ソードワールド2.0やってきたよ!
結局先月の話になってしまって大変なんなんですが、今回はソードワールド2.0をやりましたよー、というお話です。

面子は前回に引き続きGM安達洋介、プレイヤーはしのとうこさん、みかきみかこさん、自分と来て、今回初めて遊ぶ諸星崇さんと中島鯛さん。
諸星さんはソードワールド2.0リプレイの「拳と魔封の物語」で、中島鯛さんは「新米女神の勇者たち」でお馴染みですね。

各人のキャラクターは以下の感じ。

リュウ リルドラケン♂20歳 グラップラー2 エンハンサー1(PL自分)
高貴な生まれのぼっちゃんキャラ。困ってる人を見ると放っておけない系のアタッカーで、パーティーのリーダーだったりもします。売りはHPの割りに高い回避と三回攻撃。

カレン・ダール ♂17歳 プリースト2 フェアリーテイマー1(PLみかきさん)
貴族の生まれで性別を隠して育てられた我侭男の娘。能力値を振れば振るほど弱体化が進み、最終的にキャラが完成してみればピンゾロ二回という病弱キャラに。前に出て戦えるようになるのを夢見るコに。

ポチ ♂5歳スカウト コンジャラー2 セージ(中島さん)
元々魔族の執事を勤めていたが邪教の生贄に捧げられそうになっていたカレンを助け出した忠義のコボルト。味方の強化や回復、敵の弱体化に鍵開けなどなど多彩にこなす縁の下の力持ち。

アリー 16歳♀ シューター3 エンハンサー(諸星さん)
カレンの婚約者。男だって聞いてたのに女じゃないですかヤダー!と切ない立ち位置のドワーフ少女。高い命中とタフさを併せ持ったスリング使いという珍しいタイプのキャラ。

チリ・タバス・ペッパー ♀18歳 バード レンジャー その他複数(しのさん)
流石のネーミングセンス。派手な失恋を経験してやさぐれっぱなしの大人の女…の空気を見に纏ったロリキャラ。いや、グラスランナー。多数の技能の習得により幅広く活躍する便利キャラ。

こんな面子でスタートです。
初めて遊ぶ人がいる時特有の期待感はまさに嫁ぐ前の花嫁の如き心持だったのですがこの時私はすっかり忘れていました。


このシナリオは前回のアリアンロッド同様

安  達  く  ん  の  自  作  な  の  で  す 


依頼を受けてとある村へ向かう中、PC達はモンスターに襲われている少年の姿を発見します。冒険者としては助けないわけにはいかないでしょう。
セッション開始直後のウォーミングアップ。ただの肩慣らし。そう考えていた時期が自分にもありました…

強い。

ひたすら強い。

こちらの攻撃が当たらず相手の攻撃は避けられない。前衛がグラップラーであるため一発当たるとごっそり削られあっという間にHPは1桁に。

更になんとか助けだしたところで少年が体調が悪そうにしているため全員が(目が無い人はピンゾロによる経験値を期待して)診察開始。診察した人間に病気感染の判定発生。頭脳派の人達は軒並み生命抵抗が低くコロリコロリと感染してしまいます。
更にGMの「進行度1・・・っと」となにやら累積するらしい事を告げる一言!恐るべし安達洋介!KILLする気満々だな安達洋介!

こうして我々は少年がいる村を襲った謎の病をCUREしない事には天に召されてしまうと事件解決に乗り出します。

さてなんだかんだで病気の原因がダンジョン内にある事を突き止めた我々は不安交じりに探索開始。どれ位不安だったかというと、前払いで支払ってもらった報酬の全てを回復アイテムへと変えていた位。どんだけチキンなのかと皆さん思う事でしょう。


しかし。


こ  の  判  断  は  正  し  か  っ  た  。

湯水のように消費される救命草、枯れ果てていく魔香草。飛び交う回復魔法、総じて低い出目、各人のファンブル回数総計実に15回!

エラ呼吸「なんで期待値で避けれる攻撃を食らうんですか!」俺「期待値で避けれるって事は期待値で当たるって事だこん畜生!」

ボスに至る前の戦闘でHP30越えで回避6の前衛が生死判定に追い込まれ各人肝を冷やすことひとしきり。

幾多の戦いを乗り越えついに探検隊は地価の奥深く眠る邪神の神殿を発見したのだ!(川口風)

安達「こいつはLv5モンスターで6部位です」

全員青ざめるも今更後には引けません。さあ戦いだ!

勢い込んで我々サイバトロン戦士がアタックするとGMがこんな事を言いました。

「この敵の攻撃を食らう度に生命で抵抗してください。判定に失敗すると病気が進行して食らうダメージが5点増えます。そしてこの効果は累積します。皆さん全員射程内です」

たまらないのが魔法使い達!彼らの低い生命抵抗では食らう度に進行度の上昇確定。更にHPも低いのではこの攻撃はたまりません。

最早回復アイテムは残されておらず、回復魔法も怒涛の三連続ファンブル!

戦いを終えてかろうじて村へ辿り着いたとき、最早キャラロールもできない程にボロボロになったPC達の姿がそこにはあったのでございます…

おかしい…俺は安達くんに渋い顔で「えー?ツジさんそのキャラ強すぎませんか?キャラシちょっと見せてくださいよ、えー…?」って言わせるつもりで割り振り作成していったのになあ…

くそっ!次は!次こそはこの男に「えー?ツジさんそのキャラ強すぎませんか?キャラシちょっと見せてくださいよ、えー…?」って顔させてやる~!
[PR]
by tsujihatago | 2011-04-03 20:09 | TRPG
<< さくらんどに行ったよ! 比較的最近やったアリアンロッド >>