WACHMENキャンペーン
そんなわけで井上さんWACHMENキャンペーンに参加して参りました。

アメコミモチーフのこのキャンペーンは途中参加が可能にして途中離脱が可能という、なかなか都合が合わない人に向いてる便利な作り。
私は引き続き自キャラのジャッジメント・ジャックで参加。
ロビンジャッジドレッドとを足しているうち気がついたらブラックロッド混ざってたというごく普通の人間キャラ。
キャンペーン通してのPC1、ナイトシーカーに憧れ追い続けていたせいで『ヒーローと人間はどう共存すべきか?』という問いに実は彼なりの答えを見出している。そしてその回答はけして今のヒーロー達の生き方を肯定するものではない。
ドラマの『Angel』の中でドイルがエンジェルに語って聞かせてた方法論が気に入ってるもんで。

そんなわけで今回のシナリオは南極を舞台にカ○○○引退記念話なのですが…いやー、大激戦。雑魚戦をノーダメで切り抜けたので楽勝楽勝とか思ってたら…やべーっ!ボス強ぇーっ!
そしてその戦いの最中、世界観にも今後のシナリオにも大きく関わるヒーロー、ブルズアイが死亡!
更に私のキャラがいざとどめ!というタイミングで何とファンブル!悪夢だ。
そこでボスに手番が回り、その標的はナイトシーカーへ。第二の犠牲者が出るその瞬間、GM井上さんのファンブル!すげえや、このダイスの出目、天下取れるよ。
次のターンでようやくボスの撃墜に成功。危うく参加キャンペーン二連続で全滅という悪夢を見るところでした。

さてブルズアイが死んだ事により次回のシナリオが大きく書き換えられることに。どうなるのか楽しみじゃのう。

ゲームが終わった後食事しつつ色々ゲームの話とか聞かせてもらったりするわけなんですが、千葉の田舎暮らしだと終電が早いせいで早々に切り上げなきゃいけないのが残念至極という感じ。
[PR]
by tsujihatago | 2008-02-25 23:58 | TRPG
<< ファンタジーな光景 ティーンタイタンズ 東京で大ピンチ >>