カテゴリ:映画( 68 )
ダークナイト見てきたよ!(ネタバレアリ)
そんなわけで昨日に引き続きダークナイトのお話。今回はもうネタバレ有りなのでまだ映画をご覧になってない方はスルーする事をオススメします。その辺の予備知識は持たずに見てもらった方がやっぱり楽しめると思うしねー。

そんなわけで画像をはさみつつしばらく空白を置いてでネタバレ感想を開始したいと思います。             
d0071862_15471476.jpg
                                                                 















                                            
でわスタート。
いや、やっぱ今回はジョーカーでしょ。これに尽きるとは言えないだけのクオリティの高さを誇るだけど、でもやっぱりジョーカーをまっ先に語りたくなっちゃうよ。

今までのイメージにあった道化のメイクにびしっとスーツで固めた、どこか洒落者な雰囲気とかは一切無くしちゃってて。剥げかけたメイクとその下に隠し切れない左右に引き裂かれた唇の傷。
声色が絡みつくような唾液の音を交えた喋り方に、相手の内心を見透かし値踏みするかのように時に小首を傾げたり斜に構えて覗き込むその仕草。
神経質そうに小刻みに身体を揺らすその仕草は何時銃の引き金を引くか、何時そのナイフで相手を切りつけるか。それが敵を狙うのか、あるいは味方を狙うのか。そんなところまで想像がつかないような狂気を感じさせるあのキャラ作りはアニメやコミックで見せてたコミカルなジョーカー像とは違います。
ヒースの演じるジョーカーはバットガールを半身不随に追い込み、ゴードンを拷問にかけ、二代目ロビンを殺し、3代目ロビンを発狂させたジョーカーですよ。
アメコミ業界で最も狂気に満ちた悪役がついにスクリーンに姿を現した感じで超嬉しかった!
看護婦姿でハービー・デントの前に現れた時、そこに笑いより狂気を感じさせたのは凄い事だと思います。

ところでラストの方のジョーカーが逆さ釣りになってるトコ見て思ったんだけどさ、ヒースのジョーカーって逆さにされると頬の肉が持ち上がってジャック・ニコルソン版に近くなるよね(笑
あー…くそう。返す返すもヒースが亡くなったのが悔やまれる。


んで今度はバットマンに触れよう。
自分の趣味的なイメージで言えばクリスチャン・ベールはブルースをやるには線が細いと思う。もう少しマッチョでエラが張ってて欲しいんだけどここはアメリカでも美形像が変っていってるって事なのかな。

今回はバットモービルがパワフルでいいな!下からかち上げてトラック吹っ飛ばすシーンとか吹いたわ。んでモービルから発射されるバットポッドのあの異様。内蔵されてたのかyo!
ジョーカーのトラック止めるまでのチェイスシーンも合間にスローモーションが適度に加わることで緩急もついててスピード感もあったし、最近見に行った映画の中でも屈指のチェイスシーンだったんじゃないかな。ちなみにスピードレーサーはまだ見てない。

d0071862_1548872.jpg


それと今回のバッツの奥の手ですよ。ゴッサム中の携帯電話の盗聴を行いつつソナーシステムを応用してその映像を…ってこれレーダーセンスだ!ていうかこれサポートしてくれる人いたらデアデビルのレーダーセンスより性能いいんじゃ…そうか!ここでオラクルが参入か!(多分無い

今回のバッツはジョーカーとチキンレースで競うみたいに手段を選ばなくなってくのが凄い。このままじゃ誰も自分の周りにいなくなっちゃうって事をわかってるんだろうかと不安になるような、そんな危うい感じがよかったよね。
d0071862_15492622.jpg


