ロストレクイエム最終話、そして…
そんなわけでエラ様GMの元進めていた、7レベルスタートで1話ごとに5レベルアップするロストレクイエムもいよいよ最終話。


キャンペーンの締めともなるそのセッションでは各人の設定を拾った事によりラスボスが本来のシナリオと変化。各人の背景を拾ってアレンジを入れてモチベーションを高めてくれるエラ様の優しさにきゅんとしつつ、ついにラストバトルに突入です。

今回は27レベルでアインヘリアル化までしたPC達。1日2セッションというスケジュール(時間省略のためレベルアップ無し)で、既にムシュフシュやノーチラスさえ完封してのけるPC一同。
NPCに対して「たかがクエスター如きがアインヘリアルに適うとでも思っていたのか…?」とか神気分に浸りつつ、1本目のボス戦は新く取ったスキルの使い忘れ等もあったものの余裕を残しての勝利。

次のシナリオもこの調子で…とは行かなかったのだ。
ラストバトルは一進一退の超激闘。敵のイニシは50超え。対するPCもインタラプト等でイニシを超越して行動開始。
一撃でダメージ100点超えもざらになり、範囲攻撃で150点のダメージを喰らいつつカバーリングしてタケミカヅチで300点。二回行動スキルや割り込みでの防御判定、振り直しetc…高レベル特有のその戦闘環境により普段よりも遥かに長く感じる1ターン。
エラ様の防御判定4連続クリティカルや、その後の攻撃で5連続5以下の出目がバトルを更に盛り上げる!

そして結果は…PC達の全滅でした。

敵の再生を止める方法にあと少し早く気づいていれば。あそこで攻撃をかわされなければ。あそこで敵の一体でも止めをさせれば。あとほんの一手、ほんの一手及ばなかったというレベルでの超ギリギリの戦闘バランス。
いやあ…負けて悔しいのは悔しいけれど面白かったー。全滅でも楽しかったのなんてどれ位ぶりだろう。いや、全滅って機会もなかなか無かったけど(笑

そしてそんな余韻に浸る中、我らがやにおさんが閃きました。

『6話目をやってみないか』

その構想とは───

また次の機会に(笑)
いや、その話を聞いた時の皆さんの盛り上ぶりと言ったら!その日の夜の内に皆がキャラ構想を始めてた位。こういうアレンジの仕方はした時無かった!と目から鱗だったよー。
[PR]
by tsujihatago | 2008-02-21 23:14 | TRPG
<< うっかりさんⅢ つ・・・疲れた・・・ >>