レイン・オブ・アサシン見てきたよ!
そんなわけで久しぶりに映画ネタ!
今回はレイン・オブ・アサシンを見て参りました!
d0071862_12494435.jpg

http://www.reignassassins.com/

男達の挽歌シリーズやレッド・クリフなどで知られるジョン・ウー監督の最新作!
お約束的にスローモーションを多用して独特のアクションシーンを撮影し、その絵作りでアクション映画に革命を起こしたと言っても過言ではないでしょう。

その彼が今回挑むのは武侠映画!
d0071862_1250743.jpg

必殺の暗殺剣を操る女剣士が殺し屋組織から逃げだした。
顔も名前も経歴も、磨いた剣も全てを捨てて、市井に紛れてただ生きる。
特別な事など何もなく、恋に落ちた男と結ばれて、貧しいながらも幸せに包まれ生きていく。

ところが抜け忍ならぬ抜け暗殺者を見逃してくれるほど殺し屋ギルドは甘い組織ではないのです。迫る追っ手、徐々に失われる平穏。執拗に迫る秘剣、妖剣を操る殺し屋達に、ついに女は捨てたはずの剣を取る!
薙げば神速、人の骨さえ断ち切りながら、女の髪よりしなやかにその切っ先が変化する、天下無敵の辟水剣!

迫る天輪王の魔の手から、果たして女は掴んだ幸せを守れるか?


そんな感じのお話です。
ストーリー的にはジョン・ウーお得意の『家族物』。恋愛として描くよりも、二人が結ばれて夫婦になってからがメインというのがそういう事なんじゃないかなと思います。
旦那の過去話とかは結構早い段階で気がついてたので特に驚きはなかったんですが、天輪王のモチベーションは想像してませんでした。いや、予測できないだろアレは!
d0071862_12502792.jpg

アクションシーンはワイヤーアクションバリバリのスローモーションどんどん入ってくるジョン・ウーアクション。マトリクスより一個前のアクションな感じでしょうか。武侠映画が好きだった人は安心して見れるんじゃないかなあ。


[PR]
by tsujihatago | 2011-09-25 12:51 | 映画
<< グリーンランタン見たよ モノトーンミュージアムプレイしたよ! >>