そして登場、ハービィ・デント。超ケツあごで正義感のアメリカン・タフガイ。命を惜しまず悪にも屈せず正義のために戦う姿はまさに光の騎士。
でもまあ名前を聞いた時点で彼が最終的にどういう道に進むか、っていうのはアメコミファンは知っていたと思います。
しかしその過程が!
自分の身よりもレイチェルを案じ、自分の傷よりもレイチェルを思い、だからこそ道を踏み外していくその姿はトゥーフェイスという悪役にぐっと奥行きを感じさせてくれました。
ラストのアレは結局デントは生きてるのかな?
次作のヴィランがリドラーだと聴いたもんだからHUSHのストーリーを採用して光の騎士の復帰、なんてのもアリかなーとか脳裏を掠めていったんだけど。

レイチェルとの関係は…実はああなるだろう事は想像ついてた。だってバットマンが女と上手くいった時なんて無いじゃん(笑

http://wwws.warnerbros.co.jp/thedarkknight/
[PR]
by tsujihatago | 2008-08-11 15:55 | 映画
ダークナイト見てきたよ!(ネタバレ無し)
そんなわけで見てまいりました、バットマンの新作ダークナイト

d0071862_23335588.jpg

ぶっちゃけ前作のビギンズにあまり納得の言っていなかった私としては、ジョーカーという演じることが極めて難しげなヴィランの登場に『どうなることやら』とガクブルしていたわけなんですが。

そんな心配は一切無かった。

面白い!ダークナイトは文句無く面白い!

実は下馬評がどんなものかを知りたくて、感想とかを見て回っていたんですがそこでうっかりネタバレ系のサイトを踏んじゃってたんですよ。
「あちゃー、やっちゃったー。勿体無いことしたー」
なんて思っていたんですけれど。

映画が始まるやネタバレで見た内容などどこへやら。ぐんぐんゴッサムの世界へ引き込まれて気がつけばこれから先何が起こるのかという内容は記憶の外へ。3時間という長丁場にも関わらず、次に何が起こるのかと言う事にドキドキしっぱなしでしたとも。

そしてこの映画を語る上でやっぱり外せないのはヒース・レジャー演じるジョーカーです。
ジョーカーといえば1989年のバットマンでジャック・ニコルソンが演じたそれが真っ先に思い浮かぶことでしょう。
d0071862_23383919.jpg
その怪演ぶりを知る人からは「ヒースにアレを超える事ができるのか」というような声も聴かれましたが、蓋を開けて見てびっくり。
d0071862_23392521.jpg

凄い。怖い。ヤバイ。

シリアスなシーンにも関わらずジョークを交えつつ会話するジョーカーの姿は下手を打てばただのギャグになってしまうところなんですが、ヒースのジョーカーはそこに狂気を感じさせるのです。
会話をしてはいてもそこにコミニケーションは成立しない。したがってけして理解する事はできない。喜怒哀楽でせ行動するのかそれともそれ以外の何かがあるのか。自分のうちにある全てを哄笑と狂気に満ちたジョークで表現するジョーカーの怖さはハンパないです。

そしてアクションに関しても他のヒーローの映画に見られる派手な超能力合戦の類は無い物の、格闘以外にも大興奮のチェイスシーンや爆破シーンなど見所満載。

更にストーリーの方ですが…こちらは明日改めてネタバレアリの日記として書きましょう。

正義とはこういう事だ。悪とはこういう事だ。ヒーローとはこういう事だ。ダークナイトはまさしくバットマンの映画でした。

http://wwws.warnerbros.co.jp/thedarkknight/
[PR]
by tsujihatago | 2008-08-10 23:40 | 映画
なんだこりゃー
プラネットテラーの続編か?
d0071862_20404761.jpg


一目見て思ったのはソレでした。
美女が義足として片足にマシンガンを装着して、ゾンビどもをばったばったとなぎ倒す、らしい。プラネットテラーin グラインドハウス。そのヴィジュアルのインパクトから見て見たいと思いつつも私の苦手な「ゾンビ物である」「スプラッタである」という点が足を引っ張りまくり結局見損ねたわけなんですが。

