アリアンロッドやりました。
そんなわけで先日タイトル通りにセッションやって参りました。
今回はアリアン初体験の人もいたので1レベルでスタート、データに凝りたい人もいるので一日で前後編の2セッションにして、前半終わった段階でのレベルアップを二回分、という形式です。

ギルドメンバーはこんな感じ。

リン・フォール(ウォーリア/ダンサー、ヒューリン15才♀)
ドゥアンとのハーフブラッドで背中に孔雀の羽が生えている。なんとなく派手な尾羽のベリーダンサーみたいなイメージで見てました、すみません。パーティで最年少でありながら最前線に立ってくれる頼れるファイターです。

エイト・ウープス(シーフ/ガンスリンガー、フィルボル16才♂)
男解除を得意とする性別ショタだったり猿だったり。そのためつけられた渾名がエイプ。恐らくパーティの中で最も人情からは遠い生き物。前線で劣りに足止めに体を張って活躍します。

ブリンガー(メイジ/アルケミスト、エルダナーン33才♀)
ギルドのリーダーを務めるエルダナーンとしてはまだ若輩の33歳。幾つもの修羅場を潜ったのでしょう、眼帯姿がチャームポイント。アースブレットによるステータス異常で敵の移動を妨げたりマイナースキルを封じたりしてくれます。

エリンデル(アコライト/サモナー、ヒューリン16才♀)
妖魔の血を引いて生まれた拾われ子。彼女を育てた父は妄執に取り付かれ、幼い彼女が大陸を制しその王になるのだと信じ教育を続け、少女に大陸の名をつけました。初めてのアリアンでその設定ですか。プロテクにヒールにヘイストに、多岐に渡ってパーティの戦力を底上げしてくれています。

ソルフレア(メイジ/セージ、エルダナーン見た目14才♀)
myキャラ。始祖の紋章を取ったので「この世の始まりより存在する最初のエルダナーン」とかヒドイ設定をくっつけました。なのにレベル1なのかよ、って事に関しては本来の魔力を全て使って死という運命を自ら遠ざけているという事に。マジブラとコンセントレイション、残りはただひたすらファイアボルトの威力を上げる事にのみ費やしたバ火力キャラです。

そんな5人の冒険者達の駆け出しギルド。その名もストーム・ブリンガー!

…誰だ、こういうノリのネーミングを流行らせたのは(笑

シナリオはGMさんの自作で、パリス同盟内にある機械の街カナンが舞台。仮初の同盟評議会議長であるミューズを落とし入れ、それを機に台頭しようと人知れず張り巡らされる策謀をPC達が暴く、というような感じ。
少女と触れ合ったり裏切りに会ったり、それぞれが手分けをして街中を駆け回りながら起きるイベントを楽しませて頂きました。


開始前に「人数的に余裕ありますからあんまり強くないキャラでも大丈夫ですよ」というGMの発言を耳にするも私の脳は「ピーキーに特化したキャラでも生き残れますよ」という内容で認識。
特に後半のシナリオ終了後、GMが搾り出すように漏らした「なんでこんな火力あるんですか…」という言葉が忘れられません。


久しぶりのセッションでしたがいやー、楽しい時間でございました。やっぱりもっとゲームしたいなあ。
[PR]
by tsujihatago | 2010-03-04 23:38 | TRPG
<< パムッカレに行ってきました 仮面ライダーW見たよ(24話目) >>