攻殻機動隊2.0見てきたよ
そんなわけで同人とか商業とか。ほんのわずかにできた隙間に映画に言ってこようかなと思い立ちまして、場所は攻殻機動隊2.0を見てまいりました。
このタイミングでヒマができるならTRPGの誘い断らなくても良かったじゃーん、とか思ったりもしたけどナ。

所は新宿、新宿ミラノ

大本の攻殻機動隊から2.0の間に役10年の開きがあるわけですが、これに3DCGを組み込む事で果たしてこの映画がどう変ったのか?
ちょっとN◎VA分を補給したかった身としては興味津々だったわけです。

結論としてはですね、別段そんな大きく変って無いです(笑

いや待て、待ってくれ。これは別段バッシングとかそういう事じゃないんだ。最後まで聞いてくれ。

勿論随所に3DCGが使用されるようになって、ウリの画像の面で綺麗になってますし、人形使いの声がこっそり榊原さんになってたりもします。女声だよ女声!
ただ個人的な趣味嗜好を言わせてもらえれば人間の絵は3Dじゃなくて手書きにしてくれてた方が良かったかなー。

んで本題。
変って無いと言ったんですがそこは当然ななんです。ストーリーラインは全く変ってないんですから。
ところがどっこい。見終わった時の感想は昔とは違うんです。
昔よりもインターネットも発達し、科学も着々と進化を続けている。より身近になった攻殻の世界。思い入れというか没入感は昔の比ではないのです。
変ったのは攻殻ではなく私達。

そう。今、時代が攻殻機動隊に追いついたのです。

皆さん「もう何度も見た映画」と言わずにまた劇場へ足を運んでみてはいかがでしょう?

真っ暗な劇場の中、もしかしたらあなたは昔とは別人の自分に出会うかもしれません。


そして見た映画は一本だけでは無いのでまた明日に続きます。
[PR]
by tsujihatago | 2008-07-28 16:54 | 映画
<< ドラゴンキングダム見てきたよ!... ザ・バットマンの新エピソード、... >>