再びヴィジュアルで見て見たいと思わせるブツが出てきたんスよ、お客さん。

d0071862_2041219.jpg
それが「片腕マシンガンガール」
http://www.spopro.net/machinegirl/

ね?頭悪げなタイトルでしょ?
思わずニヨニヨしちゃうじゃないの。弟を殺され、腕を切断された復讐に燃える女子高生が片腕にマシンガンを装着して悪漢どもを容赦なく撃ち倒す。
敵はヤクザ中学忍者だ、スーパー遺族ドリルブラだ!
眩暈のするよな言語センスが変態がかった悪役達をスクリーンの中に産み落とす!
マシンガンガールと相棒のチェーンソーガールは果たして彼らを倒すことができるのか!?

…もう頭悪いじゃない。
…でも惹かれるじゃない。

こう、ばかげた悪役とかダイスキな身としては是非みたいところなんですが。
ようつべのトレーラー見たらどーにも俺のグロゲージを突破しちゃいそうなんだよねー(==;

そんなわけでつべ版トレラー。グロ注意。
http://jp.youtube.com/watch?v=eSpCWJnnWVI&eurl=http://blog.livedoor.jp/iguchinoboru/
[PR]
by tsujihatago | 2008-08-07 20:42 | 映画
アメコミよもやま話
アメコミ映画が山積みになっている昨今、ダークナイトも見たけりゃハルクも見てぇとなってる最中、またも日本でも上映してくれそうな新作の情報です。

http://eiga.com/buzz/20080804/5

スパイダーマンからのスピンオフ。3でピーター・パーカーと激闘を繰り広げた宇宙からの寄生モンスター、ヴェノムが主人公の映画のスピンオフ企画が動き出した模様です。

…しかし誰に寄生させて誰と戦うんだろう、ヴェノム。俺ブロック以外のヴェノムって知らないんだけど確かブロックってラスト死んじゃったよね?
じゃあ映画オリジナルなのか、それともアメコミらしく超展開で他のヒーローが着るか。ほら、似合いそうなのいるじゃん。パニッシャーとか。まあパニはキャプテンアメリカになる未来も待ってるわけだしそれはないか。
んで戦う相手。ヴェノムと言うとカーネージかなあとも思うんだけどスパイダーマン3と被りそうな気もするし。

あと気になるのが20011年予定のスパイダーマン4。ヴェノムの後は誰とやるんだろう。アレか。いよいよキングピンか!
ハルクアイアンマンの社長もちらりと出てきたりするらしいし、そろそろマーヴルユニバース同士のヒーローの競演物もやってくれないもんかね。
まあ対戦相手がキングピンならタッグを組む相手はデアデビルしかないわけなんだけど(笑



次のネタ。
JIVEさんからヘルボーイの新しいのが翻訳されて先日発売されたわけなんですが、ちょいと見てくださいよこの帯を。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/customer-images/4861765382/ref=cm_ciu_pdp_images_2?ie=UTF8&index=2#gallery

なんとヘルボーイ2がいよいよこの秋放映決定です!
劇場版のヘルボーイと言いますとインテリジェンスに溢れたオヤジである漫画版よりも悪態が5割増しで多く、恋に奥手で僻み方もハンパなくなってるわけなんですけれど。
でもそこがいいんじゃよ!硬質なかっこよさに対して映画版の人間臭いかっこよさは別室の良さであって、断じて改悪なんかではないのです!
ってことで2のトレーラー貼っとく。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm4187179


あと昨日見てたジャスティスリーグがあまりに楽しかったのでその話をちょろっと。
見てた回は『消えた英雄』の前編ですね。
この回はスーパーマンに恨みを持っている悪役達が協力し合って犯罪を起こし、スーパーマンを消滅させててしまう、という話です。

