw


PC1はエラ様。
新谷零児(バロール/サラマンダー)。
データに強いエラ様らしく攻撃に援護にカバーリングに大活躍。けれどこのシナリオで初めてレネゲイドに目覚めたという末恐ろしさを感じさせるキャラ。
立てられるフラグを片っ端から叩き折る天然少年。

PC2はみかきさん。
沢谷ハトリ(エンジェルハイロゥ/ブラックドッグ)。
遠距離からの装甲無視やシーン攻撃が猛威を振るうPC1のクラスメイトで委員長。
シナリオヒロインと水面下で激しく火花を散らしあいながらPC1を奪い合うひんぬーツンデレなヤキモチ上手。

PC3は私。
白木薫(キュマイラ/ブラムストーカー)
作り出した従者が片っ端から破壊の爪と装甲無視で殴りかかる手数で勝負の40を数える一言多いフリーの探偵。
少女の涙を止めるために頑張る和製ハードボイルドです。

PC4は林君。
阿部マリア(エンジェルハイロゥ/オルクス)。
「殺していいのはジャームとFHのみです」の宣言の元装甲無視の攻撃で立ちふさがる敵をズンバラリ。
時に優しく時に手酷く、周囲をガタブルさせるUGNが誇るシスターエージェント。

セッション開始前から「今日はシリアスな感じかなー」GMがいったとたんナチュラルにギャグを挟んでしまってるエラ様流石w
そしてそのギャグを重ねてラストでその行動に理由付けをする事で一転してシリアスに変えるのもおでれーたよ。
シナリオの内容には触れないようにしておきますが笑いの絶えない(出目的な意味でも)素敵なセッションでございました。

セッション終了後は皆で飲み屋に移動。飲み食いしながら4時間程お絵描き話やゲーム話に花を咲かせておりました。絵描き面子特有の会話内容でこっちも楽しかったです。

遊んでくださった皆さんありがとうございましたーっ!
[PR]
by tsujihatago | 2009-05-12 18:00 | TRPG
ダブクロキャラメモ
現在やる予定の立ってるTRPGはダブルクロスが二つ。
ハートレスメモリーと古くからの友人達とのオンセ。

先日一緒にハートレスメモリーをやる予定のyobiさんと会った時に「なんかやりたいキャラのイメージとかってあるー?」なんて話になりまして。
「吸血鬼とかいいよねー」
「俺も俺もー」
「例えばどんなの?」



yobiさん『月姫』



俺   『彼岸島』



…だってデータ見たらやりたくなるじゃない!
武器に大木があるなら使いたいじゃない!

「皆!武器を丸太に持ち替えろ!」って言いたいじゃない!

そんなわけで近接系をやる事になったら丸太を持ちたいなあ、という妄言でした。
現時点で心がけなきゃいけないことはハンドアウトを無視したキャラ作りをしないこと(笑
とりあえずハンドアウトいただける日が楽しみですw


んでもう一個のオンラの方のキャラ作り。
以前ダゴン様を作りたいみたいな話をしてたんですがちょっと心境の変化がありました。
というのは参加メンバーが高校生キャラだというのがあったのですが彼曰く

『折角場所が高校でダブルクロスなんだから高校生キャラがやりたい』

目から鱗。
思えば最近セッションする度に俺ちゃんステージにそぐわない事でキャラを立てるという事をやりすぎた。もっと素直になろうじゃないか(笑

さて素に戻ってキャラを考えだすと学生のダブルクロスキャラでなんかイメージの元になりそうなのないかなー、とか思いながら仕事の休憩時にパラパラルールの類を眺めてたらピンときたのよ。

変身ヒーロー。

いわゆるマスクドヒーローズ的なものではなく、現実に存在を知られていない、もっと時代の影で戦ってる感じのヒーロー。
それでいて自分の能力のコントロールに苦しんだり、日常と非日常の狭間で苦悩する感じ───てとこから決定。

