ビューティフルデイ読了
そんなわけでようやく読み終えることが出来ました。 『トーキョーN◎VA The Detonation リプレイ ビューティフルデイ あるいはヒュー・スペンサー最後の事件』

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757745540/fc2blog-22/ref=nosim/

d0071862_23211543.jpg
TRPG知らない人に説明すると、リプレイっていうのはTRPGを遊んでる会話ややり取りを台本状にして読み物として特化させた物です。TRPGって遊びがどんな雰囲気なのかというのを掴んでもらうにはこのリプレイってやつを読んでいただくのが一番なのではないでしょうか。

そんで今回読んだのが『トーキョーN◎VA』という15年の歴史を持つゲームでして。
酸性雨の雨が降り注ぐサイバーパンクな都市を舞台に企業の工作員や警官、テロリストにサイバーサイコ、ヤクザにギャングに警官に、探偵、ジャーナリスト、ボディーガード。
ハッカーや魔術師超能力者、企業のトップや特権階級、犯罪組織の頭目まで、多種多様なキャラクターが様々な物語を紡いでいくとかそんな感じの世界でして、TRPGというとファンタジーというイメージがある人にはちょっと意外かもしれません。

そして読んだ結果ですが。

いやー…面白かった!
こう、かっこいいキャラというヤツはハードボイルドだろうと番長物だろうと共通点ってのがありまして、それは「何があってもやるべき事をやり遂げて、やるべきでない事はけしてやらない」っていう、いわゆる『スジを通す』ってトコにあるんだと思います。

このリプレイはそれぞれのキャラクター達がそれぞれのスタイルっていう生き方に対する美意識を貫いてく姿がかっちょよく、そしてその美意識がぶつかるシーンもあるんだけどもそれを物語の中で上手く折り合わせて行ったりもするんです。
もー、ラストの方なんかほろりときちゃいましたよ、私。

ただキャラがかっこいいだけじゃなく、時に対立する立場にある者同士が同席するセッションでのプレイングの参考資料としてもばっちり機能するのではないでしょうか。

これ以上何か語ってネタバレする事になって、ほんの僅かでも新たに読む人の感動を損ねたくないのでこれ以上多くは語りませんが、トーキョーN◎VAが好きな方は勿論のこと。まだN◎VAに触れた事が無いゲーマーの方、ハードボイルドが好きな方、オヤジ萌えな方々、皆にお勧めです。
[PR]
by tsujihatago | 2008-11-19 23:23 | TRPG
<< ひーひー言ってます。 それでいいのかロストワールド >>