スーパーマンという偉大な英雄の死を悼む仲間達。別の惑星にいるハズのランタン隊まで葬儀に参列する中、そこにはスーパーマンの宿敵レックス・ルーサーまで姿を現します。
彼の死を笑いにきたのかと涙ながらに彼を罵るロイス。しかしレックスの取った行動はロイスを抱きしめ「信じられないだろうが…私も悲しいんだ」と一言。なんだこのツンデレオヤジ。お前は江田島の葬式に現れた藤堂か。

そして葬儀を終え、他のメンバーがスーパーマンとの思い出を語る中ただ一人、スーパーマンが死ぬはずなど無いと葬儀にもその場にも姿を現さない男がいます。

そう、勿論それはバットマン

スーパーマンがトイマンの攻撃によって姿を消した際、そこからはスーパーマンを構成していた物質そのものが消失していた、という話でして。物質は変化するだけで消滅はしない、質量保存の法則がある以上スーパーマンが生きている可能性はあると主張するのです。

しかしバットマンがどれだけ調査を続けてもつかむことのできないスーパーマン生存の証拠。英雄の死に悲しみに暮れ、誰もいなくなった更迭の男の記念碑の前でただ一人立ち尽くすバットマン。

「これだけは言いたかった…直接言うべきだった。意見を違える事もあったが、私はお前を尊敬していた…お前はその事を知っていただろうか。お前は闇の正義しか知らない私に光を与えてくれたんだ


今 日 は ツ ン デ レ オ ヤ ジ 祭 り か !


もうブルクラ派の人にはたまらん回です。まあ801脳を働かせなくても闇の騎士と鋼鉄の男の絡みが好きな人にはたまらん回なんでオススメですわー。
[PR]
by tsujihatago | 2008-08-05 20:09 | 映画
映画見てきたよ、の続き
そんなわけで先日映画見てきたと書いたわけなんですが、実はもうちょっと見てるんです。
実は見に行った当日、オールナイトでやってたパトレイバー THE MOVIEの1&2にWXⅢ+ミニパトも見てきたんですよ。

どれも劇場で見た記憶が無かったんで折角だし、と思いまして。

まあ内容の言及についてはもういい加減皆さんご存知でしょう。しかし初めてTHE MOVIEが公開されてからもう20年もたってたってあたりがすごいですね。
私が初めてこの映画を見たのは高校生の頃ですか。結構な衝撃で、その日のうちにパトレイバーのコミック版を買いあさりに行った気がします。この辺からかな。アニメにどっぷりはまりだしたのは。
つまり道を踏み外したのは。
感慨深い…つーか時がたつのは早いもんだ。

当時パトレイバーって言えばリアルロボットの代名詞っつーか。
レイバー同士で戦うどころか入り江に迷い込んだ鯨を助ける話とか、隊長二人がラブホに入ってドギマギしてる話しとか。街中歩いてて歩道橋がくぐれず跨げず右往左往する話とか、レイバーに乗ったまま防火シャッターを手動で開けるとか。そんな地味なことこの上ない話でいっぱいだった記憶があります。今見返すとそういうのこそ楽しかったりもするんだけどさ。
とか浸ってたら早速昨夜THE MOVIEやってて吹いた。更に来週2がやるらしい。そうか、スカイ・クロラ。お前のせいか。

ところでパトレイバーの映画といえば実写化の話がありましたね。先日wikiったところお流れになったと聞いて切ない思いをしたもんですが。↓はそのプロモ用だかなんだかの映像。

http://jp.youtube.com/watch?v=i21apUL1yyI

ちなみに私が一番好きなレイバーブロッケン。ヘルダイバー派とよくもめたもんだ。
[PR]
by tsujihatago | 2008-07-31 20:46 | 映画
ドラゴンキングダム見てきたよ!(ネタバレあり)
ぽにょを見に行くと思った人残念でした!
いや、そっちも見たいんだけどさ。この夏ちょっと見たい映画多すぎだって。

そんなわけで見てきましたよドラゴンキングダム!
d0071862_13273877.jpg

http://dragon-kingdom.jp/index2.html

ジャッキー・チェンとジェット・リー!二人の偉大なカンフースターの酔拳が、蟷螂拳が。ついにスクリーンで激突するわけです。これで血が沸き立たないハズがない!

