レポートしないJGCレポ~三日目~
えー、そんなわけでいよいよJGCも三日目です。
前回、前々回よりはレポしてます。

一日目、二日目で体力を派手に消費したりしてるとこの三日目で気が緩んでバタンキューしかねないので来年以降も参加しようという皆さんは体調管理をしっかりなさってください。

前日もトークショーの最後まで残って会場の片付けとかやってたんでちゃんとスケジュール的に眠れるようにしてもらえてたんですが、同室の安達くんは朝一でGMに出撃です。
てなわけで彼の目覚ましで一度起きて少年激覇ダンの最終回を眺めつつ、物販で手が足りなくなるかもという話も聞いていたので安達君を見送りつつお風呂に入って目を覚まします。
軽く食事を取りつつ日朝タイムからDBZ改等を見てから物販へ。これでも本来の予定時間より数時間早く動いております。

物販に到着次第先に入っていた石田さんと林くんにご挨拶。

「おはようございますー。いやー、今日のオー…」
『まだ見てないからオーズの話はするなァッ!』

ええ、スケジュールの問題で見られた人はごく僅か。もう話したくて話したくてウズウズしっぱなしでしたとも。
最終日にはこじまめさんの生写真付きCD手売り会が突発的に行われたりで大盛況。更にトークショーと最後まで面白かったです。

さて一通りのイベントを終えた後に打ち上げ。
私はその辺りで体力を使い果たしていたので最早千葉まで帰り着く気力が無く、都心に住んでる友人宅に泊めてもらいました。

前もってそうなることは想定していたので着替えも持ってましたからそのまま翌日の打ち上げその2へ参加。JGC中の色んなお話を伺ったりして大変楽しい時間でした。
さて終電も近いので下手に飲んでまた足元がおぼつかなくなる前に帰らねば、と泣く泣く他の皆さんに別れを告げた帰り道。

起きましたね、今回最後のトラブルが。

それはその飲み屋から買えるためのエレベーターでの出来事でした。背後から聞こえる
「ねえちょっと、あなた大丈夫?」
の声。

見ると4~5人のご年配のご婦人方がおりまして、そのうちのお一人が顔色悪くフラフラしてらっしゃるじゃないですか。

酔いが回ったのか貧血なのか。問いかける間もなく倒れるのを皆で一斉に支えます。とにかく早く下ろしてあげたいと他の方に言われたところで丁度よくエレベーターは一階へ。流石にお酒を飲んだお年を召した女性達では介抱もままならないので私が倒れた方を担いで外へ。

とりあえず座らせてあげたいとの事だったので彼女を階段に座らせてあげつつ声をかけ、他の方が一階のお店に助けを求めに。冷たい水とかもらえるだけでも随分違いますしね。

んでもって声をかけるうちに意識は戻り、念のため救急車を呼ぶべきか話していると、そこで他の方がもう大丈夫だから行ってくださいと気を使ってくださいました。
確かに時間は差し迫っているのですが流石にそんな状態で置いていくのも、と話したのですが逆にこれ以上は心苦しいから、とおっしゃられるので無理強いもどうかなと判断。
くれぐれもお大事にと伝えてから帰路につき、私のJGCは終了───

と思ったらまだ終わらない。駐輪場に置いておいた自転車から空気が抜かれているじゃないですか。
人助けで終わればもうちょっと締まったのになあー、とか思いながら改めて帰途へ。12時過ぎの真夜中を、一人大荷物を抱えてとぼとぼと徒歩で自宅へ向かうのでありました。
[PR]
by tsujihatago | 2010-09-09 21:24 | TRPG
<< あややとか描いてみた(エロ注意) レポートしないJGCレポ~二日目~ >>