平成ライダーを色々ミックスする感じでいこう。

んで学生のライダーというと…響鬼のアキラちゃんがいました。

・そんなわけで修行を重ねる事でオーヴァードの力をコントロールする術を身につけた一族の出で、代々時代の影でジャームを狩ってた事にしよう。

・そういうタイプが学校に通う事になって…っていうUGチルドレン的なロールをする方向で。

・能力に貼るテクスチャは響鬼っぽく変身してそこらの物品を武器に変形させて戦うクウガ系って事でキュマイラ/モルフェウスかな。

・ダブクロ未経験者もいるので一回目の使用ルールは基本のみ。サプリが解禁されたら古代種がいいかなあ。腹に賢者の石が埋まっててもいいんだけど。

・そしてちょっと毒要素が欲しいのでサプリ解禁と同時にFHになるという選択肢もアリ。

・一回目でどうしても善人ロールするハズなんでFHに従う止むに止まれぬ理由が必要かな。

・父とか兄とか姉とかその辺がジャーム化してて、FHがそれを保護とか冷凍保存してるとかでどうだろう。何時かジャーム化した人間を元に戻す技術が開発される時がくると信じて。

・あ、中年オヤジにして奥さんがジャーム化してるとかって路線でも良かったかも。

・でも今回は高校生で。

そんなわけで早くげームしたいというそんな欲求をつらつらと書き連ねつつ今夜は仕事に戻るのでした。
[PR]
by tsujihatago | 2009-01-09 21:25 | TRPG
コミックスが出ます!安達くんの!
初めはタイトルに安達くんの名前は出さないままのがいいかと思ったんだけど、この日記を読んでる中でエロ関係からきた人にしてみれば紛らわしいことこの上ないのでこんなネタとしてもハンパなタイトルになってしまいました(笑

そんなわけでGF誌上で大好評連載中のエラ様こと安達洋介先生のTRPG4コマ『くいっくすたーと!!』が単行本で発売されます。
なんだか原稿にかなり手が入ってるらしく連載を読んでた人もコイツは要チェックですよ!ファンなら一人三冊買うんだ!

発売日は12月下旬となってますが、23日の年忘れコンの物販ブースには並んでるそーです。行けない人は書店注文とかするといーと思うよ!

あ、『くいすた』って略称で呼んでると忘れがちだけどアルファベットで『Quick Start!!』が正式タイトルなので注文するときは皆さん間違えないよーに。
[PR]
by tsujihatago | 2008-12-20 10:44 | TRPG
ビューティフルデイ読了
そんなわけでようやく読み終えることが出来ました。 『トーキョーN◎VA The Detonation リプレイ ビューティフルデイ あるいはヒュー・スペンサー最後の事件』

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757745540/fc2blog-22/ref=nosim/

d0071862_23211543.jpg
TRPG知らない人に説明すると、リプレイっていうのはTRPGを遊んでる会話ややり取りを台本状にして読み物として特化させた物です。TRPGって遊びがどんな雰囲気なのかというのを掴んでもらうにはこのリプレイってやつを読んでいただくのが一番なのではないでしょうか。

そんで今回読んだのが『トーキョーN◎VA』という15年の歴史を持つゲームでして。
酸性雨の雨が降り注ぐサイバーパンクな都市を舞台に企業の工作員や警官、テロリストにサイバーサイコ、ヤクザにギャングに警官に、探偵、ジャーナリスト、ボディーガード。
ハッカーや魔術師超能力者、企業のトップや特権階級、犯罪組織の頭目まで、多種多様なキャラクターが様々な物語を紡いでいくとかそんな感じの世界でして、TRPGというとファンタジーというイメージがある人にはちょっと意外かもしれません。

そして読んだ結果ですが。

いやー…面白かった!
こう、かっこいいキャラというヤツはハードボイルドだろうと番長物だろうと共通点ってのがありまして、それは「何があってもやるべき事をやり遂げて、やるべきでない事はけしてやらない」っていう、いわゆる『スジを通す』ってトコにあるんだと思います。

