ハウスルールの話。下ネタ注意。
今日は編集部がバタバタしてて原稿チェックが終わるの遅くなったから入稿は明日にズレ込みました。

んで。原稿の作業で散らかった部屋を片付けている中で古いTRPG関連のメモ書きを見つけたりしたわけなんですがその内容が酷かった。多分何%かの人は似たようなことを考えたりもしただろう。TRPGでエロ戦闘をするにはどうしたらいいか、というような内容(笑

誰だったかに相談されたんだと思うんだけど、『ダイスを使用しつつ、エロ特化されていないルールを流用する』というレギュレーションだったのでN◎VAのダメージチャートの中身を書き換えるとかエンクエを使うとかは除外。んで私がその時選んだのは『ガープス・リング☆ドリーム』でした。

フォールのルール=挿入ルールとかにしてさ、スリーカウント入ると気絶したりすんのよ。ギブアップだったら「もう許してぇ…」ってなるわけだ(笑

それにほら、あれって体中に別個にHPがあるじゃない?アレがちょっとフェティッシュな感じがしていいかなあ、って。『部位のHPがゼロになる=触れられただけでイキそう』ってなるのはエロくていいんじゃないかなぁ。

スキルの法は『空中殺法』とか『打撃』とか『間接』とか、各種プロレス技能を『舌技』とか『指技』とか『全身技』とかに置き換えるのよ。あ、凶器攻撃はそのまま凶器攻撃でw

んで各種の技能に合せてcp支払ってリンドリらしく必殺技を作っていくわけなんだけどさ、舌技で『指舐め』とか『爪先舐め』とかに特化するの面白くない?これだけでギブアップ取ったらそれはそれで面白いし。組んだ状態から相手の技に耐えて切り返すのとか。フェラ攻撃を耐えてイマラチオ、とかな!(最低
何より『必殺心を乗せて足コキ!』とか宣言してる様を想像すると限り無く笑えると思うのよ。

結局その辺のルールをちゃんと作らなかったのは『技の細かいデータ揃えるのがめんどくさい』と『そこまで綿密にエロを描写する必要性のあるセッションが起きない』って事(笑

えー、これを読んで実際にこのエロ戦闘ルールを完成させたいと思った方。頑張ってください。応援します。俺の屍を越えていけ。
[PR]
by tsujihatago | 2008-01-10 20:18 | TRPG
<< footがstick。 お…終わった… >>