ソードワールド2.0ルールブックⅡで遊んだよ!(ネタバレ注意)
8月17日(日)東 ハ-41a 辻行灯

そんなわけでシナリオ集ルールブックⅡも出たので遊んでみようという事になりました、ソードワールド2.0
メインのストーリーは伏せますが、一部シナリオ集のトラップのネタバレも含んでるのでその辺知りたくない方は御注意を。まあ…トラップと呼ぶレベルかどうかはわかりませんが。

使用するキャラは前回やったドワーフの神官戦士を引き継ぎ…予定だったのですがキャラシを紛失。しゃーないのでその場でプリーストを作成です。
選択した種族はナイトメア。データ的な旨みは少ないですがステータスが高めなので神官戦士をやる上で全くの役立たずになっちまう事は無いハズです。
順にサイコロを振っていくと…全て平均以下の出目。改めて振りなおして出来上がったデータは…前と変わらず平均以下。ある一箇所を除いては。そう、知力だけは6ゾロ振ったのよ。

まあナイトメアなので能力が低いっても能力ボーナスはそこそこ高く、どの能力値ボーナスも2か3。これならいけるという事でプリーストファイターで、技は魔法撃を採用。ヘビーメイスで命中+1。筋力ボーナスは3もらえてるし魔法撃による追加ダメージは5。MPは若干少ないけど…まあいいか。


そんなわけでシナリオ開始。
ダンジョンに潜ってとっとこ進むとその先には大きな滝と断崖が。落ちると即死級のダメージですが、ファンブル振らない限り問題なしという状況です。リルドラケンが先行しつつのんびり構えつつシナリオを進めながら、当日手に入れたばかりの新しいルールブックに目を通してます。やっぱTRPGゲーマーとしては新しいルールはみっちり目を通したくなるもんな!

「…へー、珍しい。落下してる人を受け止めるルールなんてあるんだ」
「水中戦のルールかあ。俺20年TRPGやってるけど一回しか水中用のルール使った時無いよー」

なんて事を言いつつサイコロを振る。結果は…




  ピ  ン  ゾ  ロ 



「ぎゃーっ!?」

早速使ったよ新ルール。
なんだこのフリ。ダチョウか。

…何とかダメージを軽減したところで…ええ、勿論落ちましたとも。滝に。

「おっ…溺れるーっ!?金属鎧が!金属鎧がーっ!?」

「…美味しい目だなあ、ツジ君…」

アレか。ヘルボーイにでも憑りつかれたのか、俺は。どれだけ落っこちれば気が済むんだ。




とりあえずセッション終了後の回想としてはですね、投げ特化のグラスランナーグラップラーが優秀でした!って事。低筋力でも威力が下がらない投げがいい(勿論追加ダメージも低いけど)。相手をコケさせ自分は回避。コケれば相手の命中も下がるんだし、って腹をくくれば全力攻撃でダメージを上乗せなんかもいけるしね。投げれない相手が出たら…まあそれはそんな事態に出くわしたときに。

そしてもう一体の追加種族リルドラケン。グラスランナーもそうだけど新規追加の種族はキャラの選択肢がちょっと狭めだよね。
筋力とHPが非常に高く、代わりに器用さとかがガクンと下がる。
ファイター生まれだった場合器用さがD6+5なので命中へのボーナスは最大でも1。なので筋力を生かすには命中にボーナスがある武器、つまりメイス系か拳系か、あるいは尻尾、ってトコでしょうか。新しく追加されたエンハンサーのキャッツアイとかあれば幾分マシにはなるんだけど前線で活躍するにはそれ以外手が無くなってしまうんでは、という気がしなくもなし。
逆に言えば彼らが参加することを前提にしてパーティーを組めば十分活躍できそうです。コンジャラーやグラップラーの投げによる援護もあれば十分攻撃は当たるし、群を抜いてタフなので「かばう」を有効利用できそうです。

んでエンハンサーなんだけど。これが個人的にかなり好き。1レベルごとに特殊なMP消費技を習得できて、しかもその効果が数ラウンド持続したりもするのでスーパーなんたら人演出したい人にとっても向いていると思います。前衛系でもMPの有効利用が可能になるしね。

やっぱゲームをする上でデータが増えるというのは楽しいもんです。まだ名誉点使える程成長して無いし、乱戦ルールも把握できてないんでこの辺はまあまたそのうちに、って事でー。
[PR]
by tsujihatago | 2008-06-23 22:41 | TRPG
<< 木曜洋画 最近鳥が怖い >>