このリプレイはそれぞれのキャラクター達がそれぞれのスタイルっていう生き方に対する美意識を貫いてく姿がかっちょよく、そしてその美意識がぶつかるシーンもあるんだけどもそれを物語の中で上手く折り合わせて行ったりもするんです。
もー、ラストの方なんかほろりときちゃいましたよ、私。

ただキャラがかっこいいだけじゃなく、時に対立する立場にある者同士が同席するセッションでのプレイングの参考資料としてもばっちり機能するのではないでしょうか。

これ以上何か語ってネタバレする事になって、ほんの僅かでも新たに読む人の感動を損ねたくないのでこれ以上多くは語りませんが、トーキョーN◎VAが好きな方は勿論のこと。まだN◎VAに触れた事が無いゲーマーの方、ハードボイルドが好きな方、オヤジ萌えな方々、皆にお勧めです。
[PR]
by tsujihatago | 2008-11-19 23:23 | TRPG
買い物(主にダブクロキャラメモ)
先日師匠が使わなくなったトーンをプレゼントしてくれたのでほくほくしたりしていたんですが、肌に張るトーンとかがちょいと不足気味だったので今日は津田沼ユザワヤまで買出しに行ってまいりました。

それと千葉の田舎でフラゲを狙うのはいささか無理がありますが、ダメモトでハートレスメモリーを買ってこようというもくろみもあったりしたわけです。

http://www.fear.co.jp/information/hlsm_info.htm

先日やったダブルクロスに『古代種は無し』という制限があったため、どうにも脳内に古代種やりたい病が発祥。
・とりあえず当日思いついてた南極の氷の中から発掘されたキュマイラ/ノイマンの古代種で、アスリートとか格闘家とかの超人強度7000万パワー。獣性と知性とを併せ持つマンモスマンとかやりたくなってたわけなんですが。
・南極から掘り起こされた古代種という設定を考えたところで、カルドセプトでは水デッキをメインにする私の脳に神の啓示が降りたのです。

・『ダゴン様を作るのだ』

・普通に美少女がモンスターに変身して触手ニョロニョロというのであればキュマイラ/エグザイルなんかがいいんでしょうけれど、私の脳裏に浮かんだダゴン様は漫画版のダゴン様。
・迫るリヴァイアサンの大群を美少女の掛け声と共に現れた無数の巨大触手の群達が一撃の下になぎ払うという図。ただのエグザイルの触手っていうのじゃちょいとインパクトが弱い気がする。

・そんなわけでブラムストーカー/ソラリスで作成スタート!
・血の従者が巨大な触手であるってテクスチャーをはっつければに触手問題はOKでしょう。んでダゴン様の応援を表現するならポイズンフォッグに狂戦士かオーバードーズか。
・従者にある程度の戦闘力を求めるからにはやっぱ渇きの主が欲しいよな。
・でもまんまダゴン様じゃちょっと面白みが足りないか。
・となるとキャラ立てに関わる部分で弄るかなあ。
・んじゃあFHに発掘された事にして装着者を取ろう。FHエージェントCなら社会が高めになるからDロイスの分でリンクシステムを装備して、高い固定値を使ってトループを二つ程持つ。そのトループ達とリンクする事で常日頃からFHに監視され使われているというのはどうだ!

・可能であれば上がる侵食値に危険を感じたFHがトループ達の装備を一新するとかにしてパワードスーツを購入したりして更に強化。侵食率が120%を越えたら血の契約をそのトループ達にしかけて、トループ達を取り込んでしまうとかってことにすればますます悪役っぽく…