ストーリーが緩い?主人公が空気?そんな事はどうでもいい!
アクション!ただひたすらにアクションあるのみ!
重いテーマも、洗練された世界観も、胸を打つ恋愛ドラマも何も無い。全てはジャッキーとジェット・リー、その二人のためにある映画。
『どっちが主役でも角が立つから第三者が主人公になった』
と言われたら誰もが信じるに違いない(笑

数多く作られたジャッキー・チェンとジェット・リーのアクション映画。それを愛した人達だったら問答無用で楽しむことができるんじゃあなかろうか。



はい、こっからはネタバレ込みの突っ込みとか。







・あ、マチャアキだ。
・地味な主人公だな、ジェイソン少年。
・ジェット・リーよりジャッキーのが猿顔な気が。
・ジャッキーはやっぱり誰かを守りながらのアクションが楽しいな。
・如意棒の振り方を教えてる姿にベスト・キッドの影を見た。
・白髪魔女とジャッキーをラストで戦わせるならジャッキーが矢で撃たれた時に『あの女…今度会ったら俺がやっつけてやる』って一言だけでも言わせるべきだったんじゃないか。
・ゴールデン・スパロウが自分の事を「彼女」って呼ぶ理由には触れないのね。
・ラスボスの死に方って凄くうっかり臭。
・名前のある敵誰も倒してないじゃないか主人公!
[PR]
by tsujihatago | 2008-07-29 13:29 | 映画
攻殻機動隊2.0見てきたよ
そんなわけで同人とか商業とか。ほんのわずかにできた隙間に映画に言ってこようかなと思い立ちまして、場所は攻殻機動隊2.0を見てまいりました。
このタイミングでヒマができるならTRPGの誘い断らなくても良かったじゃーん、とか思ったりもしたけどナ。

所は新宿、新宿ミラノ

大本の攻殻機動隊から2.0の間に役10年の開きがあるわけですが、これに3DCGを組み込む事で果たしてこの映画がどう変ったのか?
ちょっとN◎VA分を補給したかった身としては興味津々だったわけです。

結論としてはですね、別段そんな大きく変って無いです(笑

いや待て、待ってくれ。これは別段バッシングとかそういう事じゃないんだ。最後まで聞いてくれ。

勿論随所に3DCGが使用されるようになって、ウリの画像の面で綺麗になってますし、人形使いの声がこっそり榊原さんになってたりもします。女声だよ女声!
ただ個人的な趣味嗜好を言わせてもらえれば人間の絵は3Dじゃなくて手書きにしてくれてた方が良かったかなー。

んで本題。
変って無いと言ったんですがそこは当然ななんです。ストーリーラインは全く変ってないんですから。
ところがどっこい。見終わった時の感想は昔とは違うんです。
昔よりもインターネットも発達し、科学も着々と進化を続けている。より身近になった攻殻の世界。思い入れというか没入感は昔の比ではないのです。
変ったのは攻殻ではなく私達。

そう。今、時代が攻殻機動隊に追いついたのです。

皆さん「もう何度も見た映画」と言わずにまた劇場へ足を運んでみてはいかがでしょう?

真っ暗な劇場の中、もしかしたらあなたは昔とは別人の自分に出会うかもしれません。


そして見た映画は一本だけでは無いのでまた明日に続きます。
[PR]
by tsujihatago | 2008-07-28 16:54 | 映画
ターミネーター4
d0071862_10355415.jpg


http://movies.yahoo.com/premieres/8841507/

そんなわけでトレーラーが公開されました、ターミネーター4。貼った画像は全く関係ないです。

さてさて以前も言ったようにジョン・コナークリスチャン・ベールな事実を前にして今更ながらにショックを受けているわけなんですが、とりあえずトレーラーから内容の推測とかしてみましょうか。