・あ、今脳内で「ツジさんはそれをPC幾つでやるつもりなんですか」という声が聞こえた。

・なんて事を考えてるうちに津田沼到着。やっぱフラゲは無理でした。しょぼん。
・しょーがないので今やってる原稿が終ってから手に入れよう。

そんなわけでトーンを購入してからご飯。パルコの上にあった鳥そばのお店がなくなったので新しい店を探さなきゃいかん。
って事でモリシアのタコデリオに行ってチョリソのタコスとチリタコライスを食べてきました。

d0071862_15482490.jpg

http://gpado.jp/restaurant/rst_index.html/shop_cd/1112-00001084-000

どっちもサワークリームとかが入っててジューシーなんですが、ライスはノーマルのタコライスのが美味かったかもしれない。あとハラペーニョを足しても最早俺の舌は辛くてのたうつとかそういう事を放棄したらしい。普通にハラペーニョの香りが美味しく感じる。
美味しいんだけどまだ俺の中で鳥そばの時ほど定番の味にはなってないんだよね。津田沼はもうちょっと色々食べ歩いた方が良さそうかなー。
[PR]
by tsujihatago | 2008-10-17 15:51 | TRPG
ダブルクロスしてきたよ
そんなわけでタイトル通り今日はダブルクロスを遊んできました。

今回はエンドラインを舞台にDロイス有りのセッションです。キャラクターはフルスクラッチとの事だったので久方ぶりにルールと長時間にらめっこを経験しました。うひー、仕事がー!

そんなわけでキャラクター紹介っス。

PC1:”ヒドロフォビア”榊 隆盛 ♂ 25歳(キュマイラ/ハヌマーン)
幼い頃に覚醒を果たした元UGN、現在ファルスハーツエージェント。ジャーム化寸前の妹を守り、その治療法を探すためあえてかつての仲間達と袂を別ったダブルクロス。軽い態度のその裏に熱いハート押し隠すまさに生粋のPC1!

PC3:”ニグレドロビン”令佳 ♀ 26歳(バロール/サラマンダー)
ディアボロスこと春日恭ニの懐刀。クールで慇懃な立ち居振る舞いでありながら、春日恭ニが絡むとラブ・ぱぅわーを全開にして舞い上がり、あっという間におっちょこちょいなキャラへと化ける。キャラ作りなのか寝てないからなのかはPLだけが知るところ。

PC4:”気高き守護者”城崎 澪 ♀ 28歳 (オルクス/サラマンダー)
最早FHの犬と化した警察機構の中にいながらまだ尚折れぬ牙を持つUGNの女刑事。裏切り者のPC1を軽蔑しつつFHキャラと対立し、本人はあくまでハードボイルドなロールを行いながら相棒のエキストラが腰が砕けるようなギャグを担当するという凄いキャラ。

ほんで私が担当したのがPC2。
PC2:”ロストアイズ”クレメンス・バーンズ ♀ 34歳(ノイマン/エンジェルハイロゥ)
覚醒時に自分の子供の目の前で夫を殺し、そのトラウマで自分の事を忘れてしまった息子を養うために、息子と離れて暮らしながら殺戮の中で生きる殺し屋。その目は常に多機能ゴーグルで覆われ、全ての視覚情報を電脳を介して加工された情報として知覚する。その中で現実離れした殺人を繰り返す事で辛い現実から逃げるうちに、ゴーグル越しの加工した現実以外受け入れることができなくなった悲しい女。

「ツジさんそれでPC2のつもりですかっ!?」

「あ゛」

い、いや、違うんじゃよ。シナリオ的にPC1のヒロインは妹だと思ったからこういうキャラでもいいかなあって!

「そこで妹への当て馬をやるんだよぉっ!」

この発言をした人が誰か察しがついた人、ナイトウィザード通(笑


とりあえずPC1との絡みを考えた場合PC2的に34歳はねぇよ!、って事で年齢不詳に。
FH戦闘服を着込んで宇宙戦闘機に乗り、FHG-600をぶっ放すという成金なキャラ作りで頑張ってきましたよ。

俺的FHエージェント像に乗っ取った結果精神安定上ゲーム感覚で殺しをしなきゃいけない、っていうキ印キャラだったのでフィクションにしてももう少しとっつき安くするべきであろう、という事で移動時の車中でゲームに向かいながら「死ねっ!死ねっ!死ねっ!」と連呼しつつヤバゲな雰囲気をかもし出しつつ「畜生ーっ!レッドアリーマー強えぇーっ!」って親しみやすい悪態をつくというネタは好評。ロックマンをチョイスしなかったのは俺がいかに時勢を読めていないかという事の証明な気がする。実はコレ、前の日からやろうと思ってたネタ(笑

侵食値は43スタートっていう厳しい状況だったのでこのセッション限りのワンオフとしてデザインしてジャーム化した時の死に際まで考えていったんだけど蓋を開けてみたら倍振りせずに帰ってきたという予想外の結果に。高い装甲値に任せてリアクションエフェクトを一切取らなかったせいみたい。

エンディングでは事件の報告を聞いてから部下を全員部屋から追い出して、一人ぽつんとオンラインゲームを始めると、そこで実の息子がアクセスしてくる。それは自分の身分も何もかも一切伏せてはいるけれど、自分が息子に触れる事が許される唯一の瞬間なのでした。
っていうオチ。
ジャーム化してたら自分の死に際をPC1に見せて「あんたはこうなっちゃいけないよ」的方向にいくつもりだったんだけど結構自分好みにまとまったんで良し!

初対面の人がいるというのになんだかアレげなキャラをやってしまった感はあるけどまあそこは「なんてどうしようもないヤツだ!(><」と心の中で罵っておいてください。今度からはちゃんとハンドアウト読みます。キャラシーも読みます(笑

やー、面白いセッションでした!
[PR]
by tsujihatago | 2008-09-27 22:41 | TRPG
それは新しいリプレイの形?
そんなわけで昨夜ツイッターで耳にしたTRPG絡みの動画がこちらでございます。
題材になるルールはクトゥルフですな。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm4670636

元々レッドドワーフ大好き野郎なのでリマーネタ惹かれてこの動画を覗いたんだけど、こういうふうに音やヴィジュアルがくっついてくる形式のリプレイっていうのも楽しいなあと思ったわけですよ。

他にもTRPG系の動画でプレイ音声にイラストをつけてアップしてる人もいまして。そういう方向ならテキストに起こす手間も軽減できるしさ。

何時か全てのキャラのセリフに音声もついてテキストも表示されてマップやら挿絵やらアニメーションまで付加される、そんなリプレイが出ないもんかなー、とか思ったけど激しく金がかかりすぎだよな、ソレは(笑
[PR]
by tsujihatago | 2008-09-20 21:05 | TRPG
JGCレポ ~三日目~
およそこの辺になると疲労とか眠気とかで口から魂が抜け落ちそうな感じになってくるわけなんですけれど、ラストスパートってところでもうひとふんばりです。

そんなわけで疲労困憊といった風情で受付に座る私の前に一人の救世主が現れました。それが林啓太君です!
新たに加わった絵描き仲間を加えて…ってふと周囲を見回すと何故かしのさん、すがのさん、林君、俺の服が下がジーンズに上は黒という形で統一される。どこの家系ラーメン屋だ(笑

とにかく林君が遊びにきたついでに色々お手伝いもしてくれたので超大助かりであると共に、彼の示した熱い友情に胸にこみ上げるものを抑え切れなかったわけであります。

そんなこんなでJGCもエンディングへ。
皆が閉会式に向かう中一足先に引き上げることになるわけです。しのさん、すがのさん、林君と共に駅に向かうと…俺だけ一人帰る方向が違います。あれあれ、こういう時って帰り道にJGCの思い出トークとかできるもんなんじゃないの?

そんなわけでちょっぴり寂しく上野のVanulsでお食事です。

http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13043426/

駅を出てすぐという簡単に行ける感じのこのお店はスペイン料理のお店でして、出てくる小皿料理もマンボウの腸の炒め物とか豚血のパテとかの珍品も相まって本場の空気が楽しめます。
とりあえずその豚血のパテとイカ墨のパエリアをオーダー。食べてみると…確かに美味っ!激しくお酒が欲しくなる味ですがそこはぐっと我慢です。
十分お腹一杯になれたので今度来る時は友達連れで来ようと思いつつ、私は現場を後にしたのでございました。


教訓:イカ墨物を食べた翌日はトイレでびっくりするの法則
[PR]
by tsujihatago | 2008-08-27 13:49 | TRPG