荒廃した世界に人の頭蓋を踏み潰していく戦車。どうやら3のエンディング以降スカイネットは順調に人類支配に成功し、人類は順調にピンチなようです。
うーん…ストーリーのとっかかりになる部分は残念ながらまだ見えてこないですな。せめて新たなターミネーターの姿くらい…ってなんか出た!でっかいのが出た!…メタルギア?
ターミネーターなのかなあれは。ぶっちゃけスカイネットが大々的に動き出せばターミネーター以上に凶悪な敵なんて幾らでもいそうなんですけれど。

そうそう、今回とうとうシュワッチ!な州知事は出番が無いわけなんですけれど、じゃあ果たして誰がターミネーターを演じる事になるのかという話です。ちょっと人づてに聞いたんでアレなんですけれど、なんかこの人らしいです。

http://www.kickinger.com/

なんかゆったりした服着てるとよくわかんないですけどすげー体してますよこの人。とりあえずメアドとか入力するところはガン無視して頂いて、下のほうのサムネイルで表示されてる動画をクリックしてみてごらんなさい。
「調子こかせてもらうぜ」
って感じで鬼の顔が発生してます。すげぇ、ホントにバキ筋肉してるぜこの人。
最早ガタイに関しては文句をつけようもないので、後はいかにこの顔に険を寄せて威圧感たっぷりの演技を見せてくれるかってところでしょうか?

恐らくはこれまでのターミネーターとは別物になっているであろう新作に期待します。
[PR]
by tsujihatago | 2008-07-24 10:37 | 映画
vs
8月17日(日)東 ハ-41a 辻行灯

今日は寝起きが遅くなったのであんまし原稿が進んでません。そんなわけでさくっと簡単な更新で済ませたいと思います。

今回拾ってきたのはvs物の動画です。ほら、以前載せたロボコップvsターミネーターとかバットマンvsプレデターとかその辺ですー。


ロボコップvsターミネーターの2です、2。っていうか3は何時完成するんじゃーっ!
T4ができたらきっとクラリックvsターミネーターも作られるに違いない。


ネオvsロボコップ。何しにきたー!からの爆発オチは最早ドリフ的定番コントの如し。

ランボーvsコマンドー。スタローンvsシュワちゃん夢の対決!弾の当たらなさときたら二人ともヤンマーニ入ってる。
[PR]
by tsujihatago | 2008-07-07 22:41 | 映画
今度のジョン・コナーは普通じゃない!
d0071862_2025913.jpghttp://eiga.com/buzz/20080526/3
そんなわけで現在撮影中のターミネーター4のお話。
ターミネーターと言えば1作目がサラ、2作目がジョン、3作目がターミネーターと代々主人公を代えてきた作品です。3はジョンじゃねぇの?と言う人も勿論いらっしゃるでしょうが。俺はあの顔のジョンをジョンとは認められません。

んで今回。ターミネーター役よりも何よりも先に主演が決まりました。主役はジョン・コナー。そしてそれを演じるのはなんとクリスチャン・ベールバットマンですよバットマンリベリオンクラリックですよ!

って事は今回ジョン・コナーは既にスカイネットに対するレジスタンスのリーダーになってるって事じゃあ無いですか!?
今回ばかりはよっぽどターミネーター強面にしないとジョンがターミネーターの群れをバッタバッタと無双する映画だと思われちゃうぞ。
とか思ってたらまだ正式決定ではないもののジョシュ・ブローリンが有力との事。え?誰かわかんない?グーニーズでマイキーのアニキ役だった人ですよ!マイキーも指輪物語で随分変わったとは思ってたけど兄貴の方もまた…

とりあえず今はターミネーターの復習でもしながら新作を待つと致しましょう。いやー、楽しみ楽しみw

http://www.nicovideo.jp/watch/sm3828031
[PR]
by tsujihatago | 2008-07-02 20:04 | 映画